初七日法要の準備。喪主がおさえるべき5つのポイント

初七日法要の準備。喪主がおさえるべき5つのポイント
家族が亡くなれば、役所への届け出の他、通夜や葬式、初七日の段取り等、喪主として様々な段取りを取り仕切らなくてはいけません。大切な人が亡くなって、それだけで辛くて何も考えられなくなるかもしれませんが、喪主という立場であった場合、故人をきちんと送り出すためにも法要はきちんと済ませ、供養をして差し上げたいですよね。

亡くなられた方の通夜、葬儀を終え、ご遺体が荼毘に付された後には初七日の法要が控えています。当日は葬儀社のエージェントが段取りを仕切ってくれる場合が大半ですが、それでもやはり大切な故人の事ですから、どのようなことが執り行われるのかをできれば把握しておきたいものです。

信仰によって、故人の法要の仕方も様々です。そこで今回は、仏教における通夜と葬儀を終えた後の最初の法要である初七日について、「初七日法要の準備。喪主がおさえるべき5つのポイント」としてわかりやすくお伝えします。

[ 続きを読む… ]

貰うなら絶対コレ!お中元で喜ばれる贈り物ランキング

貰うなら絶対コレ!お中元で喜ばれる贈り物ランキング
お中元の時期が近づくと、何を贈ろうか、何が喜ばれるのかとランキングなど気になりますよね。お中元コーナーでも、人気ランキングとしてポップ案内がしてあるのを目にしたことがあることでしょう。

お中元は気持ちを贈るものですが、贈るからには喜んでもらいたいと思う人がほとんどです。しかし、いざ贈るとなると、何を贈ればよいのか頭を抱えてしまいます。お中元ランキングとしてお店に掲げてあるものでピンとこないとなおさらですよね。相手の好みや思考をしっかりと把握していないと贈り物をするというのは何にせよ迷うものです。

そこで今回は、お中元で貰うなら絶対コレ!というもの、お中元で喜ばれる贈り物をランキング形式でお伝えします。

[ 続きを読む… ]

残暑見舞いの文例☆目上の方へ送る時に役立つ例文集

残暑見舞いの文例☆目上の方へ送る時に役立つ例文集
残暑見舞いの文例を参考に、目上の人に送っても恥ずかしくないマナーあるご挨拶ハガキを送りたいですよね。

友達同士や家族への残暑見舞いは、多少くだけた表現や言葉遣いでも問題ないかもしれませんが、会社の先輩や上司、ビジネスで付き合いがある取引先、また、お世話になった先生へ送る場合にはそうはいきません。

残暑見舞いは季節のご挨拶文であり、暑い季節に相手の無事を確認する役割を持つ、日本に古くから伝わる風習。ですから、挨拶文とはいえ、古くから伝わる風習を踏襲したいところです。

特に目上の人ほど、残暑見舞いの文例に関しては、正しいマナーを知っていますから、間違えのないよう、十分に気を付けて送りたいですよね。

そこで今回は、これまで残暑見舞いを送った経験がない人でも、すぐに使える残暑見舞いの文例を、目上の人のパターン別にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

沖縄結婚式☆ゲストも楽しむ服装3つのポイント

沖縄結婚式☆ゲストも楽しむ服装3つのポイント
リゾート婚で人気の高い沖縄ですが、そこで結婚式を挙げたいと思っているカップルも多いですよね。青い空ときれいな海をロケーションに、沖縄で結婚式を挙げられたら、どんなに素敵なことでしょう。

新郎新婦はもちろん親族やゲストも、挙式後も特別な気持ちそのまま、翌日もゆっくりと過ごすことができるので、リゾート婚をするカップルは増えてきています。

そんな人気のリゾート婚ですが、招かれたゲストも、旅行気分も合わさりその結婚式をとても楽しみにしていますよね。特に、沖縄での結婚式は、本土の結婚式とは違い、服装などちょっと違った楽しみ方もあります

そこで今回は、沖縄での結婚式を楽しむためのゲストの服装についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

就活生注目!メールの返信で担当者に好印象を与えるワザ

就活生注目!メールの返信で担当者に好印象を与えるワザ
就活では、メールも大事なツールの一つなので、その返信一つをとっても、内容やタイミングで採用を左右する重要なものになるであろうことは想像できますよね。昔と違い、今やメールアドレスは履歴書やエントリーシートに記載する必須項目になっており、企業からのアプローチもメールを通して行われることがほとんどです。

そこで今回は、就活生注目!メールの返信で担当者に好印象を与えるワザと題しまして、就活において採用に繋がるようなメールの返信術をお伝えします。相手の顔も声も見聞きできない環境であるメールだからこそ、一文一文を丁寧に吟味し、最適なタイミングで採用担当者へ返信すれば、好印象を与えることができ、結果、着実に内定へのルートを作り出すことができるようになりますよ。

[ 続きを読む… ]