一周忌法要の準備。当日までにしなくてならない5つの事柄

一周忌法要の準備。当日までにしなくてならない5つの事柄
一周忌法要は亡くなった日からちょうど1年目に行う仏教の行事です。親族の方や生前親しくしていた方を呼んで、お坊さんにお経をあげてもらい、いっしょに会食も行います。もちろん準備はその前から始まっています。お葬式と49日法要が終わったからといって、安心はできません。やっと落ち着いてきたと思った頃には、もう一周忌法要のことを考えなくてはいけないのです。

お葬式は突然のことですが、慣れた葬儀社などのおかげで何とか済ませることができます。しかし、一周忌法要は、予め行う日が決まっています。そして、残された家族で準備して行うのが普通です。とはいえ、自宅からお葬式を出すのは初めて、という家族がほとんどですよね。初めてのことになると不安も多いことでしょう。そこで今回は、一周忌法要の当日までに準備することについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事の香典はいくら包む?関係別に知りたい金額相場

法事の香典はいくら包む?関係別に知りたい金額相場
高齢化社会に住む私たちはたびたび法事に香典を持って行かなければならないことがありますよね。法事は私たちの生活の中で切っても切れない冠婚葬祭の行事の一つだからです。

法事の際には故人に対する供養の気持ちを表すものとして香典をそれぞれ参加者が持参します。いくら気持ちだと言えども法事に持参する香典の金額のルールなどがあるのか、そもそも香典のマナー的なものは存在するのか、また金額はいくら包めばよいのかなど、考えてみると悩ましいことはたくさんあります。親族である場合や友人の場合、また職場関係など関係性によってはどうなのでしょうか。

そこで今回は、いざというときに困らないように法事の際の香典について関係別にお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!

三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!
葬儀の香典相場などは分かるけれど、三回忌法要など、年忌法要の香典袋の表書きは何と書いたら良いのか、金額の相場はどのくらいなのかなど、結構悩んでしまうことが多いですよね。服装などもどうしたら良いのか意外と考えてしまうもの

そもそも三回忌は、何年目なのかについても把握していない場合もあります。気になることを言い出したら、三回忌法要の香典はもちろんの事、お布施はどうしたら良いのかなど結構わからないことも多いことでしょう。また、三回忌法要の香典袋の表書きは、仏教、キリスト教、神道などによってやはり違うものなのでしょうか。

そこで今回は、三回忌法要で持参する香典や供物に関する疑問を解決!三回忌法要について様々な角度からお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは
四十九日の法要はお葬式の後に始めて行う重要な儀式として、ほとんどの方に認知されていますが、喪主になったら何をして良いのかわからない人が多いのが現実ですよね。心構えなく喪主になるのですから仕方のないことですが、故人のためには滞りなく行いたいものです。

そもそも四十九日法要とは、故人が死後49日後に仏様の元へ向かうとされていることから、故人を心安らかに見送るための特に大切な儀式とされています。そのため、喪主はこの重要な四十九日法要をしっかりと把握しておく必要性があるのです。本位牌の用意や式場・僧侶の手配など準備も多く、心休まる暇もありませんが、ここは喪主として法要を堂々と取り仕切りましょう。

そこで今回は、はじめての喪主でも四十九日をスムーズに行うために必要な準備から当日の四十九日の流れ、費用などについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選び

喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選び
法事の服装と言えば、まず思い浮かぶのは『フォーマル』、いわゆる喪服と呼ばれるものですが、それは絶対ルールなのだろうかと迷う所ですよね。確かに葬儀なら喪服というのが一般常識ですが、お通夜や1周忌、3回忌…などについては必ずしもそうではないケースもあるように感じます。

しかし、冠婚葬祭にはマナーというものが存在しますから、なかなか自己判断だけで動く訳にはいかない場合も多いものです。

法事の際には故人を偲ぶ気持ちさえあれば良いと思いがちですが、いざ、その場になって恥をかかないために正しいマナーを知っておくことはとても大切です。

そこで、今回は喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選びについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]