結婚式の招待状に返信メッセージを☆ひと言7つの例文集

結婚式の招待状に返信メッセージを☆ひと言7つの例文集
結婚式の招待状は返信メッセージをひと言添えるだけでも、準備で忙しくしている新郎新婦の心に伝わるものがあり響きますよね。

結婚式の招待状に「出欠席の返事用」のハガキが同封されています。そこには通常「どちらかに○をつけてご返送下さい」と書いてあるものですが、そのまま必要事項だけを記入して返送をしていないでしょうか?

結婚式の招待状に返信メッセージを少し添えるだけでも、祝福する気持ちが相手により伝わり、とても印象の良い返信となります。返信は出席に限らず、やむを得ない事情で欠席をしなければならない時もきっとありますよね。

そんな時も一言、結婚式の招待状に返信メッセージに、お詫びを添えれば「黙って欠席する」よりも、新郎新婦にあなたの出席できない残念な思いが伝わるものです。

そこで今回は結婚式の招待状の返信メッセージに、新郎新婦へ気持ちが伝わる7つのひと言例文をお伝えします。結婚式の招待状に返信メッセージが、ちょっと添えてあったら、きっと新郎新婦の心は和みます!



 

結婚式の招待状に返信メッセージを☆
ひと言7つの例文集

 

出席する方の一般的な、ひと言返信メッセージ


出席する場合の、結婚式の招待状に返信メッセージの例文はコチラです。

【 結婚式の招待状に返信メッセージ:一般的なもの 】

「ご結婚おめでとうございます

ご招待を賜りまして大変嬉しく思っております

是非出席させて頂きたいと思います

お仕事をされながらの結婚式の準備を進めることは大変だと思いますが、お身体に気を付けて下さい」

このような感じで書くと安心です。

また結婚式の準備と仕事に追われると、ゆっくり休日を過ごすこともできず、体力的・精神的にも大きな負担がかかってきます。

そういった状況で招待状を送ってきてくれているので、結婚式の招待状への返信メッセージでは、新郎新婦を励ますことも大切です。

【 結婚式の招待状、返信メッセージの句読点 】

★ 文章の句読点は打たずに記します。

・ 「お祝いごとには終止符を打たない」という意味があります。

 

親しい友人への、結婚式の招待状の返信メッセージ


新婦と親しい友人として仲が良かったら、ぜひ結婚式の招待状の返信メッセージに次のように書いてみてはいかがでしょうか。

【 親しい友人への、結婚式の招待状への返信メッセージ 】

「ご結婚おめでとうございます

喜んで(慶んで)出席させて頂きます

○○さん(ちゃん)の花嫁姿を楽しみにしています」

「ご結婚おめでとうございます

当日は◯◯さん(ちゃん)のドレス姿を見るのを楽しみであり、ばっちり写真を撮りますね」

記入は毛筆や万年筆またはボールペンが基本です。鉛筆やマジックは使用しない様にしてください。インクも黒またはブルーブラックで書くのが、マナーです。

 

初めて新郎に会う、結婚式の招待状の返信メッセージ


結婚する前から新郎、新婦の二人とも知っているという人もいますが、結婚式で初めて会うというケースも多いのではないでしょうか。友人がどのような人と結婚したのか…という期待感は、誰もが気になりますよね。

結婚した後も今まで以上の友達付き合いができるよう、マナーある結婚式の招待状の返信メッセージを書きたいところです。

【 新郎に初めて会う、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

「ご結婚おめでとうございます

素敵な旦那様に当日会えることを楽しみにしています

落ち着いたら新居に遊びに行かせてね

と結婚式の招待状の返信メッセージを、書いてみてはいかがでしょうか。

 

兄弟や親戚の、結婚式の招待状の返信メッセージ


兄弟と離れて暮らしている場合も、結婚式の招待状が届くことがあります。もちろん親戚からもあります。身内ですから親しみを込めた結婚式の招待状の返信メッセージを、送ってみてはいかがでしょうか。

【 親しみを込めた、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

「ご結婚おめでとう

今から当日をとても楽しみにしています

できることがあったら何でも手伝いますので相談して下さいね」

このようなひと言の、結婚式の招待状の返信メッセージだけでも、新郎新婦の気分を楽にさせてくれます。

 

