女性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー

女性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー
結婚式の二次会の服装は、挙式や披露宴よりもかしこまらなくても良いというのが常識ですが、どの程度まで許されるの?という疑問もありますよね。あまりにカジュアルすぎてはマナー違反になってしまうし、二次会からの参加なのに、振袖や訪問着でバッチリ決めて行っては周囲から浮いてしまう恐れがあります。

この、「結婚式の二次会」における服装は、実はとっても曲者で、選択肢が広いからこそ頭を悩ませる部分もあるのです。男性ならばスーツと靴、小物類の組み合わせさえ押さえておけばマナー違反になることは少ないですが、女性の場合はファッションの幅が広いからこそ迷ってしまいますよね。

でも、結婚式の二次会は、服装をきちんと押さえれば、新郎新婦にはもちろん、他の参加者にも好印象を与えるポイントになります。そこで今回は、結婚式の二次会の服装マナーについてお伝えします。



 

女性必見!
結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー

 

二次会からの参加なら、ワンピース以外もOK


挙式や披露宴の場においては、ツーピースの服は「別れ」を連想するためNGですが、二次会から参加する場合の服装は、ワンピースはもちろんのこと、華やかなデザインのスーツや、ブラウス+スカートといったスタイルでも許されます。また、ワンピースのデザインも、あまりに奇抜なものでなければ柄が入っていてもOKです。

ただ、露出が多い、体型を強調するデザインなどは下品な印象を与えるので、結婚式の二次会の服装としてはふさわしくありません。

 

挙式や披露宴から参加する場合は、そのままの服装でOK


挙式や披露宴から二次会に参加する人も、恐らくたくさんいますよね。その場合は、一次会にふさわしい礼装のまま二次会に参加しても問題ないため、わざわざ着替えなどをする必要はありません。

ただ、着物で参加してもマナー違反にはなりませんが、二次会までの時間の余裕があれば一度帰宅して少し軽めの服装にチェンジするとスマートですね。二次会はくだけた席になりやすく、着ているものが汚れるリスクも高いので、手入れしにくく動きにくい着物はトラブルの元になりやすいからです。

 

「パーティーに参加する」というイメージを大事にしよう


結婚式の二次会は服装の選択肢が広いからこそ迷うものですが、イメージとしては「パーティーに参加する」という感じで洋服を選ぶと良いでしょう。例えば、光沢のある素材でできたワンピースやスーツ、きらきらとしたアクセサリーや小物など、明るく華やかな印象でまとめると、お祝いの席にも合ったスタイルになります。

結婚式の二次会の服装は、NG要素を含まないように気を付けていれば、披露宴や挙式よりもうるさく言われることはありません。新郎新婦に失礼のない範囲で、あなたのセンスを光らせてみましょう。

 

新婦よりも目立つ服装はNG


結婚式の二次会の服装にも、披露宴と同じくNGとされるものがあります。例えば白いドレスや生花の髪飾り、ティアラやクラウンをモチーフにしたヘアアクセなどは主役である新婦のものですから、ゲストが着用してはいけません。

二次会と言えどもやはり新郎新婦の幸せを祝う席ですから、ゲストが主役の二人よりも目立ってしまうことは厳禁です。可能であれば、新婦が二次会に何を着用するかを確認して、それよりも控えめな服装を選ぶようにするとベストです。

 

喪服のようなスタイルは場にそぐわないのでNG


控えめを意識するあまり、まるで喪服のようなスタイルになってしまうのも結婚式の二次会の服装としてはNGです。せっかくのおめでたい席なのに、お通夜やお葬式を連想させるようなことがあってはいけないからです。

黒いスーツに黒いストッキングとか、黒いドレスに黒いストールなどを合わせる人がたまにいますが、これは場を変えればシックでおしゃれでも、結婚式の二次会の服装と考えると、新郎新婦に失礼になります。また、ブラックパールのアクセサリーも不祝儀向けなので、避けて下さいね。

 

「平服」とは普段着のことではない


二次会の招待状に「平服でご参加下さい」と書かれていることがありますが、これは普段着でどうぞという意味ではありません。平服とは略礼装のことを指し、披露宴にふさわしい正礼装よりも多少フォーマル度を落とした服装ということになります。

ここで勘違いして、ジーンズやスニーカーなどのカジュアルスタイルで参加してしまっては、間違いなく恥をかいてしまうことでしょう。上でご説明したようなマナーを守って、特別な日のお祝いにふさわしい服装を選ぶようにしましょう。

 

髪型も気を抜かないようにしよう


結婚式の二次会のために服装は何とか用意したけれど、ヘアスタイルにまで気が回らなかったという失敗談をよく耳にします。ここは、二次会だけの参加だとしても、美容院でセットをお願いした方が良いでしょう

自力でパーティーヘアを作り慣れている人は自分でセットしても大丈夫ですが、慣れていない人は、ネットや本を頼りにヘアセットするのはおすすめできません。やはり、自分でうまくできたと思っても客観的に見ると汚く見えることが多いですし、ヘアスタイルは失敗すると修復が難しいからです。

 

いかがでしたか。結婚式の二次会の服装マナーやNG要素、許されるファッションの基準などについてお伝えしました。

結婚式の二次会における服装は、披露宴ほどかしこまる必要が無いとは言え、たくさんのマナーが存在します。やはり新郎新婦の門出を祝う特別な日なのですから、ゲストの無作法でその場を台無しにしてしまうことだけは、絶対に避けたいですよね。

でも、結婚式の二次会は、挙式や披露宴のような儀礼的な要素が少ないのも事実ですから、ゲストそれぞれのセンスが生かせる場という考え方もあります。結婚式の二次会はいつも同じ服装ばかりになってしまうという人も、この機会に改めてコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

女性が守りたい結婚式の二次会の服装マナーは

・二次会からの参加なら、ワンピース以外もOK
・「パーティーに参加する」というイメージを大事にしよう
・挙式や披露宴から参加する場合は、そのままのかしこまった服装でOK
・白ドレス、生花、ティアラ系のアクセは花嫁のものなのでゲストが着用してはいけない
・喪服のようなドレスやスーツ、ブラックパールは不幸を連想するためNG
・「平服」とは普段着のことではない
・髪型も気を抜かないようにしよう