結婚式の服装マナー☆華やかでも守りたい7つの基本

結婚式の服装マナー☆華やかでも守りたい7つの基本
結婚式の服装マナーは、華やかであればいいというものではありませんよね。

「お祝い事だから、思いっきりおしゃれをしていくのが良い!」という考えの人や、とにかくパーティー好きで、「ドレスアップするのが楽しみ!」という人もいますが、結婚式はあくまでも冠婚葬祭であり、お祝いの儀式です。

ですから、ただのパーティーではないという事をしっかりと認識して、節度ある行動をしなくてはいけないもの!

たかが結婚式の服装マナーだと思うかもしれませんが、ここでマナーが守れる人かそうでないかは、社会人としての良識があるかどうかにも通ずるところがありますから、結果的に自分が恥をかくことになります。

しかし、自分がいいと思ってした服装でも、実は結婚式の服装マナー的には良くなかったということはありますよね。そこで今回は、結婚式の服装マナーで押えておかなくてはいけない基本を7つお伝えいたします。

[ →続きを読む… ]

告別式の服装準備。社会人なら揃えたい7つの基本

告別式の服装準備。社会人なら揃えたい7つの基本
告別式の服装マナーは、故人と会葬者全員がまさに「今生の別れ」をする儀式だけに、一連の葬儀のなかでも最も丁寧に押えたいですよね。

基本的な告別式の服装マナーを守ること、葬儀の形式(宗教)に則って礼拝をすること…、どれもとても重要なこと。何故なら告別式の服装は「マナーを守って装うことにより、故人に哀悼の意を表す」という意味が含まれているからです。

とはいえ、もしも急に参列することになり、何も揃っていなければ、何とか黒の服で間に合わないものか…、と考えるのも仕方がありません。特に初めての参列で靴やバッグも揃えるとなれば、さらに判断が難しくなってしまいがちですよね。

そこで今回は、社会人ならぜひ日頃から揃えておきたい、告別式の服装や服飾小物の基本マナーを7つ、お伝えします。こちらをご参考いただければ、知らず知らずのうちにマナー違反になるような事態も、防ぐことができるはずです。

[ →続きを読む… ]

結婚式の服装マナー☆男性が押さえるべき基本とは

結婚式の服装マナー☆男性が押さえるべき基本とは
結婚式の服装マナーは、女性は知っている人が多いですが、意外と男性は知らないという人の方が多いですよね。

普段仕事でスーツを着ている人は、結婚式の招待されても、仕事用のスーツを着ればいいやと思ってしまうもの。しかし、結婚式での服装マナーと仕事の服装は必ずしも同じとは限りません。

仕事での服装マナーは、業種や会社の規定で決まっていることもありますが、結婚式の服装マナーは、式のフォーマルさにもよりますが、基本的にはどのような式でも普遍的ですから、人によっては結婚式用にスーツを準備する必要があります。

そう考えると、結婚式の直前になって焦らなくてもいいように、男性も結婚式の服装マナーについて、基本的なことは押さえておきたいですよね。

そこで今回は、男性が最低限知っておかなくてはいけない、結婚式の服装マナーについて7つ、ポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬儀の服装を整える。社会人なら持ちたいアイテムとは

葬儀の服装を整える。社会人なら持ちたいアイテムとは
葬儀の服装は、いざ準備をする時になると、ちょっとした部分で間違えたり、迷ったりしますよね。社会人になると職場や取引先など、失礼があってはならない葬儀に参列しなければならない機会も増えてきます。

それでも、訃報はいつも急に飛び込んで来るもの。縁起が悪いと思っても、万が一の時に備え、葬儀用の服装を用意しておくことは、社会人のたしなみとも言えるのです。

しかし喪服やそれに合う靴は揃える方が多いものの、実はそれ以外にも用意しておきたい、葬儀用のアイテムとなると、なかなか気がまわらないことも…。訃報を受けてから、「そう言えば…。」と気付くことも多いですよね。

そこで今回は、社会人がぜひ持っておきたい、葬儀の服装に欠かせないアイテムをお伝えします。本記事を参考に準備をしておけば、いざと言う時にも、失礼のない参列ができます。

[ →続きを読む… ]

通夜の服装に困らない。参列前に確認したい作法とは

通夜の服装に困らない。参列前に確認したい作法とは
通夜の服装にはマナーがあります。参列する時にその服装のマナーを守れていないと、自分が恥をかくだけでは終わらないので、心配もありますよね。

他の参列者や遺族の方々を不快にしてしまう事態は避けたいもの。通夜では故人の死を悼み、お別れをしに人々が集まっていますから、そのような場で人に迷惑をかける訳にはいきません。

しかし、「通夜の服装マナーはわかってる!」という人でも、実はその思い込みが間違っていることも…。例えば、正式な通夜の服装は礼服ですが、この礼服をいつでも着ればいい訳ではない事は、意外と知られていません。

通夜での服装は故人との関係性や、仮通夜か通夜かの違いによっても異なります。そう考えると、今一度しっかり確認したいですよね。そこで今回は、そんな通夜の服装マナー、参列前に確認したい作法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]