三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!

三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!
葬儀の香典相場などは分かるけれど、三回忌法要など、年忌法要の香典袋の表書きは何と書いたら良いのか、金額の相場はどのくらいなのかなど、結構悩んでしまうことが多いですよね。服装などもどうしたら良いのか意外と考えてしまうもの

そもそも三回忌は、何年目なのかについても把握していない場合もあります。気になることを言い出したら、三回忌法要の香典はもちろんの事、お布施はどうしたら良いのかなど結構わからないことも多いことでしょう。また、三回忌法要の香典袋の表書きは、仏教、キリスト教、神道などによってやはり違うものなのでしょうか。

そこで今回は、三回忌法要で持参する香典や供物に関する疑問を解決!三回忌法要について様々な角度からお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは
四十九日の法要はお葬式の後に始めて行う重要な儀式として、ほとんどの方に認知されていますが、喪主になったら何をして良いのかわからない人が多いのが現実ですよね。心構えなく喪主になるのですから仕方のないことですが、故人のためには滞りなく行いたいものです。

そもそも四十九日法要とは、故人が死後49日後に仏様の元へ向かうとされていることから、故人を心安らかに見送るための特に大切な儀式とされています。そのため、喪主はこの重要な四十九日法要をしっかりと把握しておく必要性があるのです。本位牌の用意や式場・僧侶の手配など準備も多く、心休まる暇もありませんが、ここは喪主として法要を堂々と取り仕切りましょう。

そこで今回は、はじめての喪主でも四十九日をスムーズに行うために必要な準備から当日の四十九日の流れ、費用などについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選び

喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選び
法事の服装と言えば、まず思い浮かぶのは『フォーマル』、いわゆる喪服と呼ばれるものですが、それは絶対ルールなのだろうかと迷う所ですよね。確かに葬儀なら喪服というのが一般常識ですが、お通夜や1周忌、3回忌…などについては必ずしもそうではないケースもあるように感じます。

しかし、冠婚葬祭にはマナーというものが存在しますから、なかなか自己判断だけで動く訳にはいかない場合も多いものです。

法事の際には故人を偲ぶ気持ちさえあれば良いと思いがちですが、いざ、その場になって恥をかかないために正しいマナーを知っておくことはとても大切です。

そこで、今回は喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選びについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

三回忌法要。かかる費用の目安と施主がすべき5つの事柄

三回忌法要。かかる費用の目安と施主がすべき5つの事柄
三回忌の法要は大切な人が亡くなって満2年目に行うものですが、この法要はどのようにすればよいのか迷うことも多いですね。お通夜や葬儀には故人を偲び多くの関係者が参列しますが、三回忌は遺族・親族・ごく親しい友人など、内輪で行うことが一般的です。

三回忌法要は故人の思い出を語り合い冥福を祈る神聖なひと時でもあります。三回忌の法要でも、お寺の僧侶に読経を依頼しその御礼としてお布施を渡すことになります。施主ともなればお布施も含めて費用の面で何にどのくらい用意したらよいのか悩みますが、かかる費用の目安を知っておくことは今後の周忌の参考にもなるでしょう。

そこで今回は三回忌法要にかかる費用の目安と施主がすべき5つの事柄をお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

法事の常識。気になる香典の金額相場から書き方まで

法事の常識。気になる香典の金額相場から書き方まで
法事は通夜や葬儀とは違い、故人の親族や関係の深かった人が集まる場ということもあり、法事の香典の金額相場も気になるところですが、香典袋の書き方のマナーも気になりますよね。法事は、故人の冥福を祈る仏教の儀式で、法事の香典は、故人への供養の気持ちをあらわすものです。現代では、花や線香の代わりに香典袋と呼ばれる封筒に現金を入れて、遺族に手渡しすることが通例です。

香典の準備は、通夜・葬儀からはじまり、その後に法事の香典として、初七日、四十九日と続きます。また、年忌法要として一周忌、三回忌、七回忌、追悼法要としての初盆もあるため、法事の常識として、金額相場と香典袋の書き方をきちんと知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、気になる香典の金額相場から書き方までをお伝えします。

[ 続きを読む… ]