葬儀マナー

社会人としてのマナー

突然の弔事に慌てないように準備しておきたい7つの事

突然の訃報におどろくことも多い昨今です。急な弔事の連絡を受けた際、慌てないようにするために 日ごろからあらかじめ用意しておいたほうがよいことがあるかるかもしれませんね。そこで、今回、もしもの時の為に準備しておきたい7つの事をご紹介します。
フォーマルな装いのアドバイス

実際行ってみて反省した、葬儀の服装での良し悪し7つのポイント

「葬儀に参加するときの服装って、だいたい黒であれば他は何でもいいんだよね?」と私自身思っていました。でも、実際に葬儀に参列してみると、反省することが何度かありました。そこで今回は葬儀での服装のポイントをお伝えしていこうと思います。
法事でのマナー

直葬について知っておくべきメリットとデメリット

直葬とは、通夜や告別式などの宗教的儀式を行わず火葬のみで済ませる葬儀形態のことです。では直葬を選ぶ際、どのような点に注意すればよいのでしょうか?検討する上で知っておきたいメリットとデメリットをまとめてみました。
法事でのマナー

喪主の挨拶をする際に注意する7つのマナー

考えたくはないけれど、決して逃れることはできない家族の死。急なことだけにゆっくりと準備を進めている暇はありません。今回は、喪主の挨拶をすることになった際に注意したい7つのマナーについてお伝えします。
法事でのマナー

お悔やみ状で困った時に使える!おすすめの7つの文例集

お悔やみ状とは、通夜や葬儀などに弔問出来ない際、また後から訃報を知った際に送るものです。 マナーとして頭語及び時候の挨拶を省き、伺うことの出来ないお詫びを述べ、遺族を気遣います。 ここでは7つの文例をご紹介しましょう。
法事でのマナー

葬儀の受付を請け負った時に気を付ける7つのマナー

きっちりと葬儀の受付のマナーを習得している人、意外と少ないのではないでしょうか? 受付係の仕事は弔問客を迎える役割を広く担っており、想像以上に大変です。今回は葬儀の受付係の役割や作法について、7つのポイントをお伝えします。
法事でのマナー

お通夜に数珠は必要?数珠を持つ意味と使用のマナー7つ

お通夜で使う数珠は、現在も葬儀や法要の際には欠かせないアイテムとなっていますね。しかし、その由来や意味、厳密なマナーについてはご存知でしょうか?ぜひ当記事を熟読されて数珠の意味や使用マナーについて理解を深めましょう。
社会人としてのマナー

喪主の挨拶、最低限これだけすれば大丈夫な7つのこと

喪主の挨拶は「参列者の方が葬儀に参加して良かった」「後継者や残された遺族は彼(彼女)がいれば安心だな」と感じてもらえる挨拶にする必要もあるとても大切なものです。しかし難しく考える必要もありません。押さえるべきポイントを7つにまとめました。
法事でのマナー

葬儀の受付を頼まれた際にまずやること7つ

葬儀などの冠婚葬祭を取り仕切るのは難しいもの、と思っている方は多いのでは。普段とは違う中で動くことですが、基本さえ押さえてしまえば、さほど難しくはないのです。今回は葬儀の受付を頼まれた際の基本手順をご紹介します。
法事でのマナー

直葬を選んだ際に配慮すべき7つのこと

近年葬儀で増えている直葬。お葬式を行わずにそのまま火葬だけを行うもの。遺族が煩雑な手続きに捉われないで済む分、故人をより偲べるメリットも。しかし、直葬には注意点がありますので、今日はポイント7つをご紹介いたします。
法事でのマナー

法事ののし、知らないと赤っ恥!7つのマナー

法事ののし、ややこしいですね。のしには書き方に細かい決まりがあり、準備する段階になっても迷う方が多数派でしょう。今回は赤っ恥をかかない為に各法事ののしの書き方について、マナーを7つにまとめましたので、参考にしてください。
法事でのマナー

お通夜、告別式での数珠の意味とマナーについて抑える7つの事

お通夜や葬式に行くとき気を付けたいのは服装やお香典のマナーですが、数珠もその一つです。お通夜告別式と言えば、数珠を持っていくべきものという人もいますね。数珠についての知識と共に、その扱い方に触れていきたいと思います。
フォーマルな装いのアドバイス

キリスト教式葬儀、普通とどう違うの?違いが判る7つのポイント。

普通葬儀というと仏式が多いため、そのマナーにつてはよく心得ている人でも、キリスト教となると、ミサ自体初めてという人もいますよね。どのように普通の葬儀と違うのでしょうか?違いについての7つのポイントを紹介していきます。
弔電マナーについて

25歳を超えたら絶対身につけたい、香典のマナー7つの基本

社会人となり3年、世間でもようやく一人前の大人として認められる頃。この段階でのマナー違反は大変厳しく評価されるもの。特に、冠婚葬祭でのマナーを押さえておくことは重要です。今回は香典マナーについて説明したいと思います。
弔電マナーについて

突然の訃報・・労りの気持ちとお悔やみをメールで伝える7つの方法

突然の訃報を受けたが、駆け付けられない場合。メールでのお悔やみは親しい間柄の人にとってはすぐに思いを伝える事が出来、相手の心に寄り添える欠かせないツールとなっています。ここではお悔やみをメールで伝えるときのポイントをお伝えします。
フォーマルな装いのアドバイス

結婚式はじめ冠婚葬祭すべてに使える袱紗を選ぶ7つのポイント

冠婚葬祭のときに、金封を持っていきますが、その時に使うのが袱紗です。お祝いごとの場合も、葬式の場合も、どちらにも使う袱紗ですので、一つあると、どちらにも使えるものもあります。袱紗の選び方のポイントをまとめました。
弔電マナーについて

密葬と普通のお葬式の違いは?密葬について知るべき7つの事

最近よく耳にする、密葬。密葬とは具体的にどういうものなのでしょうか?普通のお葬式との違いは?いろんな理由で、密葬にされるパターンがあります。密葬に招待された場合は、普通の葬儀とはすこし異なる注意が必要です。
弔電マナーについて

弔電を頂いた方へのお礼をする時に知っておくべき7つのマナー

お葬式があるのに、どうしても行けない・・という時に、頂く弔電。弔電をわざわざ送っていただいた方にもちゃんとお礼をしないといけません。では、その時どのようなことに気をつければよいのでしょうか?
法事でのマナー

のし袋の書き方を完璧にしてマナー美人になる7つの方法

慶事や弔事で準備する祝儀袋、不祝儀袋は選び方や書き方に様々なルールがあり間違えると相手に失礼になってしまいます。意外と知られていないのし袋の書き方のルールや筆ペンの使い方をご紹介していきます。あなたもこれでマナー美人!
タイトルとURLをコピーしました