お悔みの言葉をビジネスメールで送る際の5つの注意点

お悔みの言葉をビジネスメールで送る際の5つの注意点
訃報の際に、お悔みをメールで伝えなければいけない状況は出てくるものです。特に仕事をしている方は取引先の方が亡くなったりすると、訃報を受ける機会が増えてしまいますよね。お悔みは直接申し上げるべきものであり、それをメールで行うという事は本来避けるべきですが、どうしてもお葬式に伺えない場合、お悔みをメールにて申し上げる事があります。それも今では礼儀の1つとされていますが、その中には当然ながらいくつかのマナーがあります。特に仕事上では失礼があってはなりませんから、なおさら気を配る必要性が出てくるものです。

そんな大切な方へのお悔みのメールは、正しい形で送ることで、故人が素晴らしい方だったという事をお伝えすることが出来、遺族の方や送り先の所属団体の方にも励みにしていただける事が出来るもの。取引先の方との関係も更に厚くなります。そこで今回はお悔みの言葉をビジネスメールで送る際の5つの注意点についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉をメールで。知っておきたい7つのこと

お悔やみの言葉をメールで。知っておきたい7つのこと
お悔やみの言葉をメールで伝えるのは、マナーとして良いのかどうか…、新しい連絡手段だけに、悩むところですよね。最近では訃報の連絡自体を、メールで受け取ることもあります。

故人の家族に対するお悔やみの言葉、メールではなく、本来直接顔を合わせて行うものですが、住んでいる場所・予定・関係性によっては、お悔やみの言葉をメールで伝えても、問題がない事も増えてきました。

しかしながら、お悔やみの言葉をメールで伝えるのは、とてもナイーブ。直接顔を合わせるより、お悔やみの言葉をメールで伝えて文章を残すだけに難しく、迷うケースも多々ありますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉をメールで送る際の注意点を、解説します。お悔やみの言葉をメールで送るケースや、その時に気を付けるべきマナー、ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは
お悔やみの言葉をメールで送るのはありかなしか、悩むことってありますよね。親しい友人や同僚、親戚であればなおさら、すぐにでも気遣って連絡を取りたいという気持ちなりますから、そんな時にメールはとても便利なツールです。

しかし、お悔やみの言葉は、昔から本来直接出向いて伝えたり、お悔やみ状や弔電で贈るものとされていました。そのため、お悔やみの言葉をメールで贈るのは失礼に当たります。

ところが、直接相手の家に行けない、葬儀にも行けないという場合には、いったんメールで連絡を取るのは有効な手段とも思えますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉をメールで伝える時に注意すべきことや、マナーを実践する上で重要となる心得を、7つのポイントに分けて解説します。

[ →続きを読む… ]

お悔やみメールで気を付けなければならない5つの事柄

お悔やみメールで気を付けなければならない5つの事柄
友人などから訃報の知らせが届くとお悔やみを伝えるものですが、すぐに駆け付けられない場合など、メールでお悔やみを送ろうかなと考えることがありますよね。けれど、本来は直接会ったときにお悔みを伝えるものなのに、メールでもよいのだろうかと悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

相手との間柄や状況によっては、お悔やみをメールでも送ることができます。それでも、「お悔み申し上げます」のほかにどのような文章を書いてお悔やみのメールを送ればよいのかわからなかったりと、メールとはいえ、お悔やみを送るのは難しい面もあります。

大切な人を亡くし、落ち込んでいるであろう相手に送った自分のメールで更に落ち込ませないためにも、お悔やみメールの大切なポイントを知っておきたいですよね。

そこで、今回はお悔やみをメールで送るときに気を付けるべき5つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー
大事な家族を亡くした遺族の悲しみはとても計り知れないものがあり、塞ぎ込んでしまう方も多くいらっしゃいますが、そんな時にお悔やみの手紙を送って励ましたり、慰めたりするのはとても大切なことですよね。

故人の訃報を聞いたけれども遠方で行けない場合や、他の事情があって駆けつけられない場合、また葬儀を身内だけで済ませるケースも増え、後で訃報を知らされるということも少なくありません。このような場合は、お悔やみの手紙を送ることになりますが、どのタイミングで送ってよいものか、どのようなことを書けばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、急な訃報を受けてお悔やみの手紙を送ることになった場合でも慌てないように、お悔やみの手紙を送る時のマナーと書き方のコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]