結婚式の招待状!返信メッセージで添えたい文例と心遣い

結婚式の招待状!返信メッセージで添えたい文例と心遣い

結婚式の招待状に返信メッセージを添えてみませんか?結婚式は幸せあふれるおめでたいものです。確かに、結婚式の招待状は返信メッセージを残さなくても、マナー違反ではありません。そのまま必要なことだけを記入するだけでも、もちろん十分です。

けれども、新郎新婦の気持ちを想像すると、お祝いの気持ちをしっかりと伝えたくなるでしょう。ただし、結婚式の招待状は返信メッセージを新郎新婦のご両親も見るかもしれません。いろいろ考えると、難しくなり諦めてしまいがちです。

挙式前は新郎新婦のお二人とも、マリッジブルーなどで精神的にも不安定になりがちな上、式の準備は意外にも多忙を極めます。そんな時期の清涼剤として、そっとひと言添えられる、心遣いの結婚式の招待状の返信メッセージを、文例とともにお伝えします。



 

結婚式の招待状!
返信メッセージで添えたい文例と心遣い

 

新婦のドレスを楽しみに


結婚式の招待状に返信メッセージでひと言添えるなら、やはりウエディングドレスの話題が喜ばれます

【ドレスにまつわる、結婚式招待状の返信メッセージ】

・「新婦のウェディングドレスが楽しみです。」
・「○○さんのウエディングドレス姿、早く拝見したいです。」
・「当日はキレイなウエディングドレス姿の○○さんと、お写真を撮らせて下さいね!」

などなど。

このように、素直にゲストが喜んでくれると分かれば、少し躊躇していたドレス選びも、思い切り自分の好きなものを選べるかもしれません。式の準備で磯しい苦労も報われる気がします。

「あ、私のウェディングドレス姿、楽しみにしてくれているんだ~!」と、マリッジブルーを抜けて、新婦はとても幸せに式までの時間を過ごせるかもしれません。

 

新郎新婦の体調を気遣う


結婚式の招待状の返信メッセージで、新郎新婦の体調を労ってあげるメッセージも良いでしょう。

【新郎新婦の体調を労わる結婚式招待状の返信メッセージ】

・「お忙しいと思いますが結婚式当日まで体調など崩されませんよう、ご自愛ください。」

など、労りの気持ちを新郎新婦に伝えます。「自愛」は自分を愛すると書く言葉で、相手を労わる気遣いのメッセージには最適で、実際に良く使われる言葉です。ぜひ一筆添えてください。

実際に結婚式の準備期間中は、新郎新婦は疲労が重なってケンカばかり、と言う事例は多いです。式準備の忙しさ、慌しさを気遣い労わる結婚式招待状の返信メッセージは、そんな新郎新婦の心を癒す、絶好のメッセージになるでしょう。

 

楽しみにしている!を思い切り伝える


結婚式の招待状の返信メッセージで、嬉しい!楽しい!と喜ぶ方法は、最も喜ばれる内容のひとつです。と言うのも、新郎新婦は日程は迷惑ではなかったか、場所はゲストにとって行き難くはないだろうか、などといろいろなことを心配します。そんな不安な気持ちも持ちながら、ご招待しているので、「楽しみにしてるよ!」という言葉には、ホッとする気持ちになるでしょう。

【楽しみ!を伝える結婚式招待状の返信メッセージ】

・「ステキなホテルでの結婚式!とっても楽しみにしています。」
・「私も精一杯ドレスアップして伺いますね。」
・「○○さん(新郎新婦)の門出に一緒に立ち会えて嬉しいです!」

などと、結婚式招待状の返信メッセージでは、ストレートに気持ちを伝える方法が自然です。前述の例文を組み合わせたり、エクスクラメーション・マーク(!)を多用して、テンションを上げた文章でも、問題ないでしょう。

 

招待してくれたことを喜ぶ気持ちを伝えよう


結婚式招待状の返信メッセージでは、招待をしてもらえた嬉しさを添える言葉も、喜ばれます。新郎新婦の立場に立つと、喜んでくてくれるかどうかと不安な気持ちもあるでしょう。そこで、「招待してもらえて嬉しい!」の結婚式招待状の返信メッセージは、「よかったー」と、ホッと胸をなでおろすことができます。

