あなたは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー

あなたは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー
いまやビジネス界でも、コミュニケーションツールといえばメール、が常識中の常識ですよね。それは一般社会の中でも同様で、それが当たり前になってしまうと、公私の区別がつかなくなり、思わぬ失敗をしてしまうことも少なくありません

顕著な例では上司へのビジネスメールなのに平気で絵文字を使ってしまったり、体調を崩し、仕事を休みたいなどの大事な連絡もメールで済ませてしまったり…などということです。

一見、それでも良いんじゃないの?伝えたいことが伝われば…と思われる方もいるかもしれません。では、手書きの報告書や口頭で報連相をしなければいけなかった時代に、それがまかり通ったかどうか考えてみれば、その間違いに気付くことが出来ると思います。

そこで今回は、ビジネスメールの基本マナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネス敬語☆社会人として「絶対タブー!」7つの言葉

ビジネス敬語☆社会人として「絶対タブー!」7つの言葉
ビジネス敬語は、年齢や経験年数を問わず社会人として正しく使えることが求められますよね。

世の中にあるほとんどの仕事には、お客様や取引先などのビジネスパートナーが存在しますし、会社にいれば上司や先輩もいます。このような人たちに対して正しいビジネス敬語が使えないと、社会人としての信用性にマイナスの影響を与えてしまいます。

自分がお客様や上司の立場になったとき、いくら仕事ができる人であっても、ビジネス敬語が正しく使われていないと気になりますよね。この「気になる」という印象を相手に与えるだけでも、ビジネスパーソンとしては、マイナス評価になってしまうのです。

せっかく、仕事に対して真面目で一生懸命に取り組んでも、言葉遣いでマイナス要素を作ってしまうのはもったいないことです。そこで、社会人として絶対タブーのビジネス敬語の間違った使い方について7つ解説します。

[ →続きを読む… ]