結婚式の招待状を手作りで☆ゲストの心も温まるアイデア

結婚式の招待状を手作りで☆ゲストの心も温まるアイデア
結婚式の招待状は手作りにしたいとは思っても、デザインやアレンジのセンスに自信がないからできるか不安ですよね。招待状はゲストが結婚式に参列するにあたって、最初に手にするもの。ここから結婚式が始まっていると言っても過言ではありません。

ですから、結婚式の招待状を手作りで用意する時には、結婚式当日の会場の雰囲気や演出、自分のドレスとの相性などと統一感を持たせることに気を配りながらデザインするのがポイント!

とはいえ、普段デザインの仕事などをしていない人にとっては、招待状にどのような工夫をするかは難題ですよね。そこで今回は、デザインや演出のセンスに自信がない人でもできる、結婚式の招待状を手作りでアレンジする方法を、6つお伝えします。

デザインセンスだけがおしゃれではありません。ちょっとした心配りのアイデアが、ゲストの心に残る結婚式への第一歩!ぜひ、参考にしてみてください。

[ 続きを読む… ]

結婚式の招待状☆手作りでアットホーム、配慮あるアイデア

結婚式の招待状☆手作りでアットホーム、配慮あるアイデア
結婚式の招待状を、手作りで用意する方が増えていますよね。結婚式の前は何かと忙しいものですから、たとえ結婚式の招待状でなくても、手作りで準備をするのには労力が要るもの…。

それでも結婚式の招待状を、手作りで送ることにこだわる方が増えた背景には、「自分らしい結婚式のために、できることをしたい」という思いを形にできるようになったことが挙げられます。

例えば、サイトの無料のデザインをダウンロードして使えば、手書きのイラストや工作が苦手な方でも、素敵なものを作ることができますから、「私も手作りをしてみたい!」と思う方が増えたのも無理がないと言えそうですよね。

そこで今回は、個性が光る結婚式の招待状の手作りアイデアを7つ、お伝えします。ただ個性が光るだけではなく、招待状の封を開けたら誰もが笑顔になるようなアイデアを集めましたので、参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

結婚式での招待状の書き方☆押さえておきたい基本作法

結婚式での招待状の書き方☆押さえておきたい基本作法
結婚式の招待状の書き方は、なかなかピンとこない方も多いですよね。従来のように招待状の作成を、すべて式場にお任せするとしたら、例文も様々なカードも選ぶだけでOKですが、演出の一つとして、ペーパーアイテムを手作りするのもアイデア!

そうなると、やはり基本的な結婚式での招待状の書き方、つまり文章や作法を知ることが必要となります。…と言うのも、結婚式では「おめでたい縁起」を担いでいたり、誰にでも分かりやすいように、いくつかのルールがあるのです。

難しそうに感じますが、基本の結婚式での招待状の書き方さえ、きちんと押さえておけば、親戚や目上の方に送っても大丈夫。むしろ礼儀をきちんと踏まえていることに、感心されるかもしれません。

せっかくの結婚式、招待状から心を込めつつ、丁寧にこなしたいですよね。そこで今回は、結婚式の招待状の書き方、基本の作法についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式での招待状の書き方☆好感度を上げるポイント

結婚式での招待状の書き方☆好感度を上げるポイント
結婚式の招待状の書き方には、送った側の嗜好、センスが表れます。まず書き方のマナーが正しいかどうかで、常識を知っているかどうかがわかりますし、招待状のデザインや色使いからその人の好みががだいたいわかるもの。

結婚式の招待状は、記念に保管しておく人もいますから、恥ずかしくないように準備できればバッチリ!

結婚式の招待状の書き方は、「結婚式場が手配してくれるから、自分は何も気にしなくていい!」と思っている人もいるかもしれません。ただ、招待状を受け取った側からすると、差出人はあくまでも当事者である新郎新婦。

結婚式の招待状の書き方や言葉使いは、そのまま差出人の意向だと受け止めます。結婚式の招待状の書き方では、相手にいかに好感を持ってもらえるかがポイント!

せっかくの式、皆が好感をもてるような招待状に仕上げたいですよね。そこで今回は、結婚式の招待状で、好感度を上げるポイントを6つ、お伝えします。

[ 続きを読む… ]

招待状の返信メッセージ☆ちょっと添えたいアイデア集

招待状の返信メッセージ☆ちょっと添えたいアイデア集
招待状の返信メッセージ、せっかく送るなら精一杯の祝福の気持ちを添えて贈りたいですよね。確かに冠婚葬祭の場面なので、ある程度のマナーは意識しながらも、特に友人であれば、少しそっけない印象になるのも、気が引けます。

友人、特に親友であれば、キチンと相手に礼儀を持った返信をしながら、親しみを込めた招待状の返信メッセージで、受け取った時に心温かな気持ちになってもらいたいものです。

それには基本のマナーを押えることが大前提!そこにちょっとした親しみの表現を加えれば、相手に気持ちが伝わります。尊敬と親しみの気持ち、両方が届けば嬉しいですよね。

そこで今回は、招待状の返信メッセージで、尊敬とともに親しみも伝えられる、おすすめのアイデアを、基本のマナーとともにお伝えします。

[ 続きを読む… ]