男性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー

男性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー
結婚式の二次会の服装は、男性の場合は「いつものスーツでもいいか……」と軽く考えてしまいがちになりますよね。でも、一見普通のスーツスタイルでも、結婚式の二次会の服装としてふさわしいもの、ふさわしくないものの違いがあるのです

例えばスーツの素材や色、ネクタイ、シャツ、靴などが違えば、結婚式の二次会向けの服装のはずが、「サラリーマンの仕事着」にしか見えなくなってしまうこともあります。これでは、せっかく招待してくれた新郎新婦の気持ちにケチがついてしまうことになりかねません。

そこで今回は、おしゃれに詳しくない男性でも恥ずかしくないコーディネートができるようになる、結婚式の二次会の服装マナーについてお伝えします

[ →続きを読む… ]

結婚式の服装☆親族が押さえる7つのポイントをチェック

結婚式の服装☆親族が押さえる7つのポイントをチェック

結婚式の服装親族なら、特に意識したいマナーが多々あります。友人や知人として参列する場合は会場を華やかにするスタイルで充分に大丈夫ですが、結婚式の服装を親族が選ぶ場合には、ゲストを招く立場としての心遣いも加味しなければなりません。

結婚式の服装は親族のなかでも、兄弟姉妹までの家族が最もマナーが変わります。いとこの結婚式の服装は、親族ではありますがゲストに近いスタイルやマナーが多い傾向にあります。ではどのような結婚式の服装が親族に良いのでしょうか?

そこで今回は結婚式の服装を親族が準備する時に、事前に知っておきたい基本的なマナーを中心にお伝えします。服装マナーの中には全般的なものもありますが、親族なら特に意識したいものをお伝えしていますので、準備前にぜひ参考にされてください。

[ →続きを読む… ]

通夜の服装マナーは大丈夫?参列時の7つの礼儀

通夜の服装マナーは大丈夫?参列時の7つの礼儀

通夜突然の訃報で駆けつけることも多いです。日頃からしっかりと通夜や葬儀のマナーを把握して、故人や遺族に礼儀を尽くして参列したいものです。

突然駆けつける通夜では、参列者は必ずしもブラックフォーマル(喪服)ではありません。現代では通夜か告別式の、どちらかのみに参列する人々が増え、通夜でもブラックフォーマルで訪れる人が多いですが、実は本来は「平服」がマナーです。

これは突然の通夜でしっかりと喪服で参列すると、事前にその訃報を知っていたかのような不自然さがあるため、と言われています。とは言え、派手すぎる服装などはもちろんタブーで、「平服」でもキチンとした服装マナーがあります。

今回は通夜と告別式の服装の違いの他、現代の人々が間違えやすい、お葬式へ参列する時の7つの基本マナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

結婚式の服装☆親族が心得ておきたい7つの基礎知識

結婚式の服装☆親族が心得ておきたい7つの基礎知識

結婚式の服装は親族の場合には、ゲストとは違うマナーが多々あります。新しい家族が増える喜びはあるものの、迷ってしまうのが結婚式の服装。親族はフォーマルとは分かっているものの、どのようなものを選べば良いのか、不安や疑問を持つ人々は多いです。

親族が結婚式に参列する時、それは招待されているのではなく、ゲストをおもてなしする立場となります。そのことを念頭に入れた身なりで出席することになります。ゲストとして参列している時のように、女性でも華やかさではなく「礼装」を意識した服選びがポイントです。

そこで本記事では、結婚式の服装を、親族の視点からマナーを解説していきます。親族の結婚式での服装に迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。兄弟姉妹が多い人などは、結婚式の服装を親族用に、制服の感覚で一式用意しても、賢いかもしれません。

[ →続きを読む… ]

礼服女性マナー集☆常日頃から準備したい小物と選び方

礼服女性マナー集☆常日頃から準備したい小物と選び方

礼服は女性の場合、見落としがちなマナーが多くあります。ちなみに礼服とは、正礼装にあたり、一番格の高い服装のことを指します。具体的には男性ならタキシード、礼服を女性が着るなら、カクテルドレスやイブニングドレスがこれにあたります。

結婚式などのおめでたい場では「平服で」と指定がない限り、礼服で参加しなければなりません。ちなみに「平服」とは、略式の礼服のことを指しています。男性ならスーツ、女性ならワンピースなどを着用しましょう。

つまり礼服は正装ですので、冠婚葬祭どの場面でも着ることが出来る服装です。ですが、礼服は女性にとって難しいもの。男性はお葬式ならブラックスーツ、お祝い事にはタキシードなど、ある程度決まっているのですが、女性はそうもいきません

結婚式に全身黒の礼服を女性が着ると、葬儀を連想させることからタブーとされています。一方で結婚式で好まれる光沢のある素材の礼服を女性が着ると、もちろん葬儀では派手すぎてマナー違反にあたります。そのため、TPOに合わせた礼服を女性が選ぶことは、とても大切です。

大人のたしなみとして事前に礼服の準備はしておきたいところです。ですが、相手との関係によっても、ふさわしい礼服は女性の場合は変わってきます。このように、難しいのが礼服の女性のスタイルなのです。

そこで今回は、常日頃から準備しておきたい礼服に合わせる小物についてお伝えします。どれも流行に左右されないものばかりですので、是非参考になさってください。

[ →続きを読む… ]