お悔やみのメールを送る時。心遣いが伝わる7つの例文

お悔やみのメールを送る時。心遣いが伝わる7つの例文
お悔やみをメールで伝えるのは、マナーの上では正式なものではありません。訃報の知らせが入った時、通夜・告別式に参列できない場合はメールではなく、お悔やみの手紙を添えて香典を郵送します。

取引先や社員の家族の通夜・葬儀告別式に参列できない場合は、弔電を送るようにするのが本来のマナー。

ただ、そういった事を理解したうえで、親しい間柄であれば、お悔やみをメールで伝えることは、すぐに送ることができますし、相手も空いた時間でメッセージを見ることもできて、ひとつの配慮にもなります。

もちろん、大変な時期のとても便利なコミュニケーション手段にもなり得るのです。お付き合いの度合いにより、お悔やみのメールによって励まされたり、心に寄り添う内容であればありがたいものにもなります。時と場合によって、使い分けたいですよね。

そこで今回は、メールを送る時、相手の心に寄り添うような心遣いが伝わる例文を7つお伝えします。参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは
お悔やみの言葉を、お通夜やお葬式で、親族を亡くされたばかりの方に伝えるとき、何と言っていいのか言葉に詰まってしまう事ってありますよね。日頃何気ない会話をしている間柄でも、普段と同じように話をするのはちょっと違います。

弔事での話し方に「お悔やみの言葉」があります。悔やみとは、人の死を悲しみいたむという意味。弔事でよく耳にする、「お悔やみ申し上げます」の一文には悔やんでも悔やんでも、悔やみきれないと言う思いが込められています。

このように、弔事でよく耳にする言葉など、いろいろな場面別に知っておくといざという時心を込めて伝えることができ、困らなくて済みますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉の基本例文場面別にお伝えします。ぜひ、参考にして、心が伝わるお悔やみの言葉を送ってください。

[ →続きを読む… ]

お悔やみもメールで送る時代。温度が伝わるマナーと例文

お悔やみもメールで送る時代。温度が伝わるマナーと例文
お悔やみをメールで伝えることが、最近では多くなりました。時代の変化を感じますが、確かに相手が時間を気にせず確認できるなど、伝えられる側のメリットもありますよね。

いつもメールでやり取りしている間柄であれば、違和感のない伝えるツールなのかもしれません。

そもそもお悔やみの言葉とは、故人を悼み遺族の方におくる言葉のことを言います。お通夜や告別式などにかけつけ、直接会ってお悔やみを伝えたり、会えない場合には手紙とともに御霊前を送る、というのが基本的なお悔やみの伝え方です。

そんななかで、ご遺族と自分の関係性などを考慮して、メールでお悔やみの言葉を伝える場合には、自分の寄り添う気持ちをきちんと伝えることが、最も大切で難しくもあります。

お悔やみのメールは、顔や高揚が伝わらないだけに、冷たく感じてしまう場合もあるからです。お悔やみはメールであっても、手紙であっても、心からの真心を添えたいですよね。

そこで今回は、お悔やみをメールで伝える時、温度を感じる伝え方のマナーや例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー
お悔やみをメールで伝えなくてはいけない場面では、どのような文章で送ればいいか悩みますよね。相手は、家族を亡くしたばかりですから、デリカシーのない内容やマナーが悪いメールの送り方をしてしまうと、相手を傷つける可能性があります。

訃報の連絡を喪主や遺族の方から直接受けた場合には、その時にお悔やみの言葉を伝えることができますが、人伝いに聞いた場合には、直接伝えることができません。

また、すぐにお悔やみの挨拶をしに、喪主の家まで足を運ぶことができないような場合では、お悔やみをメールで伝えることもあります。

そこで今回は、お悔やみをメールで伝える場合に、どのようなスタンスで送ればいいのか、また、メールを作成する上で押さえておかなくてはいけないポイントを7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉を送る時。伝えるべきマナーと7つの心遣い

お悔やみの言葉を送る時。伝えるべきマナーと7つの心遣い
お悔やみの言葉を手紙にして伝えることは、多くの方にとってあまり経験のないことですよね。

この場合の手紙は「略式の挨拶」とされています。やむを得ない事情で通夜・葬儀・告別式に参列できない時に「弔問の代わりに」書き、遅くとも初七日までに、それを過ぎてしまってから訃報を耳にした場合は、なるべく早く届くように送るのがマナー。

ですからお悔やみの言葉は、思ったことをありのままに書くのではなく、受け取る側=遺族の心情に気遣ったものでなければなりません。とは言え、繊細な場面だけに、お悔やみの言葉選びは、とても迷いますよね。

そこで今回は、手紙に記す時に伝えるべきお悔やみの言葉の例文と、それに伴う7つの心遣いをお伝えします。そして、このような形式の手紙にある、さまざまな書き方の「ルール」もお伝えしますので、ぜひこの機会にご確認ください。

[ →続きを読む… ]