一周忌

法事でのマナー

一周忌のお供え物。選ぶ際に知っておきたい5つの基準とは

亡くなって一年目にあたる一周忌には、お供え物を持って故人の冥福を祈りつつ、親しかった人たちと思い出を語り合いたいものですよね。そして、亡くなった直後と違い、一周忌の法要までには準備する時間があります。亡くなった方が好きだったものを選んで、お供え物として仏前に供えてあげましょう。 とはいえ、一周忌のお供え物とし...
法事でのマナー

一周忌に招かれた際のマナーとは。準備すべき5つのこと

一周忌とは、故人が亡くなってちょうど一年目の日のことをいい、「祥月命日(しょうつきめいにち)」ともいいます。最初に行う年忌法要です。この日をもって、喪中明けとなります。一周忌は命日に行いますが、都合が付かない時は、前倒しで行うことがあります。一周忌では、お坊さんが御経を読み上げたり、お墓参りをしたり、故人を偲ぶ食事...
法事でのマナー

一周忌法要の準備。当日までにしなくてならない5つの事柄

一周忌法要は亡くなった日からちょうど1年目に行う仏教の行事です。親族の方や生前親しくしていた方を呼んで、お坊さんにお経をあげてもらい、いっしょに会食も行います。もちろん準備はその前から始まっています。お葬式と49日法要が終わったからといって、安心はできません。やっと落ち着いてきたと思った頃には、もう一周忌法要のこと...
法事でのマナー

一周忌でのお布施の目安。お坊さんへ包む、7つのマナー

一周忌のお布施、お坊さんに包む際には、守らなくてはいけないマナーが意外と多いですよね。通夜や告別式などの葬儀の時には、葬儀社がすべてを手配してくれ、お坊さんへのお布施なども、分からなければアドバイスをしてくれます。 けれども、一周忌は施主が直接お寺に依頼をして行うことが多いため、すべて自分で決めなくてはいけな...
法事でのマナー

一周忌でお布施を準備。気になる相場と、包み方の作法

一周忌のお布施以前に、今まで喪主や施主になった事がない方々にとっては、「そもそも、お布施って何?」と、戸惑うことも多いですよね。お布施とは、お経を唱えてもらったり、戒名をもらったりした謝礼として、お寺へおさめるもの。 そんなお礼の気持ちとして一周忌にもお布施を包みます。…が、一体いくら包んでいけばいいのか、お...
法事でのマナー

初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイント

大切な方が亡くなった日の、ちょうど1年後の同月同日を一周忌と呼んで、親類縁者を集めた法要を執り行います。一周忌の法要を執り行うときに必要な段取りはたくさんありますが、初めての施主となればどのように準備すればよいかを迷うことも多いですよね。その方が亡くなられて1年目という節目の法要である一周忌は、ご家族が亡くなられた...
法事でのマナー

一周忌を執り行う。見落としなく進めるチェック項目

一周忌の法要は、何度も執り行われる法要の中でも特に盛大に行うもの、と捉えている方々が多いですよね。遺族や親族だけでなく、故人の知人や友人も招くことになるので、その分準備も見落としのないよう慎重に進めていかなくてはなりません。 とは言え、法要を執り行うことに慣れている方は、ほとんどいないのではないでしょうか。そ...
法事でのマナー

一周忌法要に参列する。準備から押さえるマナーと基本

一周忌とは言え、大切な人がこの世からいなくなることは、心も体も大きなダメージを受けますよね。一緒に暮らしてきた家族はもちろん、かけがえのない時間を共に過ごした友人、同僚など、心の整理がつかない方もいるのではないでしょうか。 一方で一周忌には少しずつ心の傷が癒え、新たな気持ちで前向きに生活をしている人も多いかも...
法事でのマナー

一周忌の香典どうしてる?立場別、相場やマナー豆知識

一周忌の香典はその書き方や相場など、通夜や告別式とは違う、一周忌の香典だからこそ、疑問に思う、迷うことが多いですよね。調べてみても葬儀マナーとは違い、一周忌は香典に限らず、あらゆるマナーについて明記されていないことが多いのです。 とは言え施主はもちろん、遺族や親族と、法要に参列する機会は人生のなかで度々訪れま...
法事でのマナー

