引っ越したい!と思ったら☆まず最初に行う7つのステップ

引っ越したい!と思ったら☆まず最初に行う7つのステップ
「引っ越したい!」と思うこと、誰にでも一度はあるものですよね。新しい街で、新しいことを始めてイキイキと暮らせたら、こんなに良いことはありません。

ただ、一度でも引っ越し経験のある方ならおわかりかと思いますが、引っ越しをするには心身とも膨大なエネルギーを費やすことになります。

心身だけではなく、どんなに切り詰めてもある程度のお金はかかりますし、手続きや不要品の処分などで時間も費やします。そして引っ越し後の新しい生活も、軌道に乗るまでが大変だったりします。

などとややネガティブなことを述べてしまいましたが、そこまで様々なものを費やすのですから、覚悟を決めればその分新しい物事が流れ込み人生が好転する、よいきっかけになるかもしれません。

スムーズな新生活のスタートを切るために、スムーズな引越しは不可欠!そこで今回は、「引っ越したい!」と思ったらまず試したい、7つのステップをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

正しい敬語の使い方☆間違えやすい5つの場面で確認!

正しい敬語の使い方☆間違えやすい5つの場面で確認!
大人になると、敬語の使い方って気になりますよね。例えば「すみません」という言葉があります。実は目上の人には失礼になるのですが、そのことを知らずに使っている方も多いのではないでしょうか。この場合、目上の方への正しい敬語の使い方は「申し訳ありません」となります。

また逆に、慎重になりすぎて、丁寧に丁寧を重ねてしまうと、変な文章になります。例えば「ご覧になられます」の「ご覧になる」と「られる」は、どちらも尊敬語になり、二つ使うと二重敬語となってしまい、正しい敬語ではありません。この場合「ご覧になります」が正しいです。

このように、正しいと思って使っている敬語でも実は間違えていることが結構あるものです。ではこうした敬語の使い方には、他にどのようなものがあるのでしょうか。

そこで今回は、間違えやすい敬語の使い方を場面別にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

プレゼントを彼氏に贈るなら☆二人の仲が深めるアイデア

プレゼントを彼氏に贈るなら☆二人の仲が深めるアイデア
プレゼントを彼氏に贈るとしたら、彼氏の好きなものや、趣味に合わせたアイテムが一番ですよね。ただ、毎回マンネリ化しているなら、今度のプレゼントは彼氏とよりいっそう絆を深めることができるもの、を意識して選んでみるのも一案。

…とは言っても、特に難しいことはありません。ただ彼の好みに寄り添うのではなく、さらに興味を深められるものだったり、痒い所に手が届くようなものなら、特別な品物ではなくても大丈夫!

大切なのは、あなたの彼氏を思いやるやさしい気持ち。彼の毎日にさりげなく寄り添うプレゼントを彼氏に贈れば、自然と絆も深まるもの。

そこで今回は、男性がもらって嬉しいと好評のアイテムから、二人の絆が深まったとの感想が多い、プレゼントアイデアをお伝えします。これをヒントに、あなたらしいプレゼントを彼氏に選んでみてください。

[ 続きを読む… ]

初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー

初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー
お通夜のマナーってどんなことがあるの?急なことだからわからない!という方も多いですよね。もちろん前もってわからないのがお通夜やお葬式。初めてお通夜に参列となると困ってしまうことでしょう。

本来お通夜は、遺族や知人が集まり、終夜を徹して線香をたき、故人との別れを惜しむ儀式とされていました。近年は、告別式に出席できない人にも、故人との別れができるように半通夜というもが増えてきています。お通夜のマナーを知って、慌てることなく故人のお悔やみを心より伝え、お見送りをしましょう。

そこで今回は、不祝儀袋とはどんなものなのか、服装やお通夜の金額の相場、受付のマナーやお焼香の仕方など、初めての急なお通夜に参列する時に、社会人なら必ず知っておきたいお通夜のマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

平服とは何?法事で案内されても安心できる、5つのマナー

平服とは何?法事で案内されても安心できる、5つのマナー
平服とは言っても、どんな服までが失礼に当たらないのか…。ある程度理解しているつもりでも、いざとなると「結局どうすれば良いのだろう…。」と、難しく感じる方は多いですよね。

初めて法事の案内で見た時、「平服とは何だろう?」と迷った経験があるのではないでしょうか。平服とは「普段着のような服装だろう。」とイメージできるものの、「こんな服装で参列して、本当にいいのだろうか…。」と不安になった経験のある方も多いはず。

できれば平服とはどのような服装を指すものか、しっかりと理解して、失礼のない準備をしたいですよね。

そこで今回は、法事での服装を例にとり平服とは何か、その概念についてお伝えします。どのような服装が適しているのかも触れていますので、参考にしてください。

これからお伝えする「5つのマナー」を理解すれば、法事に関しては「平服でお越しください」と案内されても、すぐに適切な服装を用意できることができるはず。「平服とは何か」が理解できれば、もう恐れることはありません。

[ 続きを読む… ]