結婚式のドレスマナー☆品の良いおしゃれのポイントとは

結婚式のドレスマナー☆品の良いおしゃれのポイントとは
結婚式のドレスマナー、社会人なら恥ずかしいことのないよう、できる限り守りたいですよね。結婚式のドレスマナーは守りつつ、ゲストもその場にふさわしい、華のある服装が理想的!

服装というものは、言葉はなくとも着ている人の、人となりが伝わるもの。ですから結婚式ではドレスマナーを守って上品に装い、祝福の気持ちを表したいのは当然!

とはいえ、ようやく服装を決めて「これで良し!」とおしゃれに装っても、実はマナー違反だった…、という経験がある方も多いのです。そうなるとやはり、結婚式のドレスマナーの「基本」を知っておいて、後でガッカリしないように備えたいですよね。

そこで今回は、結婚式のドレスマナーを、品の良いおしゃれのポイントも加えながらお伝えします。これから結婚式に参列する、と言う方は、どうぞ一度、参考にしてみてださい。



 

結婚式のドレスマナー☆
品の良いおしゃれのポイントとは

 

一般的な式なら、準礼装


結婚式場やホテルなどで執り行われる、一般的な結婚式のドレスマナーは「準礼装」が基本

【 結婚式のドレスマナー:準礼服の注意点 】

★ 洋装では「昼間の宴(午後5時頃でお開き)」と「夜間の宴(午後5時頃開宴)」では装い方が変わることに、注意してください。

 

昼間の準礼服の装いとは


服装は、肌の露出を押さえたセミアフタヌーンドレスや、フォーマルなワンピース・アンサンブル・スーツなどが適切。

【 結婚式のドレスマナー:準礼服NGマナー 】

★ ただし、肩や腕が出ないもの、スカート丈は短くても膝丈まで

・ ノースリーブのドレスはそのままではNG!長袖のジャケットやボレロ、ショールなどを着用すればOKです。

 

準礼服での、小物マナー


【 結婚式のドレスマナー:小物 】

・ アクセサリーはパールなど。コサージュなどもOK。
・ 靴はつま先の隠れるパンプス。
・ 肌色のナチュラルなストッキング。
・ バッグは小型のハンドバッグ、クラッチバック

ショールを着用するなら、移動や食事の際に型崩れしないよう、ブローチやピンなどであらかじめ留めておくと安心。服装・小物類ともキラキラより、上品な光沢のあるものを選ぶのがポイント!

 

夜間の準礼服の装いとは


夜間の結婚式なら、カクテルドレスやディナードレス、シックで上品なワンピースやツーピースなどがおすすめ。

【 結婚式のドレスマナー:夜間の準礼服 】

★ トップ部分がノースリーブやホルターネックなど、肩や腕が出るデザインでも大丈夫!ただし、肌の過度な露出は避けてください。

・ アクセサリーを付けるなら、ジュエリーやゴールド、シルバーなどの輝くものがぴったり。合わせて靴もゴールドやシルバー、服と同色のパンプスなどで決めたいところ…。

結婚式のドレスマナーとして、ストッキングは肌色のナチュラルを着用。バッグもエナメル・シルク、ビーズなど、アクセサリー的な小型バッグにすれば安心です。

服の生地は光沢のあるものや総レースなど、華やかな雰囲気のあるものがおすすめ!服装・小物類とも輝きをポイントに、選んでみてください。

 

カジュアルな式は、昼間の略礼装


少人数のアットホームな結婚式やレストランウェディング、二次会などのカジュアルな結婚式でのドレスマナーは「略礼装」が基本。こちらのケースでも、洋装では昼間と夜間の装い方が異なることにご注目ください。

【 結婚式のドレスマナー:昼間の略礼装 】

★ 上品な雰囲気のワンピース・アンサンブル・スーツが基本。肌の過度な露出を避けるよう、コーディネートしてください。

・ 小物はアクセサリーはパールなどが適切。パンプスが一般的ですが、シンプルなものの他、ビジューやリボン付きなどでもOK!

ストッキングは肌色が原則ながら、最近ではラインストーンなどのワンポイントが入っているデザインも大丈夫。パーティーバッグ、クラッチバックなどを合わせてください。

服装にはレースやシフォンなど、透け感のあるボレロやショールを合わせるのもおすすめ!こちらも前の項の一般的な結婚式の時と同様、服装・小物とも上品な光沢をポイントに。

 

カジュアルな式での、夜間の略礼装


以上のような服装が昼間の略礼服のマナーですが、これが夜になると、ドレッシーなワンピース・アンサンブル・スーツが主流になります。小物も、アクセサリーがジュエリーやゴールド、シルバーなどに変化。ただし、ストッキングは昼間と同じ。

【 結婚式のドレスマナー:夜間の略礼装(小物) 】

★ 光沢や飾りのあるパンプスなど、靴も華やかなものが増え、ビーズやエナメル、布製などアクセサリー的な、小ぶりのバッグを用意する方々が目立つように…。

服装はドレッシーなトップスに黒のパンツ、というようなスタイルでもOK!より、上品かつ華やかになるよう、服装だけではなく、小物までトータルでのコーディネートを心がけるのがポイントです。

 

いかがでしたでしょうか、結婚式のドレスマナーを状況に合わせてお伝えしました。いろいろな制約はありますが、昼間は輝きを抑えて、夜間は華やかに装うことがポイントとなります。

しかし最も大切なことは、あくまでも主役は花嫁ということ!決して花嫁が霞むような印象のスタイルにならないよう、しなければならないことを心に留めておかなければなりません。

なお、服装も小物も素敵なものを選んでも、いざすべてを合わせた時に、ちぐはぐな印象になってしまうことが…。そうなると品のない雰囲気になってしまうため、必ず全てをコーディネートしながら選ぶよう、気をつけてください。

ゲストとしては結婚式のドレスマナーを守った上で、晴れの日に花を添えるような素敵な装いで出席しちゃいましょう!

まとめ

結婚式のドレスマナーを押さえたおしゃれ

・一般的な結婚式には準礼装
・カジュアルな結婚式や二次会は略礼装
・結婚式のドレスマナーのNGを押さえる
・カジュアルな式では略礼装
・昼間の略礼装は、品がありつつ華を添える
・夜の略礼装ではより華やかにしてOK
・テカリのない上品な光沢がポイント