結婚式の服装チェック☆ストール使いで魅せる5つのコツ

結婚式の服装チェック☆ストール使いで魅せる5つのコツ
結婚式のストールを選ぶとき、ドレスに合わせるとなると、どのようなものを選んでよいのか悩みますよね。白のストールはよいのかしら?寒いからファーはよいのかな?と、困っている方も多いのではないでしょうか。ストールには、素材や、色もたくさんあります

結婚式のストールを選ぶには、コーディネートのワンポイントとして、白のストールを着用しても大丈夫です。ドレスもストールも白となると、新婦さんと同じになるので、タブーです。結婚式の新婦さんを栄えさせるためにも、白一色は避けましょう。そんな結婚式のストールを、おしゃれに着こなせる方法はあるのでしょうか。お祝いの席ですから、小物使いで華やかさをアップさせましょう。

そこで今回は、結婚式でおしゃれに魅せるストールの、選び方や結び方についてお伝えします。

 

結婚式の服装チェック☆
ストール使いで魅せる5つのコツ

 

ストールの素材で光るものはタブー

結婚式でストールを選ぶときは、派手に光っているもの、ファー素材のものは避けましょうファー素材のものは、殺生のイメージがありますので、結婚式には相応しくはありません

結婚式でストールを選ぶときの素材は、シフォンやオーガンジー、レース、シルク、ベロアなどがおすすめです。シルクは光沢が出ますが、シルク程度なら大丈夫でしょう。オーガンジー素材は、薄手の生地を平織りに加工を施し、程よい張り感があり、ドレスによく合いますので好まれています。

 

ストールの色で選ぶ場合

結婚式のストールを選ぶとき、色で選ぶ場合は、3色で選ぶとよいでしょう。3色の全体の割合は、主とする色が約7割、組み合わせる色が約2割、アクセサリーやバッグに合わせる色などアクセントを付ける色が1割というのが目安です。結婚式では、ドレスが7割、ストールやバッグ、ヒールが2割、アクセサリーが1割となります。たくさんの色を組み合わせると、落ち着きがなくなりますので気をつけましょう。

黒、紺、緑などの色が濃い目のドレスなら、ゴールドやシルバーのストールでゴージャス感が出ます。透けて見える素材でも、パッと華やかに見えるでしょう。逆に淡い色のドレスに合う、結婚式のストールを選ぶなら黒を選んでみては。髪をアップして黒のストールが全体を落ち着いた雰囲気にしてくれます。

 

季節で選ぶとき、春夏の場合

結婚式のストールを選ぶとき、春夏の季節で選ぶストールは、白のレース素材のストールはいかがでしょう。すがすがしい白と、レースの透け感が、初夏の涼しげな雰囲気を出してくれます。春らしいピンク色のドレスには、パステルカラーのストールが相性ピッタリです。緑や青色のストールが、さわやかさを印象付けてくれます。

 

季節で選ぶとき、秋冬の場合

結婚式のストールを秋冬の季節で選ぶ場合、思い切って赤色のドレスに黒のベロア素材のストールなんていうのもおすすめです。クリスマスカラーで、温かみが出ます。冬は寒いので、少し厚手のストールがよいでしょう。淡い色のドレスを選んだ時、白い生地に紫の花柄のプリントがあるものも、華やかさもアップします。

冬は寒いので、大き目の大判のストールでもよいでしょう。挙式中ではコートは着用できませんので、寒さ対策は、しっかりしておくことです。

 

ストールを魅せる結び方

結婚式でストールを着用する時に、結び方のアレンジがあると便利でしょう。また違った雰囲気になります。

基本は、ストールを羽織って前で結ぶ、前結びです。ボレロ風に結ぶやり方は、ストールを羽織ったまま、ストールの裾を背中側にもって行きます。背中側の垂らしたストールの内側で結びます。内側で結ぶことで、結び目が隠れておしゃれに見えます。後ろ結びのやり方は、背中側から両裾を、腕を巻くように後ろにかけます。後ろにたれた両端を結ぶと、完成です。

シュシュやストール止めなど小物を使うとおしゃれになります。ストールの真ん中までシュシュの穴に通します。そのまま、前結びでも、後ろ結びでもおしゃれにできあがります。結び目を斜めにして、コサージュをつけると、ゴージャスになります。簡単ですので、お試しください。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式のストールを選ぶとき、主の色に合わせて選ぶとよいでしょう。素材選びも大事です。ストールの素材で、ゴージャス感や、シックな感じも漂わせてくれます。昼には不向きのラメやスパンコールが付いた、きらびやかなストールは、夜の披露宴や二次会などに着用しましょう。結婚式のストールの結び方にも、いろいろありました。前結びで、リボンのように結ぶと、また違った印象になります

結婚式のストールは、肌の露出を押さえるために、かかせないアイテムです。羽織るだけでもよいですが、少しアレンジをすることで、より華やかさがでますし、食事をする際に、肩からずり落ちてくるのを防ぐこともできます。結婚式のストールでアレンジを加えて、一段とおしゃれに着こなし、新郎新婦の新しい門出を、お祝いしましょう。

まとめ

結婚式の服装でストールを上手く着こなすには

・ストールの素材で光るものやファー素材は避け、シルクやベロアなどを選ぶ。
・ストールの色で選ぶ場合は、なるべく3色にまとめる。
・季節で選ぶとき、春夏の場合は、白を選びさわやかさを出す。
・季節で選ぶとき、秋冬の場合は、赤色で温かみを出す。
・ストールを魅せる結び方は、前結び、後ろ結び、小物使いでおしゃれに着こなす。


連記事