結婚式の挨拶を新郎がする時☆押さえるべき基本構成

結婚式の挨拶を新郎がする時☆押さえるべき基本構成
結婚式の挨拶を新郎がする演出は、最近もっとも多い式のプログラムですよね。ただ、新郎新婦にとって式に向かってこなす事柄は、挨拶だけではありません。式場や料理、ドレスにブーケ、招待状に引き出物と、準備は次から次へとすることだらけ!

こんな準備をしていると、数ヶ月なんてあっという間に過ぎ去ってしまいます。さて準備も終わり後は式の日を待つばかり…。そんな時まで忘れがちなのが、結婚式の挨拶を新郎がするプログラムなのです!

結婚式での新郎の挨拶、ゲストとしてはあまり印象深いものではないかもしれません。けれども、結婚式の挨拶を新郎から直々にすることは、とても大切な意味合いを持ちます。

結婚式の挨拶で新郎は、感謝や自分たちの豊富など、語るべきことはたくさん!そんな結婚式の挨拶、新郎がグダグダだったり定型文そのままだったりでは…。後々後悔してしまうかもしれませんよね。

そこで今回は、記念の日を晴れ晴れしくするためにも、結婚式での挨拶、新郎が押えたい基本構成をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文
喪主の挨拶は、自分が遺族の立場で喪主となった時、いろいろな場面で必要があることに気が付くものです。特に葬儀では、参列して下さった方々に故人の意思や感謝の気持ちを伝える、大切な喪主の挨拶があります。

もちろん、基本の形できちんと感謝の気持ちを伝える、喪主の挨拶は大切ですが、「それではあまりにありきたりで、気持ちが参列して下さった方々に届かない…。」なんて思うこともあるかもしれません。

葬儀社などがアドバイスしてくださる、喪主の挨拶の言葉をそのまま話すのではなく、自分らしさや故人のエピーソード等のアレンジを加えることで、「喪主の挨拶を心に響くものにしたい!」と思いますよね。

そこで今回は、参列して下さった方々に真心を伝えるために、おすすめしたい喪主の挨拶をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールの挨拶マナー☆信頼される基本作法と例文

ビジネスメールの挨拶マナー☆信頼される基本作法と例文
ビジネスメールの挨拶を書き出しに入れることは、とても大切なこと。ただの習慣として書いているようにも捉えられますが、簡潔に納めるべきメッセージだけに、ここを押さえることで人間性の信頼へも繋がります。

また、ビジネスメールの本文以外の基本的なマナーとして、名乗り、挨拶、締めの挨拶は欠かせません。ビジネスメールに挨拶文が一言あるだけで、初めて送る相手に対しても信頼できる一通になります。

それに、ビジネスメールで挨拶がないとなんだか素っ気ない印象になりますよね。とは言え、ラフになりすぎるとビジネスメールの挨拶として適さないこともあります。

バランスの良いビジネスメールの挨拶で、円滑に本題に入りたいですよね。そこで今回は、よく使う一般的なものから季節のものまで、ビジネスメールの挨拶文と例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

喪主の挨拶、それぞれの場面。押さえるべき構成と例文集

喪主の挨拶、それぞれの場面。押さえるべき構成と例文集
喪主の挨拶は、通夜や葬儀など、様々な場面で行われます。大切な方を家族を亡くして、さらに喪主となったら、悲しみの中でもその役目を全うしなければなりません。

非常に忙しくなりますが、通夜や葬儀などの様々な儀式においては、喪主がその流れを把握し、様々なことを決め、遺族の中心となって行動していく必要があるのです。そのような中でも、喪主の挨拶は大変重要な位置を占めます。

人によっては、多くの人々の前で話すのは苦手という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、通夜や葬儀に来てくれる方は、皆故人と最後のお別れをするために集まってくれただけに、礼儀をもって、心を込めた感謝の気持ちを伝えたいですよね。

そこで今回は、弔いの儀式における様々な場面での喪主の挨拶、その構成についてお伝えします。それぞれ例文も載せますので、ご参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

一周忌の挨拶に困ったら。恥ずかしくないマナーと文例

一周忌の挨拶に困ったら。恥ずかしくないマナーと文例
一周忌の挨拶は法要の施主にとって重要な仕事です。葬儀では、葬儀司会者がいますから、喪主がリードして進行する機会はあまりありませんが、一周忌法要では挨拶が進行の役割をしますし、司会者は一般的に用意しませんから、施主が担うことになるのです。

しかし、遠方に住んでいる親戚が多く、疎遠のために親戚しか参列しないとわかっていても、一周忌で挨拶をするとなると緊張しますよね。日頃親しくしない親戚に非礼な人だと思われたくないですし、参列者全員が気持ちよく故人を偲ぶことができるようにしたいものです。

そこで今回は、法要の雰囲気作りの重要なカギを握るといっても過言ではない施主が行う一周忌の挨拶について、経験がない人でも簡単に覚えられるようにポイントを抑えた文例について解説します。

[ →続きを読む… ]