結婚式の服装☆親族が選ぶ際に気を付けたい5つのポイント

結婚式の服装☆親族が選ぶ際に気を付けたい5つのポイント
結婚式の服装は、親族として出席する場合、どのような服装を選んでよいのか、迷うことってありますよね。洋装にしようか、和装にしようか、などと迷う方も多いのでは。

結婚式の服装は、親族でも、新郎新婦よりも控えめなものがよいでしょう。結婚式の主役は、新郎新婦なのですから、新郎新婦より目立ってはいけません。また、新郎新婦の親族として出席するとなると、ゲストをお招きする側となります。新郎新婦がお招きした大事なゲストに、失礼にならないような服装を選びたいものです。では実際の結婚式の服装選びには、親族ならどのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。

そこで今回は、結婚式で服装選ぶとき、親族の方に参考にしていただきたい、服装選びに気をつけるポイントを、お伝えします。

 

結婚式の服装☆親族が選ぶ際に
気を付けたい5つのポイント

 

新郎新婦のお父様の場合

結婚式の服装で親族の中でも、格好良く見せたいのはお父様ですよね。お父様の結婚式の服装選びでよく選ばれるのが、モーニングコートでしょう。ポイントは、昼の結婚式ならモーニングコート、夕方~夜に結婚式があるときは燕尾服を選びます。モーニングコートは、昼の正礼服とされています。特徴は、後ろのすそが長いこと。その昔、乗馬が移動手段であった時代、馬に乗る際に邪魔なところを切り落とした形が今に残って、モーニングコートの形状になっています。

モーニングコートは、ジャケット、ベスト、パンツがセットです。パンツに、ベルトは締められませんので、サスペンダーを必ず用意しましょう。燕尾服の場合は、白ベストに蝶ネクタイの装いです。どちらも白いチーフ、パールなどのカフスボタン、白い綿の手袋も必要です。ビシッと決めて、格好良いお父さんになって娘さんをエスコートしましょう。

 

新郎新婦のお母様の場合

結婚式の服装選びで相手側と親族の、格を合わせていれば、お母様の場合は黒の留袖でも洋装でもかまいません。従来は黒の留袖が定番でしたが、着物が敬遠される近年は、親族だけの結婚式やホームパーティーのような結婚式など小規模で行われる結婚式では、洋装で出席される方も多くなっています

結婚式で服装を選ぶ時、親族のなかでも新郎新婦のお母さんが気をつけるポイントは、ドレス選びです。五つ紋付の黒留袖の場合は、紋付の留袖で、裾に柄が入った着物で、帯は袋帯と分かりやすいです。洋装場合は、イブニングドレスやアフタヌーンドレスを選び、他のキャストと差別化を図るように、ロング丈のドレスが良いでしょう。必ずしも黒と決まっていないので、華やかな淡い色を選んでみては。華やかなロングドレスが、結婚式の場の雰囲気を和ませてくれるでしょう。

 

新郎新婦の親族が男性の場合

結婚式の服装選びで、親族が男性の場合、服装を選ぶポイントは、準礼装で、ディレクターズスーツや、ブラックフォーマル、または、タキシードで決めるのもよいでしょう。略礼装でもかまいません。派手目ではない、ダークスーツを選びましょう。

結婚式の服装を親族の年代別で選んだとき、20代、30代の方は、ディレクターズスーツを選ぶ方が多く、40代、50代以上ではダブルのスーツを選ぶ方が多く見られます。ダブルのスーツはシックですから、若い年代の方から敬遠されているのでしょう。ネクタイをシルバーグレーにすると、おしゃれ度がアップしますのでオススメです。

 

新郎新婦の親族が女性の場合

結婚式の服装を選ぶ際、親族が女性の場合で気をつけるポイントは、正礼服装は、イブニングドレスやアフタヌーンドレスで派手すぎないもの、露出が少ないもの、白に統一しないものが良いでしょう。和装を選ぶなら既婚者は五つ紋付の黒留袖、未婚者は留袖、振袖となります。

準礼装なら、カクテルドレスやフォーマルドレスがよいでしょう。着物は、訪問着です。落ち着いた色のドレスに、パールのネックレスを合わせると、お祝いムードが漂う装いになるでしょう。

 

親族の子供たちの服装選び

結婚式の服装選びで、親族に子供がいる場合、その子供が中学生や高校生なら制服で出席します。小学生以下なら、フォーマルウェアーを着用します。靴下も、靴もフォーマルに統一しましょう。子供は成長が早いです。子供用は、着用する回数が少ないことからも、レンタルすることをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式で服装を選ぶとき親族が気をつけることは、格を統一し、上品さを取り入れましょう。シックな色合いの服装や、パンツスタイルにすると仕事着にみえてしまいがちです。アクセサリーやバッグなどのさりげない小物使いが、一段とエレガントさがアップし、華やかさを演出してくれます。女性は、髪形も派手すぎず、ハーフアップ会巻きがドレスにマッチするのでオススメです。男性は、身だしなみもきちんと整えましょう。

結婚式の服装で、親族だけでなくお祝いの装いは、明るく華やかさが大事です。両家揃えて、両家一丸となって、新たな未来へ歩いていく二人の門出を、お祝いしましょう。素敵な結婚式になるように、服装選びにも気を遣いたいですね。

まとめ

結婚式の服装を親族が選ぶなら

・新郎新婦のお父様の場合は、モーニングコートでかっこよく決めよう。
・新郎新婦のお母様の場合は、黒留袖かロングドレスでエレガントに。
・新郎新婦の親族が男性の場合、フォーマルスーツや、タキシードを選びましょう。
・新郎新婦の親族が女性の場合、未婚者なら振袖、既婚者なら黒の留袖か訪問着、ドレスならどちらでもOK。
・親族の子供たちの服装選びは、フォーマルウェアーで統一しよう。


連記事