香典返しを選ぶマナー。基本の考え方とおすすめの品々

香典返しを選ぶマナー。基本の考え方とおすすめの品々
香典返しは近年、お香典を辞退する葬儀も見受けられるものの、一般的なお葬式であれば、準備しておくべきものですよね。式と言うものには大抵お金を包んで行くのが日本のしきたり。慶事にはご祝儀。弔事には香典

ご祝儀や香典にも、お返しをしなくてはいけないのが日本のルール。ご祝儀なら内祝いとなりますが、香典の場合は香典返しとなります。香典返しは四十九日が終わって1ヶ月の間にお返しするのがマナー。

四十九日の間は忙しくて、それどころではないもの。一段落ついてから香典返しを選ぶというのが、大体の流れになるのですが、何をお返しすればいいか、悩む方も多いですよね。

そこで今回は、香典返しの風習の説明、その理由を、香典返しのオススメの品などとともにお伝えします。最近の香典返しの品々の傾向も踏まえてお伝えしますので、ぜひ、参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで
誰かが亡くなるとたくさんの人から香典を頂くことになるため、遺族は香典返しを用意する必要がありますよね。でも、どんな品物を選べば良いか、どんなタイミングで渡せば良いのか……と、考えてしまうこともよくあります。

以前誰かの葬儀に参列した時は何を頂いた?どんなお礼状が添えられていたっけ……と思い返しても、記憶に薄くて思い出せないという人もきっといるでしょう。近しい誰かが亡くなるなど、頻繁には起こりませんから、それも仕方のないことです。

しかしながら、香典返しやそのお礼状には、故人を代理して遺族が参列者へご挨拶をするという意味合いも含まれていますから、マナー違反になるようなことは絶対に避けたいものです。そこで今回は、香典返しのマナーや品物、お礼状の書き方などについてお伝えします

[ 続きを読む… ]

香典返しのマナー・お世話になった方に贈る感謝の気持ち

香典返しのマナー・お世話になった方に贈る感謝の気持ち

香典返しは、突然の葬儀にもかかわらず参列してくださった方々に感謝の気持ちを込めてお返し物を贈るという習慣のことを指します。香典返しには贈る期間や贈ってはいけないものなど気をつけなければいけないことがあります。

故人の四十九日法要が無事に終わった後に、贈る準備をしましょう。しかし、改まって贈るところも少なくなってきているようです。葬儀業者にお願いすることがほとんどなので、葬儀プランに香典返しの品物も選択できるようになっていることが多くなってきています。

そのためお通夜や葬儀の受付で引換券をもらい、帰り際に香典返しの品物を受け取る「当日返し」が主流となってきています。それでは、どんなことに気をつけて香典返しを贈るのがよいのかをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

香典返し・贈る時期や相場など気をつけたい4つの注意点

香典返し・贈る時期や相場など気をつけたい4つの注意点

香典返しは必ず贈らなければならないものです。お葬式に参列してくれた人は、故人を偲んでくれた人であることを意味しているので、お葬式に参列してくれた人に対する感謝の気持ちをもって香典返しをしましょう。

香典返しにはマナーや決まり事があり、形式的なものなのでそれを確実に守らなければなりません。贈りたいものをただ贈ればいいというものではないので、注意しましょう。香典返しには贈る時期や相場についての決まりごとがあります。

またその他にも注意しなければならないことがあります。それらをしっかりと把握、恥ずかしくない形で香典返しをすることは故人の顔を立てることにもつながります。香典返しは故人の代わりに贈るものであることを意識しましょう。そこで今回は、香典返しを贈る時期や相場等の注意点についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

挨拶状文例。香典返しに添えるお礼状、書き方のポイント!

挨拶状文例。香典返しに添えるお礼状、書き方のポイント!

あまり経験したいことではありませんが、誰しもいつかは身近な方を看送る経験をするものです。結婚式は前もって準備ができるものですが、お葬式は突然やってくる場合が多く、誰しもそう多くは経験するものではないため、いざ当事者になると慌ててしまいがちです。

故人の死を悼みつつも、社会人として、忙しい中故人のためにお供えをくださった方へ失礼のない対応をしたいもの。ここでは香典返しに添えるお礼状について形式別に挨拶状文例を示しながら、作成するにあたって知っておきたいポイントをわかりやすくまとめてみました。なお、香典返しにお礼状を添えるのは喪主が直接挨拶に伺うことができず配送で済ませた場合のみですのでご注意ください。

[ 続きを読む… ]