メールの締め文で差をつける☆ビジネスで使う結びの言葉

メールの締め文で差をつける☆ビジネスで使う結びの言葉
メールの締め文は、ビジネスにおいて想像以上に重要なマナー要素です。日常的に使用し、直接送ることができるメールは大変便利なものです。

その便利さ故に、メールが連絡手段の一つになっている現在、誰もが同じような文面、同じようなメールの締め言葉になると、みんな同じに見えてしまいます。その結果、印象も薄くなってしまうのです。

だからと言って、友達に送るようなメールの締め文にしてしまっては、何が重要なのかわからなくなるなど、本末転倒になってしまいますよね。

メールでは、件名や文頭の挨拶から始まり、文末の結びやメールの締め言葉で終わります。この、文末の結びやメールの締め言葉で、相手に与える印象が変わるのです。できることなら、印象深い、そして良いイメージのメールで締めたいですよね。

そこで今回は、相手に良い印象を持ってもらえるよう、大切なメールの結び言葉をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

[ →続きを読む… ]

メールの結びで差をつける☆就活で際立つ、7つの常識

メールの結びで差をつける☆就活で際立つ、7つの常識
メールの結びは自分が思う以上に印象に残ります。就活中、企業の担当者にメールを送る機会がありますが、内容がいくら良くてもメールの結びが中途半端だと、全体の印象自体が悪くなってしまうこともあるのです。

対面した場合も、「挨拶で始まり、挨拶で終わる」ことが常識。それと同じで、就活中のメールも挨拶で始まり、メールの結びや締めの言葉をきちんと書かなければなりません。

自分が相手に何を伝えたかったのか、相手が理解できるように好印象となるメールの結びが必要不可欠。相手に中途半端な、愛想のないメールだと思われたくはないはず。

とは言っても「印象の良いメールの結びって、どう書けばいいの?」と悩みますよね。そこで今回は、就活中のメールで役立つこと間違いなし!の7つの好印象ポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

メール返信マナー、虎の巻☆新人が特に意識したい心得とは

メール返信マナー、虎の巻☆新人が特に意識したい心得とは
メール返信マナーを意識する人は意外に少ないですが、実は受け取る側の立場になると、多くの人々が「返信」にこそ、様々な感情を抱いています。社会人になれば、必ず使うことになるビジネスメール。近年では、ビジネスメールは会社のパソコンだけでなく、スマホでやり取りすることも多くなってきています。

ただ、スマホでのやり取りだからと言って、決してプライベートと混同してはいけません。特に新人は、ビジネスメールの基本ルールも身につかないまま、現場で活躍することも。メールの返信マナーには十分気を付ける必要があるのです。

ビジネスメールでは、意識すべきマナーは意外とたくさんあります。件名、内容、署名など、どんな風に作成するのが正解なのか…。気が付けば曖昧なまま、メールを扱っている人は多いですよね。

そこで今回は、現代ビジネスマナーの一般的な常識とされている、メール返信マナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

上司へのメールに迷ったら☆挨拶やお願い、状況別例文集

上司へのメールに迷ったら☆挨拶やお願い、状況別例文集
上司へのメールでのやりとりは、会社内でもいろいろな場面であります。挨拶やお願い、いろいろな状況で上司へのメールを送るケースがありますが、上司なだけにその文面や内容に気を使ってしまいますよね。

でも、最近のビジネスシーンでは、メールの役割はどんどん拡大しているので、上司へメールを出さずに済ませる…、ということは、まず難しいものです。ならば、ケースバイケースで対応し、文面だけでなく様々なビジネスメールのマナーを、上司へのメールでは押さえておかなくてはなりません。

上司へのメールでの正しい礼儀作法ができていないと、「ビジネスマナーがなっていないな。」という、レッテルを貼られてしまうかもしれません。そんなことは避けたいですよね。

そこで今回は、上司へのメールで間違えのない、基本のビジネスマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみメールの基礎知識。上司や友達、立場別例文集

お悔やみメールの基礎知識。上司や友達、立場別例文集
お悔やみのメールを出す場面に直面したとき、一体どんな言葉を選べばいいのでしょうか。お悔やみのメールは頻繁に送るものではありませんが、いざ送るとなると戸惑うことも多いですよね。

また、お悔やみのメールは、会社の上司に送ることもあれば、同僚や友人に送ることもあります。もちろん基本的に伝えるべきポイントは同じですが、声のかけ方などは異なります。

お悔やみは本来であればメールではなく直接会って伝えるのが望ましいですが、状況や間柄によっては、メールで伝えても問題ありません。お悔やみメールを出す前に、記載すべき内容のポイントを押さえて、受け取り側に失礼のないよう十分配慮したいものですね。

そこで今回は、お悔やみのメールにおける基礎知識と、立場別の例文をいくつかお伝えします。お悔やみメールを作る・送る際の参考にしてください。

[ →続きを読む… ]