結婚式招待状の返信メッセージ☆ちょっと添える7つの例文

結婚式招待状の返信メッセージ☆ちょっと添える7つの例文

結婚式招待状の返信メッセージは、新郎新婦にとって、想像以上に嬉しいものですよね。せっかく頂いた招待状ですから、必要なことだけではなく、ちょっと一言でも、お祝いのメッセージを添えるのがおすすめです。

結婚式に参加するのはもちろんですが、結婚式招待状に返信メッセージを添えることで「結婚式をとても楽しみにしている」という気持ちが、相手に伝わるからなのです。

結婚式の招待状が届いたら、「やったー!何を着て行こうかな~」とすぐに当日のことをワクワク想像し始めてしまいますが、まずはなるべく早く結婚式招待状の返信メッセージを添えたはがきを出して、喜ばせてあげてはいかがでしょうか。

もちろん、結婚式招待状では返信メッセージがなくても、NGではありません。ただ、受け取った新郎新婦の気持ちは、大きく違うものです。

そこで今回は、そんな結婚式招待状の返信メッセージで添えたい一言を例文として、ご提案します。



 

結婚式招待状の返信メッセージ☆
ちょっと添える7つの例文

 

おめでとうの気持ちを目一杯伝えよう


結婚式の招待状、その返信メッセージとして添えたい言葉は、素直なお祝いの気持ちです。結婚するのが友達ならば、堅苦しい言葉は抜きにして、嬉しい!気持ちを目一杯相手に伝えても、その気持ちがダイレクトに伝わります。

【 結婚式招待状の返信メッセージ:おめでとう! 】

★ 「結婚おめでとう!2人の結婚、本当に本当に嬉しい!」と文章も少しだけ砕けたものにするのがポイントです。

ただ、はがきの返信先は要チェック。たとえ新郎新婦の結婚式の招待状でも、返信先がご両親宛だった場合には、きちんとしたメッセージを添えるようにしなければなりません。

 

夫婦揃ってのお祝いメッセージを伝えよう


夫婦宛でもらった場合には、結婚式招待状の返信メッセージも「2人から」と伝わるものを考えると、より好印象です。1人宛ならば、その人からのメッセージ、2人宛なら2人からのメッセージが喜ばれます。

【 結婚式招待状の返信メッセージ:夫婦揃って 】

★ 例えば、「夫婦揃ってお二人の門出に立ち会えることを嬉しく思っています」というメッセージがおすすめです。

・ ひとりずつ、メッセージを手書きで添える、というのも喜んでもらえるメッセージになります。

新郎新婦の人柄を考えて、招待状の返信はがきに添える言葉を考えてみるのも、楽しいものです。

 

2人の体をいたわるメッセージを添えて


結婚式までは、新郎新婦の準備はずっと当日まで続くもの。結婚式招待状の返信メッセージでは、おめでとうの言葉だけでなく、忙しい2人を労う言葉を添えると、疲れている新郎新婦がホッと出来るかもしれません。

【 結婚式招待状の返信メッセージ:体を労わる 】

★ 「結婚おめでとう。結婚式までは忙しいと思うけれど、体に気をつけて頑張ってね。」と2人の体を思いやる言葉を添えるメッセージもおすすめです。

・ 忙しい結婚式までの準備期間も、嬉しいメッセージをもらったら、更に頑張れる気持ちになります。

 

ドレス姿が楽しみ♪という気持ちを込めて


新婦が親友だとしたら、親友だからこそ伝えられる結婚式招待状の返信メッセージは、いかがでしょうか。

招待状の返信はがきにせっかく親友が書いてくれた言葉が、形式的なものだったら、そっけなく感じて寂しくなってしまうかもしれません。

【 結婚式招待状の返信メッセージ:親友へ 】

★ 「◯◯ちゃんの花嫁姿、きっとドレスも和装も似合うんだろうな~と1人で想像をふくらませています。当日◯◯ちゃんに会うのが今から楽しみです」

・ …というように、女性目線いつも通りなメッセージは、きっと喜ばれます。

 

2人の門出を祝いたい素直なメッセージ


結婚式の招待状に返信メッセージを添えるのに、「文章がなかなか思いつかない・・・。」なんていう時は、2人の結婚に立ち会えることが嬉しい!ということを言葉にするのも方法です。

【 結婚式招待状の返信メッセージ:門出を祝う 】

★ 例えば「結婚おめでとうございます。2人の晴れの門出に立ち会わせてもらえること、とてもうれしく思っています。」というような文章は、素直に嬉しいものです。

「人生の門出」や「晴れの日」など、結婚式を言い換えて、その日を一緒に過ごせることが嬉しいという気持ちを伝えたメッセージです。

★ どんな相手に使っても気持ちが伝わるメッセージです。

 

幸せな2人に会いたい!お祝いの言葉


結婚式に友人や知人を招待する時には、どうしても新郎新婦は「わざわざ自分たちのお祝いに来てもらう」という気持ちがあります。

日にちをこの日でよかったのか、自分たちの都合で場所を決めてしまったから移動が大変だったんじゃないか、などなど。考えだすときりがないことを考えがちです。

【 結婚式招待状の返信メッセージ:楽しみ! 】

★ でも「結婚おめでとう!2人の結婚式、今からとっても楽しみです。一番に駆けつけるから、写真いっぱい一緒に撮ろうね!」の結婚式招待状の返信メッセージでホッとすることも。

・ 楽しみで仕方がない気持ちを込めたメッセージを贈れば、そんな気持ちも吹き飛んでしまいます。

 

目上の方にも丁寧なメッセージを添えて


目上の方からの結婚式の招待状をもらうと、ついつい「一言メッセージを添えるのが失礼かな。」などと考えすぎて、書かずに返信してしまいがちです。

でもここは「書く」のが正解!どんな相手であっても、結婚式招待状の返信メッセージは、ひと言添えてハガキを出すように心がけた方が、喜ばれます

【 結婚式招待状の返信メッセージ:目上の方へ 】

★ 文章は「ご結婚おめでとうございます。お招き頂きありがとうございます。喜んで出席させて頂きます。」と一般的なもので十分です。

・ 結婚式の招待状の返信はがきは、一言添えてあることが、嬉しいものなのです。

 

いかがでしたでしょうか。ハガキにひと言お祝いの気持ちを添えたい、結婚式招待状の返信メッセージは「素直な自分の気持ちを伝えることが大切」を意識すれば、大丈夫です。堅苦しすぎても、無理にフランク過ぎても、やはり違和感があるものです。

自分と新郎新婦の関係性に合わせた、結婚式招待状の返信メッセージを伝えることが、ハガキに添える言葉では大事なことなのです。

後は、「句読点を使わない」、「忌み言葉を使わない」など、結婚式の一般的なマナーを守ってメッセージを書けば、特に大きなマナー違反になることは、まずありません

自分の結婚式を楽しみにしていてくれる、そんな気持ちが伝われば、新郎新婦はきっと喜んでくれるはずです。結婚式の招待状が届いたら、自分だけの言葉を考えて、返信はがきにはひと言でも、メッセージを添えて出すようにしてみましょう!

 

まとめ

招待状の返信ハガキで添えたい、ひと言メッセージ

・友人だから伝えられるフランクなメッセージ
・夫婦で招待された結婚式は2人からの言葉を
・結婚式の準備で忙しい2人を労るメッセージ
・親友だからこそ伝えたい新婦へのお祝いの言葉
・人生の門出を一緒に祝える喜びを伝えるメッセージ
・結婚式が楽しみでたまらない!気持ちを伝える
・目上の方にもわすれず一言メッセージを添えよう