一周忌の挨拶。施主が押さえるマナーと7つの文例集

一周忌の挨拶は、施主の一連の仕事のなかでも、多くの参列者へ気持ちを伝える、大切なもの。 故人が亡くなった日から七日目を「初七日法要」、それ以降本来は七日目ごとに法要を行うしきたりがあり、四十九日目を「四十九日法要」とし、法要は死者の冥福を祈りその霊を慰める為に行います。 その後の区切りの法要として、死後...
法事でのマナー

一周忌法要に招かれたら。失礼なく参列する7つのマナー

一周忌法要は、故人が亡くなってから満1年が経過した命日、もしくは命日に近い日取りで行うため、戸惑う方々も多いですよね。 一般的には故人の家族や親戚など、近しい関係の人が集まって行われますが、生前に親しかった友人なども、施主から招かれたら参列するケースもあります。 法事は最大で三十三回忌まで。回数を追うご...
法事でのマナー

一周忌のお供え物マナー。おすすめの品々と心遣いの基本

一周忌にはお供え物を持参するのが、基本的なマナーです。一周忌のお供え物には食べ物やお花などを持参しますが、具体的に何を持参すればいいか迷うこともありますよね。金額の相場でも、一周忌におすすめのお供え物選びも、慣れることはあまりありません。 一周忌は、故人が亡くなってちょうど1年(同月同日)に当たる日。一周忌に...
法事でのマナー

一周忌法要の基本手順。スムーズに進める7つのポイント

一周忌など、通夜や告別式の後にも仏教には多くの法要がありますよね。一周忌とは、故人が亡くなってからちょうど一年目の命日のこと。その日に故人を供養するために営まれる儀式が一周忌法要と言われます。 一周忌法要では、普段は考えたこともない決まり事がたくさんありますし、こんな時にしか会わない親族もいて緊張する場にもな...
法事でのマナー

一周忌とは?香典や供物など葬儀後のマナー

一周忌と聞いて、すぐに内容までわかる方はすくないかもしれないですよね。社会人になってくると、仕事の関係でお通夜やお葬式へ出る機会が少しずつ増えていきます。また身内になるとその後の初七日や四十九日・一周忌にも出席することでしょう。 最近は核家族化が進んで、仏事に詳しい人も身近に少なくなってきました。昔は法事や仏...
法事でのマナー

知っておきたい!一周忌法要の準備と流れ

一般的に人が亡くなると、ご家族は葬儀、そして、その一年後に『一周忌』とその『法要』を営むのが通例ですよね。大切な方とのお別れは、言葉では言い尽くせないくらい辛い出来事ですが、一周忌までのその1年というものはあっという間です。事実を受けとめることが出来ず、心の整理も出来ていないままにその日を迎えるご家族も少なくないで...
法事でのマナー

一周忌の香典マナー☆社会人が押さえるべき7つの基本

一周忌にも香典が必要だという事は意外と知られていません。葬儀が終わった後、命日から満一年になる日に行う一周忌法要は、基本的には親族のみで行うことが多いため、子供の頃に法要に参列した経験がある人は、親戚の集まり程度の感覚しかなかいですよね。 しかし、葬儀の時に香典を包んで喪主に渡すように、一周忌の際にも香典は施...
法事でのマナー

一周忌の挨拶に困ったら。恥ずかしくないマナーと文例

一周忌の挨拶は法要の施主にとって重要な仕事です。葬儀では、葬儀司会者がいますから、喪主がリードして進行する機会はあまりありませんが、一周忌法要では挨拶が進行の役割をしますし、司会者は一般的に用意しませんから、施主が担うことになるのです。 しかし、遠方に住んでいる親戚が多く、疎遠のために親戚しか参列しないとわか...
法事でのマナー

一周忌のお供え物に迷ったら。押さえたい7つのマナー

一周忌にはお供え物や香典などを持参して、参列者は法要に参加します。一周忌法要は、四十九日の次に大切な法要。故人が亡くなった丁度一年目の祥月命日(同月同日のことをいいます。この日をもって喪があけるという節目になるからです。 同月同日に一周忌法要をおこなうのが理想ですが、出席者の都合を考えて近い土日に法要をおこな...
タイトルとURLをコピーしました