訃報をメールで送る時。押さえるべき基本のマナー

訃報をメールで送る時。押さえるべき基本のマナー
訃報をメールで送る、送られる機会が近年増えてきました。訃報はメールでなくても、誰かに伝えなければならない時、どのような立場でも辛いものですよね。

特に身内が亡くなった時は、葬儀の準備等にも追われることが多いため、気持ちの整理もついてこないことが多いもの。しかし親戚や知人・友人などには、速やかに連絡をしなければなりません。

また時には、職場やサークルなどの関係者、そのご家族の訃報を「伝える立場」に立つことも考えられます。そんな時に役に立つのが訃報をメールで伝える方法。

「訃報をメールで送るのは、礼儀に反するのでは?」という声もあるかもしれません。それについては後述しますが、訃報をメールで送る方法も、適切に使えば速く確実に、しかも多くの方に情報が伝わるのです。

しかし扱う情報は訃報。メールの文面には特に気をつけるポイントは、押えたいですよね。そこで今回は、訃報をメールで送る時に押えたい、現代のマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

上司へのメール☆送信前の7つのチェック事項とは

上司へのメール☆「送信」前の7つのチェック事項とは
上司へのメールを送る時は、誰もが家族や友人とのやり取りとは違った、一種の緊張感を覚えます。直属の上司のみならず、他の部署の上司や、顔もよくわからない上司にメールを送らなければならない時などもありますよね。

内容に伝達事項が正確に盛り込まれているか、敬語の使い方はこれでいいのかなど、チェックすることもたくさんあるはず。

しかしそこまで気を配ったとしても、敬語の認識自体を間違えていたり、要領を得ない上司へのメールを送ってしまっては元も子もありませんよね。

そこで今回は、上司へのメールを送信する前にチェックしておきたいことを、7つに分けてお伝えします。印象の良いメールは、それだけであなた自身の印象もぐっと良くしてくれます。ぜひ実行してみてください。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉をメールで。知っておきたい7つのこと

お悔やみの言葉をメールで。知っておきたい7つのこと
お悔やみの言葉をメールで伝えるのは、マナーとして良いのかどうか…、新しい連絡手段だけに、悩むところですよね。最近では訃報の連絡自体を、メールで受け取ることもあります。

故人の家族に対するお悔やみの言葉、メールではなく、本来直接顔を合わせて行うものですが、住んでいる場所・予定・関係性によっては、お悔やみの言葉をメールで伝えても、問題がない事も増えてきました。

しかしながら、お悔やみの言葉をメールで伝えるのは、とてもナイーブ。直接顔を合わせるより、お悔やみの言葉をメールで伝えて文章を残すだけに難しく、迷うケースも多々ありますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉をメールで送る際の注意点を、解説します。お悔やみの言葉をメールで送るケースや、その時に気を付けるべきマナー、ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

その会社メールマナー、大丈夫?実は間違えている事例集

その会社メールマナー、大丈夫?実は間違えている事例集
会社メールは今や、ビジネスシーンでは必須。毎日何気なくやり取りをしているメールですが、だからこそ、ビジネスで扱う会社メールのマナーを正しく理解しているか、不安になることもありますよね。

直接顔を合わせておこなう会話とは違って、メールは文章として残るもの。手軽に送ることが出来るのが、会社メールのメリットではありますが、相手に失礼のないような正しい文面で送らなければなりません。

とは言え、近年必要になってきた会社メールのマナーは、なんとも難しい!自分では正しいと思っていても、実は間違えている…、というパターンは珍しくはないですよね。

そこで今回は、会社メールのマナーについてお伝えします。日常生活では気軽に使いこなすメールだけに、ここで普段使いとビジネス使いの違いを、ぜひ確認してください。

[ →続きを読む… ]

ビジネスマナーはメールから☆相手を気遣う7つの心得

ビジネスマナーはメールから☆相手を気遣う7つの心得
ビジネスマナーの中でもメール作法は、現代の「最重要事項」ですよね。今やメールは必須ツール!ビジネスマナーとしてメールの作法も理解しておきたいところです。

「普段からスマホで、メールのやり取りには慣れているから大丈夫!」と言う声も聞こえますが、やはり家族や友達とのやり取りと、ビジネスマナーとしてのメールの作法は、分けて考えなければなりません。

例えて言えば、友人や家族に電話で話す時には「○○だよね!」などと口語で話しますが、まさか初対面の取引先に「そうだよね~」なんて、言えません。この感覚と、ビジネスマナーがメールにもあることは同じなのです。

それでもまだまだ、ビジネスマナーとしてメールの作法が確立しきれていない側面もありますから、自分なりに好感の持てるような、配慮あるビジネスメールを使いこなしたいですよね。

そこで今回は、ビジネスマナーとしてのメールの扱い方、そのポイントを7つ、お伝えします。

[ →続きを読む… ]