家族で参列する、結婚式の招待状の返信メッセージ


家族や夫婦に招待状が届いた場合は、結婚式の食事や席の数にも関わることですので、誰が出席するかを明確にする必要があります。

【 家族で参列する、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

「ご結婚おめでとうございます

当日は夫婦揃って出席させて頂きます」

「ご結婚おめでとうございます

この度はお招き頂きましてありがとうございます

お二人の新しい門出をお慶び申し上げます

家族みんなで慶んで出席させて頂きます」

招かれた全員が出席する場合は、それがよくわかるよう、結婚式の招待状の返信メッセージに書いておくとより親切です。また家族の中に欠席する人がいる場合は、誰が欠席をし、誰が出席なのかをきちんと明記しておいてください。

【 出席者を明記する、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

「ご結婚おめでとうございます

お招きありがとうございます

あいにく夫は長期出張のため欠席させて頂きます

当日は私と子供の二人で慶んで出席させて頂きます」

 

目上の方へ、結婚式の招待状の返信メッセージ


招待状が目上の方から届いた場合は、結婚式の招待状の返信メッセージも、あらたまった書き方になります。文面も丁寧に失礼のない様、意識してください。

このように相手を敬う結婚式の招待状の返信メッセージは、どのような立場の方にも失礼に当たることは全くありません

【 相手を敬う、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

「御結婚おめでとうございます

この度はお招き頂きまして、誠にありがとうございます

お二人の晴れの門出を心よりお慶び申し上げます」

目上の方への結婚式の招待状の返信メッセージは、いくつか別の書き方もあります。

【 目上の方への、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

「御結婚おめでとうございます

お二人の晴れの門出に立ち会わせて頂くことを大変光栄に存じます」

「御結婚おめでとうございます

晴れの日までどうかお身体を大切にお過ごし下さいませ」

などもさらに追加としてお薦めの、結婚式の招待状の返信メッセージです。

★ 書き間違いがあっても、修正液を使用しない様にします。

・ 間違えた部分を「寿」の字を重ねて取り消したり、代替の葉書きを使うなどして対処してください。

 

欠席する場合の、結婚式の招待状の返信メッセージ


せっかくご招待を頂いたにも関わらず、仕事の日と重なってしまって出席できない場合もあります。欠席の時は、より丁寧な言葉を選ぶようにします。結婚式の招待状を欠席にする場合の例文は、コチラです。

【 欠席時の、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

「ご結婚おめでとうございます

ご招待を賜りまして大変嬉しく思っております

是非出席させて頂きたいと思っていたのですが、あいにく当日は仕事でどうしても休めないため、大変残念ですが今回は欠席とさせて頂きます

結婚式のご成功を心より願っており、お二人のご多幸をお祈りしております」

このように結婚式の招待状の返信メッセージでは、欠席することの謝罪のほかに、お祝いの気持ち、感謝の気持ちを合わせて書くと丁寧な印象になります。

★ 「本当は出席したいけれど…」という気持ちが伝わるように書きます。

 

いかがでしたでしょうか。今回は結婚式の招待状に返信メッセージを送る時の、新郎新婦への心遣いの例文と、心遣いのポイントもいくつか表記しました。

なお「御出席」などの「御」は二重線で消してもいいのですが、結婚式の招待状の返信に限っては、「御」の上に赤や黒のインクで「寿」と書き、元の字を取り消すことやり方もあります。

さらにおめでたいことですし、中には二重線を使うことを「書かれている字を『切って』しまう」ということで、使用しない方もいらっしゃいますので、覚えておくと気の利いた返信にもなります。

結婚式の招待状の返信メッセージは無くても問題はないですが、メールなどでの連絡が当たり前の日常になってしまい、毎日の仕事で忙しかったりすると、要件だけで済ませがちにもなります。

それでも少し一筆があるだけで、新郎新婦の気持ちは全然違いホッとするものです。特に挙式を控えた新郎新婦は、準備に追われて疲れていたりマリッジブルーになる方も中にはいらっしゃいます。

そんな時、ほんのちょっとした心遣いだけで、結婚式をより楽しく新郎新婦が迎えられます。結婚式の招待状は、返信メッセージを書くスペースは決して大きくないですが、手書きの言葉には温かみがあります

心を込めた結婚式の招待状を、ぜひ返信して下さい!