結婚式のお呼ばれゲストが履くパンプスのマナーとは

結婚式のお呼ばれゲストが履くパンプスのマナーとは
大切な人の結婚式が近づいてくると、どんなドレスを着てどんなパンプスを履いていこうかなとワクワクするものですよね。けれど、いざ結婚式に行ってみたら、実はマナー違反だった、なんてことがあったら悲しいもの。

結婚式へ履いていくパンプスにも守るべきルールがあります。今は昔ほど厳しくはないという部分もありますが、やはり結婚式という素敵な場へ行くのですから、守るべきことは守って気持ちよく大切な人の新たな門出に立ち会いたいものです。

パンプスと一言で言っても、いろいろなパンプスがあり、素材やヒールの高さ、細さ、そして色など、いろいろと気になるものあります。結婚式ではどんなパンプスを選べばよいのか、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで、今回は結婚式へ履いていくパンプスの選び方についてお伝えします。



 

結婚式のお呼ばれゲストが履く
パンプスのマナーとは

 

結婚式へ履いていくパンプスの基本スタイル


結婚式へ履いていくパンプスの基本として、まずはつま先が出ていないタイプを選びましょう。サンダルやミュールなどはカジュアルすぎるので、フォーマルな場である結婚式に履いていくには相応しくありません。また、必要以上の露出も好まれない場ということもあります。華やかな結婚式だからと言ってサンダルやミュールは選ばないようにしましょう。

そして、パンプスのヒールにも気を遣う必要がありますヒールは3㎝以上が理想的です。足を痛めていたり、妊娠しているときなどの例外はありますが、ローヒールのパンプスはサンダルなどと同様にカジュアルすぎるという理由から結婚式には向いていません。また、細いヒールのパンプスを選ぶようにすると良いでしょう。

結婚式へ履いていくパンプスは、つま先が出ないタイプで細いヒールで3㎝以上のもの、とまずは覚えておきましょう。

 

パンプスの素材に注意


結婚式など、冠婚葬祭では殺生を彷彿とさせる革製品などの動物素材や動物をイメージした模様は相応しくないとされています。なので、革のパンプスは結婚式には履いてはいけません

ですが、革を使っていても、樹脂でコーティングしているエナメル素材のパンプスは結婚式でも履いていくことができます。あの艶が結婚式にもふさわしいですし、エナメルでしたらバリエーションも豊富にあるので、素材で迷ったらエナメルのものを選んでみましょう。

他にも、シルクやレース、スエード素材のパンプスでしたら大丈夫です。

 

パンプスの色にも注意


結婚式だからパンプスの色もドレスにあわせて華やかにしたいものですが、いくつか気を付けるべき点があります。

結婚式に二色使いのバイカラーのパンプスを選んではいけません。なぜなら、二色使いは別れを連想させるため、結婚式には相応しくないとされています。パンプスを選ぶときは、一色のものを選ぶようにしましょう。

着ていくドレスの色によっては、どうしても黒のパンプスの方が良いなぁ、というときもあるでしょう。黒というと、結婚式に履いていってよいのか迷う人もいるかもしれませんが、黒いパンプスで結婚式へ参加しても問題ありません

どの色が良いのか迷うなという人は、華やかな場にぴったりのゴールドやシルバーなどのパンプスも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。華やかな色のパンプスは、結婚式も足元にもアクセントを加えてくれますよ。

 

パンプスだけじゃなくストッキングにも気を付ける


ここまで、結婚式に履いていくパンプスの基本スタイルや素材、色についてお伝えしてきましたが、ここではパンプスとあわせて使用するストッキングについてお伝えします。

パンプスを履くときは、ストッキングを着用しましょう。結婚式へ行くから華やかで良いよね、と網タイツや派手な模様の入ったストッキングを選びたくなってしまうでしょうが、ここではぐっとこらえて肌色のストッキングを選んでくださいラメ入りのものでもOKですので、少し華やかなものが良いという人はラメ入りのものを選んでみてはどうでしょうか。

肌色のストッキングは足を綺麗に見せてくれますし、悪いことばかりではありません。あまりストッキングは好きじゃないという人もいらっしゃるでしょうが、マナーとしてストッキングは着用するようにしてください。

 

いかがでしたか。結婚式へ履いていくパンプスにもいくつか守ることがありますが、そんなに難しくはないので、着ていく衣装にぴったりの素敵なパンプスが選べるのではないでしょうか。パールやビジュー、リボンがついているパンプスも選ぶことができるので、結婚式に最適なパンプスがきっとありますよ。

そして、結婚式という新たな門出の場なので、バイカラーや動物素材など、別れや殺生を連想させる素材や色などのパンプスは選ばないようにしましょう。気にしない人は気にしないかもしれませんが、新郎新婦のご両親や親戚などにとっては大変失礼な行為にあたります。ストッキングの色とあわせて会場の空気を悪くしないように気を付けましょう。

大切な人の結婚式は、やはり失礼のない衣装で参加したいものです。是非、様々な素材や色のパンプスの中から、衣装にぴったりの素敵なパンプスを見つけて、新郎新婦の新たな門出をお祝いしましょう。

まとめ

結婚式へ履いていくパンプスを選ぶときは

・サンダルやミュールなど露出が多いものは避ける
・素材に気を付け、革の物は選ばない。エナメルは大丈夫
・ヒョウ柄などの動物の毛皮をイメージしたものはNG
・バイカラーなど、多色使いは別れを連想させるから選ばない
・ストッキングは肌色で。ラメはOK!