礼服・女性の装いの基本。いざという時役立つ3つの豆知識

礼服・女性の装いの基本。いざという時役立つ3つの豆知識

礼服は女性の正装とも呼ばれ、結婚式やお葬式などの改まった場所に女性が着ていくものとされています。女性の礼服といって想像するのは「喪服」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし入園式や卒業式などに用いる「セレモニースーツ」、結婚式やパーティーに用いる「イブニングドレス」と女性の礼服には3種類があるんです。

また女性用の礼服は、デザインも多様にありますよね。礼服は普通の女性用のスーツより少し割高なので、つい躊躇してしまいがちなのですが、やはり「礼服は一生もの」と昔から言われるように素材もしっかり作られているので、一着は最低でも持っていたいものです。

基本的には場所と目的に沿って落ち着いたシンプルな礼服が望ましいのですが、幅広い層の女性が礼服を選べるようにデザインも工夫されています。しかし、どのように礼服を着こなせば良いのでしょうか。いざという時の豆知識をお伝えします。



 

礼服・女性の装いの基本。
いざという時役立つ3つの豆知識

 

女性の礼服でも最も長年着る礼服「喪服」は肌の露出は控えめに


女性の礼服の中でも生涯を通して一番着る機会があるかもしれない喪服は、肌の露出が少ないものを選びましょう。特に女性の喪服として着る礼服は、着る立場によっては参加する側であれば略式喪服とよばれる礼服でも大丈夫とされています。紺やグレーなどの黒に近い色のスーツで参列しても問題はありません。

親族の場合は黒の礼服になりますので気をつけましょう。女性の喪服用の礼服はパンツスタイルもありますが、膝丈のスカートが望ましいとされています。光沢感や柄物は避け、シンプルなデザインを選びましょう。ストッキングや小物も黒で統一します。ネックレスやイヤリングも真珠以外は控えましょう。

礼服にどんな髪型にしたら良いのか悩むのが女性の心理ですが、華やかな場ではないので、目立たないように清潔感のある髪型とナチュラルメイクで着飾らないようにしましょう。マニキュアも透明か目立たないものにします。故人を偲ぶ気持ちを忘れずに女性らしい礼服を着こなしましょう。

 

結婚式やパーティーに女性の華やかに魅せる礼服「イブニングドレス」は肩を露出したものを


女性の礼服として「イブニングドレス」も忘れてはいけません。結婚式にお呼ばれしたときやパーティーなどに着ていく女性の礼服です。こちらは喪服と違い、女性としての華やかさを強調する礼服になりますので、袖のないドレスが望ましいでしょう。ショールやボレロなどで肩を覆って女性らしさを演出するのもおすすめですね。

華やかな礼服といっても勘違いしてしまうと派手すぎてだらしがないものになってしまいます。清楚で華やかな女性らしい礼服のことを指しますのでご注意ください。バッグは小さいものを用意しましょう。キレイめなパーティー用の手持ちバッグなら失敗しません。結婚式の場合は白や白に近い色は厳禁ですので気をつけてください。

女性の礼服姿は足元までしっかりとチェックされています。サンダルやミュールで出席することのないように注意しましょう。髪型も礼服に似合った華やかなアレンジを楽しみましょう。気合いを入れすぎて盛りすぎヘアにならないように意識してくださいね。

 

入学、卒業にかかせない女性の礼服「セレモニースーツ」は控えめなおしゃれを


子供の入学式や卒業式に着ていく礼服も女性の基本のスーツになりますよね。しかし主役ではないので、派手に装ってはNGです。礼服なので肌の露出もあまりないものが良いでしょう。袖も短くても七分丈くらいがおすすめです。ワンピース型の礼服にコサージュをさりげなく飾りましょう。

やわらかい色のコサージュを選ぶといいかもしれません。アクセサリーも真珠がおすすめです。バッグも小さいものがやはり見栄えも良いでしょう。足元も中くらいか低めのパンプスが後姿もキレイに映えます。着飾りすぎないことを心掛けて、エレガントな女性らしい礼服を着こなしてください。

記念に残る行事ですからつい礼服にも力がはいってしまいがちですが、髪型もあまり目立ったスタイルにしてしまいますと、式典どころではなくなってしまい周りの冷たい視線が集中攻撃されてしまいますので気をつけましょう。礼服のデザインも流行りがありますので、長年同じ礼服ですと難しいかもしれません。流行りに流されないような落ち着いた女性らしい礼服を選べば長く着ることができるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

礼服は突然着る機会が訪れたりするものなので、いざという時のための女性の装いですので特にシワなどつけないように収納しておきましょう。バッグも小ぶりで黒いものがあれば様々なシーンで活躍できます。女性の礼服は落ち着きのある清楚なデザインを選びましょう。年齢を重ねても似合うような礼服が一着あれば買い替えなくても安心です。

礼服以外にも女性にかかせない真珠のネックレスや靴も忘れずに。女性の礼服の持ち物もいざというときにすぐ準備できるようにひとつにまとめておくと便利です。頻繁に着る機会があるものではないので、クローゼットに入れておくだけでなく時々風通しをしておくとシワ防止にもなりますよ。女性らしい礼服でその場の雰囲気を壊さないよう心掛けておきましょう。

 

まとめ

女性の基本!礼服の役立つ3つの種類と着こなし方

・女性の礼服で最も多く着る「喪服」。肌の露出は控えて深い黒の膝丈スカートを選びましょう。黒のストッキングとヒールの低めのパンプスで。目立たないことが基本です
・結婚式やパーティーで女性が着るドレスも礼服です。派手なものではなく、上品な華やかさが基本です
・入学式などに着る女性の礼服セレモニースーツも基本は控えめ。肌の露出も控えてコサージュをつけ演出します