恥をかかない正しいご祝儀袋の書き方

恥をかかない正しいご祝儀袋の書き方
結婚式や披露宴での必需品であるご祝儀袋ですが、書き方がわからないという時がありますよね
。特に初めての場合は、表には何を書けばよいのか、裏にも何か書くことがあるのか、初めてのご祝儀袋はわからないことだらけです。

また、自分の名前だけならまだしも、友達同士の連名や会社名でのご祝儀袋にも、きちんとした書き方があるのですが、そこまで知っている人は少ないかもしれません。

結婚や披露宴に出席したとき、まず受付で渡すのがご祝儀袋です。ここで、しっかりとした書き方ができていないと、受付の人にも陰で笑われてしまいますし、結婚した二人にも常識のない人だったのかと失望されてしまうことでしょう。

そこで今回は、ご祝儀袋の書き方で恥ずかしい思いをしないよう、正しいご祝儀袋の書き方についてお伝えします。



 

恥をかかない
正しいご祝儀袋の書き方

 

表書きの上段の書き方


近頃のご祝儀袋には表書きが印刷されていることが多いですが、表書きにも書き方があります。表書きの上段を手書きで書くという場合には、文字数は縁起がよいとされる奇数で書くようにしましょう「寿」、「壽」、「御結婚御祝」などが奇数の文字になります。「御結婚御祝」と書くときは、御結婚の文字を右上にやや小さく書き、御祝の二文字を中央に大きめに書くようにしてください。

筆記用具は、筆または筆ペンを使用し、濃い墨で楷書でしっかりと書きましょう。ボールペンなどの事務用の筆記用具は、お祝い事には向いていないので使ってはいけませんよ。もし、文字が苦手という人でも、心を込めてしっかりと書いてくださいね。

 

表書きの下段の書き方


下段には名前を書きます。上段と同じように楷書で書くようにし、文字の大きさは上段よりもやや小さめに書きます。個人でしたら、自分の名前を下段の中心に書きましょう

ご祝儀袋を連名で贈るときの書き方ですが、代表となる人の名前を下段の中央に書くということが基本になります。

二人での連名でしたら年上の人の名前を中央に書きます。夫婦の場合は、夫の名前を中央に書き、妻の名前は姓を書かずに名だけを書きます。夫婦別姓のときは、奥さんもフルネームで書くこともありますので、状況に合わせて書くようにしてください。

そして、友達同士などの多人数での連名の場合ですが、三人のときは五十音順で書きましょう。四人以上になるようでしたら、代表者の名前を中心に書き、その右側に「外一同」と書きます。そして、別紙に全員の名前を書いて中袋に同封しましょう。もし、会社名を入れるならば、氏名の右上に小さめに書いてくださいね。

 

中袋の書き方


中袋はお金を包む袋ですので、表には包んだ金額を書き、裏には自分の住所と氏名を書きます

表には、一万円包んだとしたら、「金 壱萬円」と縦に書きます。数字は、壱、弐、参、伍と漢数字の旧字体で書きましょう。最近のご祝儀袋では、中袋にも必要な項目が印刷されている場合があります。もしも、印刷されているものが横書き用でしたら、数字は算用数字で問題ありません。

裏の住所は、郵便番号から書き始め、住所、氏名を書きます。郵便の封筒とは違い、郵便番号も住所と同じように縦書きで書くようにしてください。

 

ご祝儀袋の書き方以外のマナー


ご祝儀袋の書き方がわかったところで、ご祝儀袋のマナーについて簡単にお伝えします。ご祝儀袋の書き方と合わせて大切なことですので、新郎新婦に渡す前にしっかりと確認しておきましょう。

ご祝儀袋は金銀、または紅白の水引で、ほどけないあわじ結びという水引になります。蝶結びなどの水引だと、ほどくことができるなど、別れを暗示するものがあるので、結婚祝いには不向きのものとなります。また、包む金額によってご祝儀袋も変わりますので注意してください。包む金額が多くなるにつれて、ご祝儀袋も装飾が豪勢になっていきます。また、お金を包み終えたら、ちゃんと上包みにしましょう。ご祝儀袋の下の折り返しが上の折り返しの上になるように包んでください。

そして、包むお金は新札です。折り目やしわがあるお札は使わず、手元に新札がない場合は銀行に行って新札に交換してもらってから包みましょう。

ご祝儀袋を持っていくときは、袱紗に包んで持っていきます。袱紗がない時は、ハンカチなどで代用しても大丈夫ですので、しっかりと包んで持っていくようにしましょう。

 

いかがでしたか。歳を重ねれば、結婚の報告は増えていきます。大切な人の幸せをお祝いするために用意するご祝儀袋ですから、書き方もしっかりとマスターして、幸せをお祝いしたいですよね。

表の下段の書き方は、少し難しいかもしれませんが、どう書くのかを別の紙などで下書きをしてから書けば間違えずに書くことができます。筆や筆ペンは普段使うことがありませんから、こちらも何度か練習してからご祝儀袋を書くといいですよ。中袋にも、金額や住所を書くことを忘れないようにしましょう。

文字を書くのが苦手という人もいるかと思いますが、大切なのは心を込めて書くことです。また、ご祝儀袋の書き方以外にも気を付ける点がありますので、これらのことにも注意し、心を込めたご祝儀袋を贈ってください。

まとめ

正しいご祝儀袋を書くために気を付けることは

・書くときは濃い墨の筆か筆ペンで書く
・表の上段には奇数で「寿」、「御結婚御祝」と書く
・表の下段には中央から名前を書き始め、人数によって書き方が変わる
・中袋は表に金額、裏に送った人の住所と名前を書く
・ご祝儀袋の水引はあわじ結び、お札は新札を包む