【招待頂いた感謝の、結婚式招待状の返信メッセージ】

・「結婚式にお招きくださってありがとうございます。」
・「招待してくれてありがとう!当日が楽しみ!」
・「結婚式を心待ちにしています。」

などなど、招待頂いたことを喜ぶ気持ち、式を楽しみにしている気持ちを、しっかりと新郎新婦に伝えてみてください。前述の例文のように、新郎新婦との関係性によっては、多少フランクに喜びを伝えた方が気持ちが伝わりやすいかもしれません。きっと、喜んでもらえる結婚式招待状の返信メッセージでしょう。

 

当日会えることが楽しみ!を伝える返信


結婚式の楽しみの一つは、新郎新婦や友人たちに会うこと。もちろん、新郎新婦もそれを楽しみにしています。それに加えて、自分たちが久々に仲間が集うきっかけを作れたこと自体も、嬉しい事だと感じています。ですから、結婚式招待状の返信メッセージには、会えることへの喜びを添えましょう。

【会える事を結婚式招待状の返信メッセージ】

・「当日お祝い出来る事を楽しみにしています!」
・「当日はお二人にお会いできること、また友人たちに会えることを楽しみにしています。」

などなど、「会えることが楽しみだよ!」という気持ちを伝えましょう。新郎新婦もきっと嬉しい気持ちになるでしょう。

 

欠席時の結婚式招待状の返信メッセージ


せっかくの結婚式の招待状でも、やむをえない理由で出席できないこともあるでしょう。出席できない場合でも、結婚式招待状の返信メッセージでは、新郎新婦へのお祝いの気持ちをしっかり伝えるようにしたいものです。

【欠席時の結婚式招待状の返信メッセージ】

<出張で出席できないケース>

・「ご結婚おめでとうございます。長期出張中のため当日はお祝いに駆けつけることが出来ませんが、お二人の幸せを遠くから祈ってます。」

と、ストレートに書くのが一番です。この時、結婚式招待状の返信メッセージには、どうしても調整できないと言うお詫びの文も添えつつ、欠席理由を伝えてください。結婚式に出席できないのですから、招待状はなるべく早く返信し、電話でも伝えましょう。

 

幼い頃から良く知る相手へ


もしも新郎新婦が旧知の仲ならば、結婚式招待状の返信メッセージでは、今までの良き思い出をそっと添えるのも良いでしょう。特に日本では苗字が変わり、嫁ぐケースの多い新婦側の友人や親族、知人の場合には、昔の思い出を語ることで、時に感動を誘います。

花嫁だけではなく、見送るご家族も結婚式招待状の返信メッセージを読んでいたならば、その場は思い出話で花咲くかもしれません。

【旧知の新婦へ送る、結婚式招待状の返信メッセージ】

・幼稚園から肩を揃えて遊んできたあなたが、花嫁になるのですね。
・昔から人に優しい○○ちゃん、今日はご家族と良い時間をお過ごしください。

などなど。旧知の仲であるなら、ご家族とも親しいケースが多いので、新婦だけではなくご家族の心情も察した言葉掛けが、心に響きます。

 

いかがでしょうか。結婚式招待状の返信メッセージに適した文面は、新郎新婦の立場に立つと気遣いの言葉が浮かびやすいです。結婚式前の新郎新婦は準備に忙しいはず。さまざまな決まり事も多く、考える事、やらなくてはならない事が沢山あります。特に新婦は、この時期に精神的にも浮き沈みが激しくなる人々が多い傾向にあります。

また、結婚式に欠席する場合には、早めに電話で伝えることは本文でもお話しましたが、結婚式招待状の返信メッセージとは別に、心ばかりのお祝いの品を贈る人々も多くいます。その場合には、欠席にはなってしまったけれど、新生活を祝う気持ちを込めて、ペアグラスなどのお揃いのギフトを選ぶとスマートです。

結婚式招待状の返信メッセージを添えて、心遣いを見せることも大切ですが、出席が分かり次第、早急に返信するのが、ゲストのマナーです。

 

まとめ

結婚式の招待状、返信でひと言添えたい言葉とは

・新婦のドレス姿を褒めればみんなハッピー
・当日までの体調を気遣う優しさにほっこり
・結婚式が楽しみと言ってもらえるとホッ
・結婚式に呼んでくれてありがとう!と素直に
・当日みんなに会えるのは新郎新婦も嬉しい事
・欠席の時もお祝いの言葉は忘れずに伝えて
・旧知の仲ならば、思い出話を添えて送る