尊敬語を使いこなす☆まず覚えておくと便利なフレーズ

尊敬語を使いこなす☆まず覚えておくと便利なフレーズ
尊敬語を使いこなすことは、ビジネスではとても大切ですよね。とはいえ、尊敬語はけっこうややこしいんです。だからこそ、サラっと使いこなすとカッコいいですし、一目置かれることも…。

尊敬語とは目上の人を敬う表現であり、相手を立てたい時に使います。ビジネスでは威力を発揮するものです。是非多くのフレーズをレパートリーに入れて仕事に活かしてください。

尊敬語は謙譲語との使い分けが難しくはありますが、どんどん使って慣れていくことが上達の近道。一朝一夕には上達しませんから、失敗してもくよくよせずチャレンジすることが大切です。

そうして努力する態度は、仕事上の利益につながるだけでなく、自分自身を磨くことにもなりますよね。そこで今回は、まず覚えておくと便利な尊敬語のフレーズを、いくつかお伝えします。

[ 続きを読む… ]

謙譲語を改めて確認!よく使うビジネス敬語のポイントとは

謙譲語を改めて確認!よく使うビジネス敬語のポイントとは
先輩や上司、取引先の人と話す時に必ず使っている敬語ですが、尊敬語や謙譲語、丁寧語があり、使い分けも難しいので正しく使えているか不安ですよね。尊敬語は一番使われる一般的な敬語なので、何となく分かるかもしれませんが、謙譲語は少し分かりにくいところがあります。

仮に敬語を間違って使ったとしても自分の会社内であれば、先輩や上司が違いを指摘し教えてくれますし、同じ会社で働く仲間でもあるので許してくれます。しかし、取引先のような会社外の人と話す時に、誤った敬語を使ってしまうと、相手が不快に感じたり偉そうな態度だなと思われるかもしれません。

それだけ、ビジネスにとって敬語は重要なのです。そこで今回は、よく使うビジネス敬語(謙譲語)のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

日常会話を敬語に変換!ビジネスに応用が効く5つの表現

日常会話を敬語に変換!ビジネスに応用が効く5つの表現
日常会話を敬語に変換するというのは意外と難しいものですよね。自分は自信を持って使っていたのに、実はその敬語は間違っていたということを後から知って冷や汗をかいた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

日本語の尊敬語や謙譲語はたくさんあり複雑なため、しっかりと勉強していないと覚えられないものです。言葉の末尾に「られる」や「れる」を使えば良いと思っていては、いつか恥ずかしい思いをすることになります。年齢を重ねてからも間違った敬語を使っていると「今まで何を学んできたんだ・・」と思われてしまいます。そして敬語の中でも尊敬語は目上の人を敬う表現ですから間違わないように使いたいものです。

そこで今回は、社会人として知っておくべき日常会話の正しい敬語への変換についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

敬語の使い方をおさらい!立場別に見る変換のポイントとは

敬語の使い方をおさらい!立場別に見る変換のポイントとは
人間関係をより良いものにするためにも、言葉を正しい敬語に変換するといった気配りは欠かせませんよね。敬語は言葉のエチケットであり、人間関係の潤滑油とも言われています。

ビジネスに慣れてきて、状況に合わせてうまく敬語に変換しているつもりでも、立場をわきまえない表現だったり誤用があったりと、相手に不快な思いをさせていることがあるかもしれません。ビジネスシーンや公的な場面での敬語は、相手の信頼を得るためにも適切に使いこなしたいものです。

敬語への変換は、場面や相手との関係性でも違ってきます。敬語は日々の実践の中で磨かれ身につくものですが、少し立ち止まっておさらいをするのも必要しょう。その場に相応しい敬語に変換し、誠実さと思いやりを表現したいものです。

そこで今回は、敬語の使い方をおさらい!立場別に見る変換のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

尊敬語と謙譲語の効果的な使い分け☆場面別に見るマナー

尊敬語と謙譲語の効果的な使い分け☆場面別に見るマナー
尊敬語と謙譲語はよく取り上げられていますが、これだけいろいろなところで取り上げられるということは、それだけ使いこなすのは大変、とも言えますよね。

確かに、どの表現が尊敬語でどの表現が謙譲語なのか、使う場面が合っているのかどうか、頭がこんがらがってくることもよくあること…。尊敬語と謙譲語が逆の使い方になってしまって、相手に失礼にあたることもあったりします。

ビジネスにおいては目上の方や取引先との会話が多いので、使い方を間違えると時に命取りになりかねませんので注意が必要!しっかり使い分けて、常識をわきまえた、デキるビジネスマンであることをアピールしたいですよね。

そこで今回は、尊敬語と謙譲語を効果的に使い分けられるよう、場面別にマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]