就活スーツを揃える前に☆確認したいチェックポイント

就活スーツを揃える前に☆確認したいチェックポイント
就活にスーツは欠かせませんよね。第一印象を良くするのは就活に臨む心得のスタート地点!見た目で人格を疑われたくはないもの…。就活のスーツで間違いのないものを選べたら、まずは第一段階クリア!

自分をアピールしたいとか、入りたい企業の社風を考えすぎてしまうなどなど…、アンケートでは、業界によって就活のスーツ選びを難しく感じる方も見受けられます。しかし選ぶ際に、目的を見失わないように選ぶのも、ポイントのひとつ…。

とは言いつつ、制服ではありませんので、いくらか選ぶ幅があります。なぜ自分がそのスーツを選んだのかを説明できるほど、ポイントを押さえて選べたら、自信を持って面接に望みたいですよね。

そこで今回は、就活に先立ちスーツを揃える前に、確認しておきたいチェックポイントをお伝えします。



 

就活スーツを揃える前に☆
確認したいチェックポイント

 

色を選ぶ


就活で着るスーツを選ぶにあたって、まず考えなければならないのは、何と言ってもどんな色にするかということ。基本的に色は、奇抜なものでなければ何でも構いません。

「黒じゃなくていいの?」と驚く方もおられるかもしれません。確かにいつの頃からか、「就活のスーツは黒」という概念が浸透してきましたが、実は、アパレル企業のマーケティング戦略、と言う側面も…。

【 就活スーツのポイント、色 】

★ しかし、元々は社会人のスーツと言えば、紺だったのです。

・ そもそも、黒は喪服のイメージが強く、暗いイメージになってしまう…、と言うのが昔の考え方。ただ、もちろん黒はダメということではありません。

就活のスーツを選ぶにあたって、色は黒でも紺でもグレーでも大丈夫!店員さんの教えてくれる情報を元に考えて、相手に良い印象を与えつつ、自分の好みにも合う色を選んでください。

値段はどれくらいか


就活のスーツを購入するにあたって、予算も気になるところではないでしょうか。なにせ、まだ働いていないわけですから、予算はそんなにあるはずはありません。

せっかく買うのだから、後々着れるようにと、ブランド物を購入したいと思う人もいるかもしれません。でも、まだ仕事をしていない若者が、いきなりブランド物の高級なスーツを着て、面接に来た時の面接官の印象は、良いとは限りません。

【 就活スーツのポイント、値段 】

★ しかも、就活は毎日動きが激しい!ブランド物を着ていたら、気になって動きにくくなるかもしれません。

・ むしろ、就活のためのスーツだと割り切って、後々着ることまで考えない選び方でも良いのです。

一般的には、1万5千円くらいが相場。安価で動きやすく、それでいて安っぽく見えないものを選んでください。

 

サイズを知っておく


店員さんがアドバイスしてくれるので、とても頼もしいのですが、自分で知っておいて損はないのが、スーツのサイズ。スーツのサイズが合っているかどうかは、肩のおさまり方で判断できます。

【 就活スーツのポイント、サイズ 】

★ 肩がきつく感じたり、袖の付け根にへこむような形でシワが現われるなら、サイズが合っていない証拠!

・ また、袖の長さは腕をまっすぐに下げて、袖口からシャツが1.5センチほど見えるのがベストです。

就活スーツを購入する際には、しっかり試着して鏡で確認し、店員さんのアドバイスを聞きながら、ピッタリのサイズを選んでください。

 

柄物はOKか


スーツの柄はいろいろありますが、スーツ全般で言えば人気なのはストライプ。さすがに就活スーツでチェック柄を選ぶ人はいないものの、就活でもストライプ柄は選びたい人は意外に多いはず。

【 就活スーツのポイント、柄 】

★ しかし、一般的にはストライプ柄は避けた方が無難。ストライプ柄はスマートに見えますしお洒落で良いのですが、就活というシチュエーションでは浮いてしまうことに…。

・ アパレル関係のようにお洒落が評価される企業や、IT企業のように個性が重視される企業の場合は、良いケースもありますが、一般的にはあまり受け入れられません

ほとんどの方が無地で就活に臨みますので、ストライプ柄は変わり者と見られる危険が大きいのです。そのため、就活では柄物のスーツは避けるのが無難。晴れて就職が決まったら思う存分、好きな柄のスーツを着てください。

 

何着購入するか


結論から言えば、最低2着は必要!

【 就活スーツのポイント、数 】

★ 就活でスーツは毎日着用する可能性がありますので、ローテーションで着るのがベター。2日続けて同じスーツというのはお勧めできません。

・ また、予想外のトラブルは起こるもの…。急に雨に降られたとか、コーヒーをこぼしたとか、汗だくになってしまうとか。ですから、1着では心もとないです。

そして、できるなら秋冬用のスーツと、夏用のスーツの両方を揃えれると重宝するはず。因みに、秋冬用のスーツを夏に着るというのは大変!でも、夏用のスーツなら中に重ね着すれば、冬でも着れるという考え方をする方もいます。

 

いかがでしたでしょうか、フレッシュな気分で臨む就活ですから、スーツもフレッシュに選びたいもの…。お店に行けばたくさんのスーツが陳列されていますので、目移りして選ぶのは大変かもしれません。

大抵の紳士服の店舗で、リクルートスーツのコーナーが設置されているので、そこから選べば安心。店員さんは、昨今の就活の事情をよく勉強しているかたがほとんど。そのため、店員さんのアドバイスはとても役立つので、ぜひ参考にしてみてください。

また、スーツに合わせてネクタイや靴、ベルトなども揃えておくと便利。紳士服のお店ではそれらも取り揃えている場合が多いので、同じ店舗ですべて揃えるのも一つの手。

繰り返しになりますが、就活のスーツの目的を決して忘れないように注意!面接官の気持ちを想像して揃えるのが、何よりのポイントです。いろいろ悩む事もありますが、第一印象を良くして、就活を有利にする素敵な就活スーツをゲットしましょう!

まとめ

就活スーツのチェックポイント

・黒の他、紺やグレーでもOK!
・高価すぎない、動きやすいものにする
・ちょうど良いサイズは肩で判断する
・ストライプはNG!柄物は避ける
・最低2着以上購入すると安心


連記事