お悔やみ

ビジネスマナー

訃報をメールやLINEで伝えるのはあり?注意したい5つの事

「訃報」をメールあるいはLINEで送っても、果たして良いものだろうか…ということに関しては意見が分かれそうですよね。どちらも素早く情報を送ることができ、電話と違っていつでも時間のある時に読んで貰えるという利点がありますが、何しろ訃報は「とても重要で、かつ心理的にも重たい情報」です。あまりにもメールやLINEが私たち...
葬式マナーについて

電報でのお悔やみの伝え方。押さえておきたいマナーとは

電報でお悔やみを伝える弔電、やむを得ない事情で葬儀に参列できない時に送るものですよね。本来は葬儀に参列して、直接伝えるべきお悔やみの言葉を伝えたいだけに、葬儀で喪主の方にかける言葉と同じように、丁寧でかつマナーを守った文面にしたいもの…。 しかし、日頃の連絡手段がLINEやメールが一般的になってきた現代では、...
葬式マナーについて

お悔やみをメールで伝える。押さえておきたい5つの心得

身近な人や仕事関係の人の訃報が、不幸にも届いてしまった時に、取り急ぎでお悔やみをメールで伝えて良いのか迷いますよね。結論から言いますと、お悔やみは直接会って伝えるのが本来の姿になりますが、故人との関係や状況次第では、お悔やみをメールで伝えても問題はありません。 ただし、メールで送ってはいけない相手もいますので...
葬式マナーについて

お悔み電報のマナーとは。押さえる基本の言葉遣いと例文

お悔やみ電報は、葬儀に参列できない時、お悔やみの言葉を直接伝えられない代わりに送ることが出来るため、助かりますよね。 ただ、葬儀には参列のマナーがあるように、お悔やみの言葉を伝える時にもマナーがあります。とくにお悔やみ電報で言葉を送る時には、失礼がないように細心の注意を払わなければいけません。 口から言...
葬式マナーについて

【シーン別】遺族に伝えるお悔やみの言葉6選

お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み、そして悲しんでいる遺族をいたわる為に重要なものです。ですが、突然の訃報で遺族に何と言葉をかけたら良いのかわからず、戸惑ったことがあるのではないでしょうか。 お通夜や葬儀で深い悲しみを感じている遺族へのお悔みの言葉は、まさに「かける言葉も見つからない」状態になるかもしれません...
ビジネスマナー

お悔みの言葉をビジネスメールで送る際の5つの注意点

訃報の際に、お悔みをメールで伝えなければいけない状況は出てくるものです。特に仕事をしている方は取引先の方が亡くなったりすると、訃報を受ける機会が増えてしまいますよね。お悔みは直接申し上げるべきものであり、それをメールで行うという事は本来避けるべきですが、どうしてもお葬式に伺えない場合、お悔みをメールにて申し上げる事...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉をメールで。知っておきたい7つのこと

お悔やみの言葉をメールで伝えるのは、マナーとして良いのかどうか…、新しい連絡手段だけに、悩むところですよね。最近では訃報の連絡自体を、メールで受け取ることもあります。 故人の家族に対するお悔やみの言葉、メールではなく、本来直接顔を合わせて行うものですが、住んでいる場所・予定・関係性によっては、お悔やみの言葉を...
社会人としてのマナー

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは

お悔やみの言葉をメールで送るのはありかなしか、悩むことってありますよね。親しい友人や同僚、親戚であればなおさら、すぐにでも気遣って連絡を取りたいという気持ちなりますから、そんな時にメールはとても便利なツールです。 しかし、お悔やみの言葉は、昔から本来直接出向いて伝えたり、お悔やみ状や弔電で贈るものとされていま...
弔電マナーについて

お悔やみメールで気を付けなければならない5つの事柄

友人などから訃報の知らせが届くとお悔やみを伝えるものですが、すぐに駆け付けられない場合など、メールでお悔やみを送ろうかなと考えることがありますよね。けれど、本来は直接会ったときにお悔みを伝えるものなのに、メールでもよいのだろうかと悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。 相手との間柄や状況によっては、お悔...
弔電マナーについて

