訃報をメールで送る選択。現代ならではの7つのマナー

訃報をメールで送る選択。現代ならではの7つのマナー
訃報をメールで送ってもいいものかは迷いますよね。冠婚葬祭には古くから伝わるマナーを守るのが礼儀。そのため、親や年配の人に訃報をメールで送るのはどうかと聞くと、怪訝な反応をされることがあるかもしれません。

しかし、訃報は突然訪れる場合が多いものです。結婚式や法事などはあらかじめ日程を決められるものですから、時間に余裕をもって知らせることができますが、訃報は確実にいつ起こるのかは、予測できない事柄

特に天災や事故、急な病によって亡くなってしまった場合には、迅速に知らせる必要がありますから、訃報をメールで送るのは理にかなっているのです。

とは言え、訃報をメールで送るにしても守るべきマナーは押えたいですよね。そこで今回は、年配者に聞いてもわからないことが多い、訃報をメールで送るときに気を付けなくてはいけないポイントを7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

ビジネスメールのお礼なら☆一歩先を行くマナーとは

ビジネスメールのお礼なら☆一歩先を行くマナーとは
ビジネスメールでお礼を伝えることは、重要なビジネスツールとなっていますよね。手紙や電話よりはるかに気軽で便利になりました。

さらに今はスマホの普及により、いつでもどこでもメールを扱えます。ただ、便利なものには落とし穴があるのも、見落としてはいけない事実。基本的なマナーを身に着けることは、思っている以上に大切なこと。

自分では普通と思っていたことが、他の人にはマナー違反だということもあるでしょうし、ましてやビジネスシーンとなると、ますます注意が必要。ビジネスメールでのお礼というカテゴリーにおいても、マナーを押さえておきたいところですよね。

そこで今回は、ビジネスメールでお礼を伝える際に、他の人との差がつく、一歩先を行くマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

メールの挨拶マナー☆ビジネスシーンで押さえる基本とは

メールの挨拶マナー☆ビジネスシーンで押さえる基本とは
メールでは挨拶に当たる文章を必ずいれるのは、ビジネスメールでのマナー。友達とのメールやLINEのやり取りでは、会話の延長のような感覚が強いため、自分の名を名乗ったりわざわざ挨拶文を入れることはしませんよね。

それだけに、ビジネスメールのやり取りをしたことがない人は、「どのようなメールの挨拶文を入れるべきか全く分からない!」と言う新人も少なくありません。

メールの挨拶といっても「こんにちは」や「おはようございます」では不十分。ビジネスシーンでは、相手や相手の企業と自分の関係性によって、適切な挨拶文が変わってきます。

さらに言えば、送るタイミングによっても伝えるべきメールの挨拶文が異なってきますから、一度その基本を確認して、マナーあるビジネスメールを送りたいですよね。

そこで今回は、ビジネスシーンにおける、メールでの挨拶の伝え方を、例文を挙げながら、シーン別に7つ解説します。

[ 続きを読む… ]

訃報をメールで送る時。押さえるべき基本のマナー

訃報をメールで送る時。押さえるべき基本のマナー
訃報をメールで送る、送られる機会が近年増えてきました。訃報はメールでなくても、誰かに伝えなければならない時、どのような立場でも辛いものですよね。

特に身内が亡くなった時は、葬儀の準備等にも追われることが多いため、気持ちの整理もついてこないことが多いもの。しかし親戚や知人・友人などには、速やかに連絡をしなければなりません。

また時には、職場やサークルなどの関係者、そのご家族の訃報を「伝える立場」に立つことも考えられます。そんな時に役に立つのが訃報をメールで伝える方法。

「訃報をメールで送るのは、礼儀に反するのでは?」という声もあるかもしれません。それについては後述しますが、訃報をメールで送る方法も、適切に使えば速く確実に、しかも多くの方に情報が伝わるのです。

しかし扱う情報は訃報。メールの文面には特に気をつけるポイントは、押えたいですよね。そこで今回は、訃報をメールで送る時に押えたい、現代のマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

上司へのメール☆送信前の7つのチェック事項とは

上司へのメール☆「送信」前の7つのチェック事項とは
上司へのメールを送る時は、誰もが家族や友人とのやり取りとは違った、一種の緊張感を覚えます。直属の上司のみならず、他の部署の上司や、顔もよくわからない上司にメールを送らなければならない時などもありますよね。

内容に伝達事項が正確に盛り込まれているか、敬語の使い方はこれでいいのかなど、チェックすることもたくさんあるはず。

しかしそこまで気を配ったとしても、敬語の認識自体を間違えていたり、要領を得ない上司へのメールを送ってしまっては元も子もありませんよね。

そこで今回は、上司へのメールを送信する前にチェックしておきたいことを、7つに分けてお伝えします。印象の良いメールは、それだけであなた自身の印象もぐっと良くしてくれます。ぜひ実行してみてください。

[ 続きを読む… ]