招待状の返信メッセージ☆ちょっと添えたいアイデア集

招待状の返信メッセージ☆ちょっと添えたいアイデア集
招待状の返信メッセージ、せっかく送るなら精一杯の祝福の気持ちを添えて贈りたいですよね。確かに冠婚葬祭の場面なので、ある程度のマナーは意識しながらも、特に友人であれば、少しそっけない印象になるのも、気が引けます。

友人、特に親友であれば、キチンと相手に礼儀を持った返信をしながら、親しみを込めた招待状の返信メッセージで、受け取った時に心温かな気持ちになってもらいたいものです。

それには基本のマナーを押えることが大前提!そこにちょっとした親しみの表現を加えれば、相手に気持ちが伝わります。尊敬と親しみの気持ち、両方が届けば嬉しいですよね。

そこで今回は、招待状の返信メッセージで、尊敬とともに親しみも伝えられる、おすすめのアイデアを、基本のマナーとともにお伝えします。



 

招待状の返信メッセージ☆
ちょっと添えたいアイデア集

 

基本の招待状の返信メッセージ


まずは基本の招待状の返信メッセージを理解し、マナーはキチンと守ることが大切。基本を押えれば、目上の相手など、招待状の差出人との関係性で、ちょっとしたニュアンスを使い分けることができます。

【 基本の招待状の返信メッセージ 】

★ ご結婚おめでとうございます

お招きいただきましてありがとうございます

喜んで出席させていただきます

ごくごく、シンプルな基本の招待状の返信メッセージ。結婚にまつわるメッセージには、「終り(ピリオド)」を意味する句読点は付けないことが、マナーのひとつです。

★ ご結婚おめでとうございます

お二人の晴れの門出を心よりお慶び申し上げます

よりかしこまったこのような文例は、目上の方や関係性が遠い相手に適切です。

 

友人からの招待状、返信メッセージ


基本の招待状の返信メッセージでも、冠婚葬祭の場ですから、相手は気にすることはありませんが、仲の良い友人ならば、少し親しみも示したいですよね。

【 友人からの招待状の返信メッセージ 】

★ ご結婚おめでとうございます

もちろん、喜んで出席させていただきます

○子さんのウエディングドレス姿を、楽しみにしています

「もちろん」で親しみを表し、ウエディングドレスなど、ちょっとした話題を添えると親しみ深いメッセージになります。その他にも忙しい日々の体調を気遣う文面なども、好感度大!

 

欠席する場合の、招待状の返信メッセージ


友人など、ぜひ出席したい関係ながら、仕事などの事情でどうしても出席できないこともあります。このような場合には、より丁寧で繊細な心配りが欠かせません。

【 欠席する場合 】

★ ご結婚おめでとうございます

お招きいただきどうもありがとうございます

やむを得ない事情により欠席させていただきます

コチラは弔事など、理由を伝えられない場合の招待状の返信メッセージです。同じ欠席でもお祝い事…、例えば出産などで欠席するならば、その理由を伝えても、マナー違反にはなりません。

★ 「やむお得ない事情」や「あいにく」などの言葉で、行きたいけれど残念ながら…、のニュアンスが伝わるメッセージにすると、相手に気持ちが伝わります。

 

書き損じた場合:招待状の返信メッセージ


結婚式の招待状の返信メッセージでは、書き損じた場合にも、修正ペンなどを用いないのがマナーです。けれども、一枚しかない返信ハガキ。もしも間違えた場合には、どうすれば良いのでしょうか?

【 書き損じた場合の対処法 】

★ 二重線で消す方法もありますが、おめでたい席なので、間違えの上に「寿」と記す作法が、より丁寧です。

とは言えやはり、書き損じがあまり多いなどでは見え方も良くないので、集中して丁寧に返信するようにしてください。

 

受取人が本人!可愛い招待状の返信メッセージ


結婚式の招待状、よく確認すると本人ではなく両家のご両親や親族が受取人になっている場合も多いです。そのケースでは適用しませんが、本人が受取人の場合、友人であれば、今人気がある招待状の返信メッセージアイデアがあります!

【 可愛い招待状の返信メッセージ 】

★ 返信の「出席・欠席」の○を利用して、返信ハガキいっぱいにイラストを描いてしまう!というものです。

インターネットなどでも画像が多く見られるので、参考にしてみるのもひとつの方法。相手の好きな漫画キャラクターなどを描くこともあり、噴出しでお祝いメッセージ…、と言うのも、もらって嬉しいアイデアです。

 

可愛い招待状の返信メッセージアレンジ


この可愛い招待状の返信メッセージですが、さまざまなアレンジで楽しむことができます。例えば、基本のマナーとして、式に出席する際の招待状の返信メッセージでは、「出席・欠席」の欠席部分には、二重線を引きますが…。

【 招待状の返信メッセージ、アレンジ例 】

★ この二重線を用いて、「ドラえもんのどこでもドア!」のドア部分に見立てるなど、絵の一部分にアレンジしてみるのです!

・ もしくは「欠席」部分がまるまる黒塗りになるようなイラストを描いてしまう…と言うのも、面白いアイデア。

受け取って嬉しい、送る側も送られる側も、楽しめるアレンジです!

 

可愛い招待状の返信メッセージアイデア


確かにイラストを入れた招待状の返信メッセージは可愛いものですが、「私は絵が得意じゃないしな~…。」と言う方々は多いはず。そこでおすすめしたいのが、このアレンジアイデアです。

【 可愛い招待状の返信メッセージアイデア 】

★ マスキングテープやシール、雑誌や漫画の切り抜きを利用して、ハガキをデコレーションして、祝福を表現するアイデアです!

漫画の噴出しからピッタリのセリフをピックアップして、招待状の返信メッセージにしてしまうのも、友人などで本人が受け取るなら、面白いかもしれません!

 

いかがでしたでしょうか、結婚式の招待状、返信メッセージは、基本的なマナーはもちろんありますが、親友など関係性によっては、「相手がもらって嬉しい」アレンジで思い切り伝えるのも、一案ではないでしょうか。

招待状の返信メッセージを贈る相手との関係性を理解し、TPOで使い分ける大人の所作があれば、それぞれの立場でぴったりの言葉を伝えることができるはず。基本のメッセージを参考にしながら、使い分けてください。

また欠席する際には、返信ハガキで欠席を伝えると同時に、当日には電報も贈りたいもの。最近の電報はブリザーブドフラワーやバルーン、文字が入りメッセージになるマシュマロなど、可愛らしいものもたくさんあるので、プレゼント付き電報も一案です!

 

まとめ

招待状の返信メッセージでの、おすすめアレンジ

・基本のマナー、例文を押える
・親しみのある最後の一文で親しみを添える
・欠席するなら、「やむおえない」などのひと言
・書き損じには二重線よりも「寿」がおすすめ
・ハガキにイラストを描いて華やかに
・出席・欠席の○や二重線をイラストでアレンジ
・マスキングテープや切抜きでデコレーション