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー

大事な家族を亡くした遺族の悲しみはとても計り知れないものがあり、塞ぎ込んでしまう方も多くいらっしゃいますが、そんな時にお悔やみの手紙を送って励ましたり、慰めたりするのはとても大切なことですよね。 故人の訃報を聞いたけれども遠方で行けない場合や、他の事情があって駆けつけられない場合、また葬儀を身内だけで済ませる...
葬式マナーについて

お悔やみメールの基礎知識。上司や友達、立場別例文集

お悔やみのメールを出す場面に直面したとき、一体どんな言葉を選べばいいのでしょうか。お悔やみのメールは頻繁に送るものではありませんが、いざ送るとなると戸惑うことも多いですよね。 また、お悔やみのメールは、会社の上司に送ることもあれば、同僚や友人に送ることもあります。もちろん基本的に伝えるべきポイントは同じですが...
葬式マナーについて

お悔やみのメールを送る時。心遣いが伝わる7つの例文

お悔やみをメールで伝えるのは、マナーの上では正式なものではありません。訃報の知らせが入った時、通夜・告別式に参列できない場合はメールではなく、お悔やみの手紙を添えて香典を郵送します。 取引先や社員の家族の通夜・葬儀告別式に参列できない場合は、弔電を送るようにするのが本来のマナー。 ただ、そういった事を理...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは

お悔やみの言葉を、お通夜やお葬式で、親族を亡くされたばかりの方に伝えるとき、何と言っていいのか言葉に詰まってしまう事ってありますよね。日頃何気ない会話をしている間柄でも、普段と同じように話をするのはちょっと違います。 弔事での話し方に「お悔やみの言葉」があります。悔やみとは、人の死を悲しみいたむという意味。弔...
葬式マナーについて

お悔やみもメールで送る時代。温度が伝わるマナーと例文

お悔やみをメールで伝えることが、最近では多くなりました。時代の変化を感じますが、確かに相手が時間を気にせず確認できるなど、伝えられる側のメリットもありますよね。 いつもメールでやり取りしている間柄であれば、違和感のない伝えるツールなのかもしれません。 そもそもお悔やみの言葉とは、故人を悼み遺族の方におく...
葬式マナーについて

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー

お悔やみをメールで伝えなくてはいけない場面では、どのような文章で送ればいいか悩みますよね。相手は、家族を亡くしたばかりですから、デリカシーのない内容やマナーが悪いメールの送り方をしてしまうと、相手を傷つける可能性があります。 訃報の連絡を喪主や遺族の方から直接受けた場合には、その時にお悔やみの言葉を伝えること...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉を送る時。伝えるべきマナーと7つの心遣い

お悔やみの言葉を手紙にして伝えることは、多くの方にとってあまり経験のないことですよね。 この場合の手紙は「略式の挨拶」とされています。やむを得ない事情で通夜・葬儀・告別式に参列できない時に「弔問の代わりに」書き、遅くとも初七日までに、それを過ぎてしまってから訃報を耳にした場合は、なるべく早く届くように送るのが...
葬式マナーについて

お悔やみの手紙を書く時。相手へ真心が伝わる基本マナー

お悔やみの手紙は、葬儀に出席できない場合や弔問に伺えないときに出す手紙のことです。そのため、実は「お悔やみの手紙を書いたことがない。」という人も多いですよね。 このお悔やみの手紙を書くときは、受け取る人の心中を察して真心を込めて書くことが大切です。また、お悔やみの手紙には使用してはいけない言葉もありますので、...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉の伝え方。相手の心を思いやる7つの配慮

お悔やみの言葉を伝える場面は様々です。電話で訃報を知らされる場面や葬儀でご遺族に挨拶をする場面、また、葬儀が終わって人伝いに聞いてご遺族の自宅に弔問する場面など、お悔やみの言葉をご遺族に伝える時は相手の気持ちに配慮したいですよね。 お悔やみの言葉をご遺族に伝えるのは、相手との関係性がどのようなものでも緊張する...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉に込める心遣い。まず意識したい7つの配慮

お悔やみの言葉を口にする機会は、人であれば誰にでも訪れる可能性があるものです。お悔やみの言葉を口にする人がいるということは、その言葉を受け取る人がいるということ。 お悔やみの言葉を受け取る人は、もちろんご遺族です。ご遺族は大切な人を亡くされて、とても悲しんでおられます。そんな時、なんとなく口にしたお悔やみの言...
タイトルとURLをコピーしました