初七日法要の準備。喪主がおさえるべき5つのポイント

初七日法要の準備。喪主がおさえるべき5つのポイント
家族が亡くなれば、役所への届け出の他、通夜や葬式、初七日の段取り等、喪主として様々な段取りを取り仕切らなくてはいけません。大切な人が亡くなって、それだけで辛くて何も考えられなくなるかもしれませんが、喪主という立場であった場合、故人をきちんと送り出すためにも法要はきちんと済ませ、供養をして差し上げたいですよね。

亡くなられた方の通夜、葬儀を終え、ご遺体が荼毘に付された後には初七日の法要が控えています。当日は葬儀社のエージェントが段取りを仕切ってくれる場合が大半ですが、それでもやはり大切な故人の事ですから、どのようなことが執り行われるのかをできれば把握しておきたいものです。

信仰によって、故人の法要の仕方も様々です。そこで今回は、仏教における通夜と葬儀を終えた後の最初の法要である初七日について、「初七日法要の準備。喪主がおさえるべき5つのポイント」としてわかりやすくお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー
「弔辞」とは葬儀にて、故人と生前親しかった人が読み上げる言葉。御霊前で故人との思い出を懐かしみながら、永遠の別れに対する悲しみや想いを言葉にしていきます。

一般的には遺族側から依頼をされた人が、弔辞を考えて読み上げるもの。葬儀の規模にもよりますが、大体3~5人ほどが選ばれます。

遺族の方々から弔辞を依頼されると光栄な気持ちと共に、絶対に失礼があってはならないというプレッシャーも感じるはず。ただ、お葬式はあらかじめ分かることではありません。

そのため、弔辞を依頼されてから実際に読み上げるまでの時間は、あまりありません。そのような短い時間の中で、失礼の無いようにするためには、弔辞の基本を理解しておくと安心ですよね。

そこで今回は、弔辞を頼まれた際にまず確認したい、文章構成の基本とマナーをお伝えします。あまり大きな声で聞けない弔辞の基本、ぜひ確認してみてください。

[ 続きを読む… ]

告別式の服装マナー。社会人が押さえるべきポイントとは

告別式の服装マナー。社会人が押さえるべきポイントとは
告別式の服装、ある程度のマナーは分かっていても、「これで本当に大丈夫かなぁ…。」と迷ってしまうこともありますよね。あまり参列する機会もないだけに、いざとなると告別式の服装マナーに自信がないのも仕方ありません。

しかしながら、親しい人や知人に不幸があった場合、社会人としてきちんとした告別式の服装で参列するのはマナー。

ただ、告別式の服装を選ぶ上で難しい点は、喪主としての服装や男性、女性でも服装に違いがあること…。自分がどの立場になっても間違いが無いよう、しっかりと確認し、丁寧に故人を弔いたいですよね。

そこで今回は、社会人になったら知っておきたい、告別式の服装マナーをお伝えします。あまり大きな声で聞けないことだからこそ、こちらでしっかりと確認しておいてください。

[ 続きを読む… ]

通夜の作法をおさらい。事前に意識したい心遣いとマナー

通夜の作法をおさらい。事前に意識したい心遣いとマナー
通夜の作法は日頃から意識しておかないと、訃報はいつも突然飛び込んでくるだけに、誰しもそれほど慣れていないために慌ててしまいがちですよね。

しかし、社会人になればこれまでより世界が広がり、様々な方との繋がりができる分、訃報に接することも多くなってしまいます。あっては欲しくありませんが「明日は通夜に参列しなければ…」という機会も増えていくのです。

特にあまり経験のない方は服装や香典に始まり、どんな心構えで臨んだらよいのか、不安なことも多いはず。そんな時はやはり、通夜の作法とはどのようなものだったか、改めて確認したくなりますよね。

そこで今回は、失礼にならない通夜の作法を細かくお伝えします。ポイントは遺族に対する心遣い。このことを意識しながら、ぜひご一読ください。

[ 続きを読む… ]

焼香を行う時の作法。知っておきたい7つの基礎知識とは

焼香を行う時の作法。知っておきたい7つの基礎知識とは
焼香をする機会は、お葬式や法要に参列するとほとんどの葬儀で出てきますよね。それでも、当たり前のように行っている人がいる反面、「これでいいのかしら…。」と不安を感じながら、焼香をしている人も少なくないはず。

お葬式や法要の場では、「お焼香って、どうすればいいの?」なんて、誰かに聞くわけにはいかないもの。もしかしたら、間違った作法をし続けている人もいるかもしれません。

1人の大人として、日頃から焼香の作法はきちんと身に付けておくと、安心ですよね。そこで今回は、人前に出て恥ずかしくないよう、焼香の手順や基礎知識をお伝えします。

突然訪れる葬儀の席、日頃から確認して、堂々と参列できるようにしておけば、心おきなく故人への弔いもできるはず。ぜひ、一読して確認してみてください。

[ 続きを読む… ]