訃報をメールやLINEで伝えるのはあり?注意したい5つの事

訃報をメールやLINEで伝えるのはあり?注意したい5つの事
「訃報」をメールあるいはLINEで送っても、果たして良いものだろうか…ということに関しては意見が分かれそうですよね。どちらも素早く情報を送ることができ、電話と違っていつでも時間のある時に読んで貰えるという利点がありますが、何しろ訃報は「とても重要で、かつ心理的にも重たい情報」です。あまりにもメールやLINEが私たちにとって身近な通信手段になってしまったので「こんな伝え方では失礼なのでは?」と思っても無理はありません。

結論から申しますと、訃報はメールやLINEで伝えても基本的には失礼にはあたりません。しかし実際に送信する時には、いくつかの点に十分注意をする必要があります。そこで今回は、訃報をメールやLINEで送る際の注意点についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

電報でのお悔やみの伝え方。押さえておきたいマナーとは

電報でのお悔やみの伝え方。押さえておきたいマナーとは
電報でお悔やみを伝える弔電、やむを得ない事情で葬儀に参列できない時に送るものですよね。本来は葬儀に参列して、直接伝えるべきお悔やみの言葉を伝えたいだけに、葬儀で喪主の方にかける言葉と同じように、丁寧でかつマナーを守った文面にしたいもの…。

しかし、日頃の連絡手段がLINEやメールが一般的になってきた現代では、電報でお悔やみを伝えたことがない、どころか、「そもそも、電報を利用した事すらない!」という方も多いのではないでしょうか。

そうなると、初めて送る電報でお悔やみの言葉を伝えるのは、特に緊張しますし、どんな内容にすべきか迷ってしまう方も多いですよね。

そこで今回は、電報でお悔やみを伝える時のマナーや、一般常識について、押さえておきたいポイントを6つに分けてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お悔やみをメールで伝える。押さえておきたい5つの心得

お悔やみをメールで伝える。押さえておきたい5つの心得
身近な人や仕事関係の人の訃報が、不幸にも届いてしまった時に、取り急ぎでお悔やみをメールで伝えて良いのか迷いますよね。結論から言いますと、お悔やみは直接会って伝えるのが本来の姿になりますが、故人との関係や状況次第では、お悔やみをメールで伝えても問題はありません

ただし、メールで送ってはいけない相手もいますので、あくまで特別なケースであることを認識しておいて下さい。条件によってはお悔やみをメールで伝えてよいと分かっても、どのような文面を送ればよいのか、使ってはいけない言葉があるのかなど、まだまだ迷いは尽きません。

相手や文面を間違えしまうと、とても失礼なことになりますので、メールを送る時はくれぐれも注意しましょう。

そこで今回は、お悔やみをメールで伝える時に押さえるべき5つの心得をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お悔み電報のマナーとは。押さえる基本の言葉遣いと例文

お悔み電報のマナーとは。押さえる基本の言葉遣いと例文
お悔やみ電報は、葬儀に参列できない時、お悔やみの言葉を直接伝えられない代わりに送ることが出来るため、助かりますよね。

ただ、葬儀には参列のマナーがあるように、お悔やみの言葉を伝える時にもマナーがあります。とくにお悔やみ電報で言葉を送る時には、失礼がないように細心の注意を払わなければいけません。

口から言葉で発すると相手にニュアンスまで伝えることができても、書面で活字にするとそっけなくなってしまったり、自分が意図したニュアンスが十分に伝わらないこともあるはず。

ですから、お悔やみ電報では、意図しない誤解を与えないために、言葉遣いと言い回しには気を付けなくてはいけないのです。

しかし、お悔やみ電報を一度も送ったことがない人は、どう気を付けなければいけないかがわからないですよね。そこで今回は、お悔やみ電報のマナーで抑えるべき、言葉遣いと例文のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

【シーン別】遺族に伝えるお悔やみの言葉6選

【シーン別】遺族に伝えるお悔やみの言葉6選
お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み、そして悲しんでいる遺族をいたわる為に重要なものです。ですが、突然の訃報で遺族に何と言葉をかけたら良いのかわからず、戸惑ったことがあるのではないでしょうか。

お通夜や葬儀で深い悲しみを感じている遺族へのお悔みの言葉は、まさに「かける言葉も見つからない」状態になるかもしれません。自分自身も悲しみを感じ動揺してしまうと頭が真っ白になってしまうでしょう。だからと言って遺族に会ったのに何も言わないで帰るなんてことはできませんよね。実はお悔やみの言葉には定番の言い回しやフレーズがあるのをご存知でしょうか。あまりにも気を遣いすぎて逆に無神経な言葉などを言ってしまわないように、定番の言葉や最低限のマナーは覚えておきたいものです。

そこで今回は、シーン別で知っておきたい遺族に伝えるお悔やみの言葉6選をお伝えします。

[ 続きを読む… ]