間違えると恥ずかしい!正しいご祝儀袋の書き方

間違えると恥ずかしい!正しいご祝儀袋の書き方
ご祝儀袋の書き方をきちんと知っている人は、意外と少ないかもしれないですね。学生だったり、社会に出たばかりの人でしたら、あまり書く機会はないのではないでしょうか。「なんかキラキラしてる紐がついている封筒」位の認識の方もいるかもしれません。

ですが、社会に出たら「マナー」というものが求められます。知らなかった、誰も教えてくれなかった、では通用しないのが社会というものです。

結婚式に参加するとして、ご祝儀袋に間違った書き方をしていたら相手にも失礼ですし、社会人としては「ご祝儀袋の書き方も知らないのか」と思われ、恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

しかし、「そんなこと言われてもどうやって書けばよいの?」「そもそも、なんの為に書くの?」「何を書けばよいの?」と思う方もいるかもしれません。

そこで今回は、そんなご祝儀袋初心者の方に向けて、正しいご祝儀袋の書き方についてお伝えします

[ →続きを読む… ]

ご祝儀の書き方☆袋の選び方や表書き、7つの基礎知識

ご祝儀の書き方☆袋の選び方や表書き、7つの基礎知識
ご祝儀の書き方には、基本の正式なマナーがあります。ただ、最近では友人間など、カジュアルになりつつあるので、ご祝儀の書き方の基本を持ちつつ、TPOの使い分けが出来れば、スマートですよね。

ご祝儀の書き方以前に、ご祝儀袋には色々な種類があるのはご存知でしょうか?いざという時、どのタイプを使っていいのかわからなくなってしまう人も多いです。ご祝儀袋は入れる金額によって変わりますし、お祝い事の種類でも変わります。

最近では、とてもかわいいデザインのご祝儀袋もあります。また中袋も、ついているものいないものなど様々。購入する時にお店の人に尋ねたり、カバー袋の裏をみて、どのご祝儀袋が正しいのか確認しなければならないことも多いです。

ご祝儀の書き方は表書きも同じで、一人で贈る場合もあれば、団体で贈る場合もあります。どんな場合でも、それにふさわしいものを選んでお祝いの気持ちを届けたいですよね。

そこで今回は、ご祝儀の書き方、袋の選び方などの基礎知識を7つお伝えします。ぜひ、確認してください。

[ →続きを読む… ]

ご祝儀の書き方をおさらい☆「常識」を押さえる7つの基本

ご祝儀の書き方をおさらい☆「常識」を押さえる7つの基本
ご祝儀の書き方は、各箇所が少ないため改めて書き方を学ばなくても大丈夫だと思ってしまいますよね。しかし、ご祝儀袋は正式な冠婚葬祭の慶事の時に使うものですから、いい加減に書いて間違ってしまうと、相手に対して大変失礼にあたります。

また、逆に一言でご祝儀袋と言ってもたくさんの種類があるため、「ご祝儀の書き方を、それぞれ覚えるのは大変そうだ…。」と、最初から諦めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、大人のたしなみとして、ご祝儀の書き方くらいは知っておくべきです。

ご祝儀袋には格式の高い豪華なものから、水引やのしなどがすべて印刷されているシンプルなものまであります。これは中に入れる金額によって相応しいものを選ぶべきなのですが、基本的に書き方は共通しています。

ならば基本を押さえれば、覚えやすそうですよね。そこで今回は、ご祝儀の書き方について常識的に知っておくべき基本を7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

ご祝儀の書き方は見られている!実は間違えやすいマナー

ご祝儀の書き方は見られている!実は間違えやすいマナー
ご祝儀の書き方は、一度しっかりと覚えておくと、何かと便利です。入学祝や卒業祝い、結婚式に新築祝いなど、ご祝儀袋を渡す機会は何かと多くありますよね。

「これぐらいなら」と、ボールペンでさらさら書いているのは、実はマナー違反。ご祝儀の書き方にはご法度のものも意外と多くあります。しかし、ご祝儀袋の書き方なんて気にしたこともないし、何か決まりってあるの?そう思う人もきっといるはず。

ご祝儀袋の書き方を知らないと、間違いなのか正しいのかもわかりませんよね。ご祝儀はお祝いの気持ちですから、正しいご祝儀袋の書き方を身に着けた方が、受け取る側にもその気持ちが伝わります

そこで今回は、ご祝儀袋の書き方で守るべきマナーとは何なのか、ご祝儀袋の書き方について、間違えているマナーと正しいマナーをそれぞれお伝えします。

[ →続きを読む… ]

結婚祝い金額の目安とは?気になる相場を立場別に比較

結婚祝い金額の目安とは?気になる相場を立場別に比較

結婚祝い金額をいくら包むかは、お呼ばれした時に真っ先に考えることです。親戚や親しい友人、会社の同僚が結婚するのは、何ともおめでたいことです。お祝いの気持ちが大事と言いながら、やはり大人のマナーとして、相応の結婚祝い金額を包むべきもの…。

しかしながら特に20代・30代頃は、招待される結婚式の数が多すぎる反面、まだまだお給与もさほど多い年頃ではないため、「毎月金欠…。」なんて声も少なくありません。多すぎることなく、過不足ない結婚祝い金額を包みたいものです。

では実際、結婚祝いの金額は、どのくらい包めば良いのでしょうか?

結婚祝い金額を決める際に難しい点は、兄弟姉妹、いとこ、友達、叔父叔母など、立場によって、また新郎新婦との関係性によって、変わってくる点です。そこで今回は、大人になるとなかなか人には聞けない、結婚祝い金額の立場別の相場をお伝えします。

人に聞きにくい、迷ってしまう…。そんな時は本記事で確認してから決めてください。

[ →続きを読む… ]