結婚式の招待状にメッセージを☆返信に添えたい文例集

結婚式の招待状にメッセージを☆返信に添えたい文例集

結婚式の招待状にメッセージを添えて返信していますか?結婚式の招待状の返信用のはがきには、出席・欠席を選択する欄と自分の氏名住所を記入する欄が用意されていますが、メッセージ欄がある場合ない場合があります。

結婚式の招待状にメッセージ欄がある場合でもない場合でも、基本的には一言自分の言葉でメッセージを添えて返信するのがマナーとしておすすめです。とくにメッセージ欄が用意されているのに無記入というのは失礼になりますから、注意して下さい。

しかし、「結婚式の招待状にメッセージを添える時に、なんて書いたらいいのかわからない!」という人が多いのではないでしょうか。そこで、失敗しない結婚式の招待状のメッセージ文例を6つご説明します。



 

結婚式の招待状にメッセージを☆
返信に添えたい文例集

 

喜びの気持ちを伝える


結婚式の招待状にメッセージを添える時には、どのような内容を書こうとも、まず最初に「ご結婚おめでとうございます」と書くのが一般的です。ただ、その形式的な一文だけでは気持ちが伝わりにくいので、続けて自分なりのメッセージを書くのです。

【 喜びの結婚式の招待状のメッセージ 】

★ 「慶んで出席させて頂きます」は、結婚式に出席できる事を喜んでいます、というストレートなメッセージなのでおすすめです。

「喜んで」を「慶んで」と書くと、おめでたいことを祝うという意味が含まれるのであえて、いつもと違う漢字を使って下さい。

 

ウェディングドレスに触れる


気の置けない親しい友人の結婚式の招待状にメッセージを添えるなら、少しくだけた表現でも、相手に失礼がなければ問題ありません。女性の場合は、ウェディングドレスの話題をだすのがおすすめです。

【 ウエディングドレスに触れる 】

★ ウェディングドレス選びは花嫁にとってとても重要な事柄です。

・ そこで、「○○ちゃんのウェディングドレス姿を楽しみにしてます」と言われたら、喜ばない花嫁はいないのではないでしょうか。

友人も楽しみにしてくれていると思うと新婦さんの気合いも一層入るのです。

 

二人に宛てたメッセージ


大学時代の共通の友人や、職場恋愛などでよくあるのが、新郎新婦を二人とも知っている結婚式に招待されるケースです。新郎も新婦も知っている場合には、結婚式の招待状にメッセージを添えるならば、二人に宛てた内容にすると尚良いです。

【 新郎新婦に結婚式の招待状のメッセージ 】

★ 「幸せな二人に会えるのを楽しみにしています」

・ 新郎新婦が同い年でも、先輩の場合でも失礼なく使うことができます

 

結婚式の定番メッセージ


結婚式当日に「末永くお幸せに」という言葉を聞くことは多いですよね。しかし、この表現は結婚式の招待状のメッセージとしても使えるフレーズです。返信用はがきに書く時には、言葉を付け加えて丁寧な文章にすると、尚良いです。

【 定番の結婚式の招待状のメッセージ 】

★ 「二人の末永いお幸せを祈ってます」

・ 日本語的にも正しいですし、丁寧ですから、友人にはもちろんですが、相手が先輩や上司の場合でも使えます。

 

かしこまったメッセージ


結婚式に招待されるケースは、友人や同僚など親しい間柄の相手ばかりではありません。上司や先輩の結婚式に招待されることもありますし、逆に自分の部下の結婚式に招待されるケースもあります。

そのような時には、結婚式の招待状のメッセージでくだけた表現を使うと、相手に失礼と思われたり、不自然に思われますから、丁寧な言い回しのメッセージにします。

【 かしこまった結婚式の招待状のメッセージ 】

★ 「お二人の晴れの門出に立ち会わせて頂けること嬉しく思います」

・ 相手をあげて自分を下げるような言い回しでとても丁寧ですから、かしこまったメッセージを書く時に使います。

 

体を気遣うメッセージ


経験したことがある人はよくわかることですが、結婚式の準備はとても大変です。仕事をしながら準備も進めなければいけないとなると、BGM選びや席次表の作成、生い立ちビデオの素材集めなど、深夜まで式当日の準備にとりかかる事もあります。

【 体を気遣う結婚式の招待状のメッセージ 】

★ 結婚式の招待状のメッセージに「結婚式当日まで忙しと思うけど体に気をつけてね」と添えるときっと相手は喜んでくれます。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式の招待状のメッセージは、自由に自分の言葉でかけるのですが、スペースは決められていますから、簡潔にまとめる必要があります。

短すぎても気持ちが伝わりづらいですし、長すぎて文字が途中でバランス悪くなってしまうと見栄えが良くありません。

そこで、結婚式の招待状のメッセージには、自分が最も伝えたい要点を絞って書くことがポイントです。自分と新郎新婦との関係性や間柄などを考慮して、丁寧に書くのか、カジュアルに書くのかを決め、次に自分が最も相手に送りたい気持ちが何かを考えて書くのがポイント。

今回ご説明した結婚式の招待状のメッセージ文例は、どれも簡潔で相手が好印象を持つ表現ですが、相手と自分の関係性によっても使える文例は変わってきますから、相手に失礼がないよう、注意して使い分けて下さい。

 

まとめ

失敗しない!招待状の返信に添える時の文例とは

・慶んで出席させて頂きます
・○○ちゃんのウェディングドレス姿を楽しみにしてます
・幸せな二人に会えるのを楽しみにしています
・二人の末永いお幸せを祈ってます
・晴れの門出に立ち会わせて頂けること嬉しく思います
・忙しいと思うけど結婚式まで体に気をつけてね