仕事辞めたいほどの人間関係☆窮地から脱するポイント

仕事辞めたいほどの人間関係☆窮地から脱するポイント
仕事辞めたいほどに人間関係で悩まされることは、いつの時代も後を絶ちませんよね。誰もが気持ちよく仕事したいと願っているはずなのに、なぜこんなことになるのか不思議です。

入社して新たな人生に期待を膨らませていたのに、仕事辞めたいなんて人間関係でつまづいてしまうのは、とても残念!その後の人生に影響する、大きなダメージにもなりかねません。

最悪な場合は、自殺にまで追い込まれてしまった人もいますし、精神的にバランスが崩れて、人間らしい生活を送れなくなってしまった人も…。そんな人が増えてしまう事は、誰もが望んでいないことではないでしょうか。

ただ、本人は窮地と思っていても、冷静に一歩引いて見た視点は、充分に挽回可能なことも、実は多いものです。

そこで今回は、仕事辞めたいと思うまで人間関係を悪化させてしまわないために、窮地から脱するポイントをお伝えします。

 

仕事辞めたいほどの人間関係☆
窮地から脱するポイント

 

現実を理解する

「仕事辞めたい!人間関係なんてもうイヤ!」と思ったら、実はあなたは正しい感覚を持っているという事の証かもしれません。

どれだけ年月が経っても、それだけ問題になる件数が多くなっても、これだけ多くの人が苦しい思いをする状況は、無くなっていないのも現状。

つまり、人間関係は上手くいかないのが普通なんです。育った環境も、通ってきた学校もみんな違います。

【 仕事辞めたいほどの人間関係☆心構え 】

★ 今まで友達に選んできた人もそれぞれ違うのが、人の集まり。要するに、価値観がまるで違うのです。

・ ですから、「人間関係はうまくいかなくて当然!」くらいの気持ちでいると、グンと気持ちも楽に構えることができたりします。

 

相手に期待しない

仕事辞めたいほど人間関係が苦痛になる人は、「自分の事を分かってもらえない」という気持ちが大きくなるもの。これは、相手に期待するから…。

そんな多くの事を求めているわけではないとか、少し話を否定せずに聞いてくれればいいとか、いろいろ言い訳っぽくなってしまうのですが、これは相手への過度の期待になってしまうことに。

もちろん、間違った主張ではありません。自分の事が分かってもらえれば、こんなにいいことはありません。しかし、それがなかなか分かってもらえないのが社会というもの…、と言うことも、初めに理解しておくと心はずっと楽になります。

【 仕事辞めたいほどの人間関係☆期待しない 】

★ 皆、仕事をしに来ているのであって、人の気持ちを理解するために来ているのではないはず。

・ ここは、自分の方が理解を深めないといけないところです。

それで、相手に期待することなく、自分のすべき仕事に集中してください。その方がストレスは少ないですし、仕事の質も向上します。

 

言い訳はしない

基本的に言い訳はしない方が、人間関係はうまくいきます。言い訳してしまうと、上司や同僚を、かえって怒らせてしまうことになりがち。

「人のせいにするな!」なんて、怒られるシーンがよくあります。

【 仕事辞めたいほどの人間関係☆言い訳をしない 】

★ 多くの人はネガティブな意見を好みません。言い訳をされるだけでいや~な気持ちになるという人もいるほど。

・ そのためまずは、言われることを受け止めることから、努力してみてはいかがでしょうか。

そして、次に何をすれば挽回できるかを、考えてみるのです。そういう前向きな姿勢で働いていると、自分で言い訳しなくても真実は分かってもらえるかもしれません。

 

礼儀を大切にする

辛い状況の時もありますが、そんな時でも、挨拶をおろそかにしないと変わることも…。

勤続年数が長くなると、この辺りが崩れてしまう事が多いので気をつけてください。しっかり挨拶し続ける人は、周りから好かれるもの。

【 仕事辞めたいほどの人間関係☆礼儀 】

★ キチッと返事をすることも大切。

・ ただ返事すれば良いのではなく、タイミングを外さないこと、はきはきした気持ちの良い返事をすることも、誠実な人柄を理解してもらうポイント。

特にこの、返事のタイミングには気を付けたいところ。いい加減な返事をする人という印象を与えると、後々より厄介。いつも気持ちよく聞いている、と感じてもらえると応援者が増えてきます。

 

正直に振る舞う

結局のところ、人間関係は誠実さが伝わるかどうかが物を言います。いつも正直に振る舞っていれば、仕事辞めたいほどまで人間関係が悪化することはありません。

【 仕事辞めたいほどの人間関係☆悪口は御法度 】

★ 当然ながら、陰で悪口を言うことは避けてください。最も信頼を失う行為でもあります。

・ そういう気持ちは態度に表われ、本人に伝わってしまう事もあり、トラブルのもと。仕事辞めたいほどまで人間関係が悪化する第一歩。

そして、悪口を言う人は、自分も言われているかもしれないという不安を抱えるケースが多いのも、特徴的。ストレスが大きくなってしまいます。

ですから、むしろ上司や同僚をよく観察して、良いところを探す癖を身につけると社会生活は快適に…。

そういう癖が身につくと、人間関係を悪化させないだけでなく、自分に喜びを与えてくれるに違いありません。

 

いかがでしたでしょうか、仕事辞めたいほどの人間関係になってしまうと、人生がめちゃくちゃになってしまいますので、事前に防ぎたいところ。

仕事は、自分や家族の生活を支えるためにしているわけですから、簡単に辞めらないだけではなく、仕事でストレスを溜めてしまうと家族にも影響、悲惨な状況にもなりかねません。

できるなら、仕事を楽しめるようになれたら、毎日が快適・充実!ですから、仕事辞めたいとまで人間関係を悪化させないように、普段からの努力や配慮がポイント。

人間関係は相手の気持ちも関係しますので、自分だけで良くすることはできません。

完全に良い人間関係になることは、期待できないケースも多々ありますが、道理にかなった範囲で、うまくこなしていくことを考えてみる方が自分にとってもベター。

自分の考え方をコントロールすることによって、自分なりにストレスが大きくなりすぎないところを目指せます。

バランスのとれた考え方をして、仕事辞めたいほどの人間関係になってしまわないよう、また、挽回できるよう、努力しましょう!

まとめ

人間関係を今よりも良くする工夫

・人間関係はうまくいかなくて当然
・理解してほしいと、相手に期待しない
・言い訳はせず、前向きな姿勢を見せる
・どんな時でも挨拶し、印象の良い返事をする
・陰で悪口を言わない


連記事