結婚式のご祝儀☆聞きにくい相場を立場別にご紹介!

結婚式のご祝儀☆聞きにくい相場を立場別にご紹介!

結婚式のご祝儀相場は、参加するゲストにとっては気になります。結婚式は新郎新婦にとって人生の一大イベント!それだけに出席するゲスト側も着ていくドレスを用意したり、当日はヘアセットに行ったり…。事前に色々と準備が大変でしょう。

ご祝儀もその1つ。結婚式当日に慌てないためにも、事前にきちんと準備しておく必要があります。また最近はご祝儀袋の種類もとても豊富に販売されているため、どんなご祝儀袋をにするのか、表書きはどうするのか…、と頭を悩ませている人も多いはず。

ご祝儀に関する悩みがたくさんあるなかで、一番難しいのは結婚式のご祝儀相場ではないでしょうか。

多く包みすぎて結婚式のご祝儀相場からかけ離れても、新郎新婦の2人に負担をかけてしまいます。一方で結婚式のご祝儀相場よりも少ない金額だと、失礼にあたります。一体結婚式のご祝儀相場はいくらなのか、独断では判断が難しいところ。

かといって、「いくら包んだの?」と周りの人にも聞けない…。そんなあなたの悩みを解決するために、今回は結婚式のご祝儀相場について、5つの立場別にお伝えします



 

結婚式のご祝儀☆
聞きにくい相場を立場別にご紹介!

 

友人の結婚式のご祝儀相場


人生の中でも何度か結婚式に参加する機会があると思いますが、中でも友人の結婚式に参加する回数が一番多いのではないでしょうか。もちろん、親しい間柄でもご祝儀はというけじめは大切ですが、無理は禁物です。

【友人の結婚式のご祝儀相場】

・ 一般的に友人の結婚式のご祝儀の相場は3万円だと言われています。
・ お祝儀に偶数はタブーながら「対」の2万円を出す人々も増えています。

昔ながらの結婚式のご祝儀相場で言えば、奇数の3万円が妥当なのですが、その時のお財布事情は人それぞれです。このように最近は「対」という意味を込めて2万円をご祝儀にお包みする方も多いです。

 

兄弟姉妹の結婚式のご祝儀相場


兄弟姉妹の結婚式のご祝儀相場は、あなたが兄や姉という年上の立場なのか、弟や妹という年下の立場なのか、またあなたが独身なのか結婚しているのかによってもご祝儀の金額は変わってきます。

【兄弟姉妹の結婚式のご祝儀相場】

・ 兄や姉への結婚式のご祝儀相場は、1万円(学生など)~3万円
・ 妹や弟への結婚式のご祝儀相場は、3万円~5万円
・ あなたが既婚者で兄や姉へのご祝儀は、3万円~10万円
・ あなたが既婚者で弟や妹へのご祝儀は、5万円~10万円

このように、兄弟の結婚式のご祝儀の相場は3万円から10万円です。3万円という相場を目安に、家族や新郎新婦本人に相談しながら金額を決めてください。金額が大きく違いますが、兄弟姉妹間の結婚式のご祝儀相場は、地域差が大きいのも特徴です。

 

いとこの結婚式のご祝儀相場


・ いとこの結婚式のご祝儀相場は3万円から10万円です。

ただし、いとこの結婚式という親族間のお付き合いの中で、あなたが用意したご祝儀だけ多すぎても少なすぎても少し居心地が悪いもの。ですので、いとこの結婚式にご祝儀を用意する場合は、事前に家族や親族の方に相談しておきましょう。

・ いとことのお付き合いの深さによって、結婚式のご祝儀相場が変わります。

これは他の関係性でも言えることですが、特にいとこに関しては、自分や自分の兄弟の結婚式にそのいとこが参加している場合には、注意が必要です。そのいとこがご祝儀にどれだけ包んだかを確認し、同じ金額を包むのが基本的なマナーです。

自分の兄弟の結婚式に参加していた場合、ご祝儀の確認ができていないケースが多いので、一度兄弟に連絡して聞いてみると良いでしょう。

 

職場の同僚の結婚式のご祝儀相場


職場関係の方の結婚式へのご祝儀が意外と難しいもの。その後も一緒に仕事をしていく間柄なら、なおのこと気を遣います。

・ 一般的に同僚へのご祝儀の相場は3万円です。

同じ会社の同僚だからこそ経済状況を理解し合える立場にあるとも言えますが、社会人としての立場を重視して3万円という金額をご祝儀に用意する方が多いのが現実です。

非常に難しいところですが、「職場関係者は3万円。」と一律で決めておき、それを基準として包むと他の関係者とのバランスも取れて、後々心配はないでしょう。

 

職場の上司の結婚式のご祝儀相場


普段お世話になっている職場の上司の方へのご祝儀。少し無理をしてでも多くお包みしたい…、そう考えているあなたは要注意。

もちろんあなたのその心遣いは素晴らしいのですが、あなたよりも会社の中で上の立場にいる方がその結婚式に参加している場合、部下のあなたが高額のご祝儀をお渡ししてしまうとどうでしょう?その方の顔をつぶしてしまいます

ですので、職場の上司の結婚式でご祝儀をお包みする場合は相場の3万円という金額にしておいた方が良いでしょう。

・ 職場の上司への結婚式のご祝儀相場も3万円です。

 

ご祝儀袋の「格」にも要注意


あなたと新郎新婦との関係によってご祝儀の金額は異なってきますが、1つ注意しておきたいのはご祝儀袋の「格」です。

・ ご祝儀袋とその中に入れる金額とは釣り合いが取れていなければなりません。

華やかにしたいから!という理由で、格の高い豪華なご祝儀袋を選ばないように注意してくださいね。ご祝儀袋はお包みする金額の目安ともなるのです。

 

いかがでしたでしょうか。今回は人にはなかなか聞けない、結婚式のご祝儀相場についてお伝えしました。経済事情は人によってさまざまですので、ご祝儀があなた自身に負担になってしまうと困ってしまいます。

かといって「気持ちだけ…」とはいかないのが、ご祝儀の難しいところ。お包みした金額で足りているのか、他のゲストの方がいくらくらいのご祝儀をお包みしたのか、気になってもやはりなかなか聞けません。

今回お伝えした立場別の結婚式のご祝儀相場は、そんな不安をぬぐうための1つの目安になります。ただし新郎新婦との関係や、あなたの立場や年齢によってもご祝儀の金額は変わってきますので、これらの相場を目安に、無理のない範囲でご祝儀を用意なさってください。

周囲のゲストと多少のズレがあったとしても、非常識の範疇にはならないでしょう。

 

まとめ

包む前におさえておきたい、結婚式のご祝儀金額相場

・友人の結婚式なら「対」の2万円~3万円
・兄弟の結婚式では、3万円~10万円を目安に相談
・いとこの結婚式では、周囲の親戚に相談して決める
・職場の同僚へのご祝儀は3万円が一般的
・職場の上司へのご祝儀も3万円でムリをしない
・ご祝儀の金額に合わせたご祝儀袋を用意する