葬式の流れを把握する。喪主が行う当日の7つの事柄

葬式の流れを把握する。喪主が行う当日の7つの事柄
葬式の流れは喪主であれば、だいたいを把握しておくと安心ですよね。確かに、葬儀を葬儀社に依頼したら、基本的には葬儀社が準備や当日の進行ももれなくやってくれます。

ただ、喪主がチェックをしなくてはいけない事も多々ある葬式の流れ。ある程度把握しているとスムーズに進めることができるのです。

もし自分が配偶者や親兄弟の葬儀の喪主を務めることになった場合、故人の死に大きなショックを受けているでしょうし、毅然とこなせるか不安になるもの。しかし、喪主は故人を供養するという重大な役割を担ってもいます。

大変ではありますが、しっかりと葬式の流れを把握しておくことで、安心できる要素も増えます。とは言え、喪主を頻繁に務める人は多くありません。初めてだという人が多いのは当たり前ですが、不安ですし当日の動きがイメージできないですよね。

そこで今回は、葬式の流れで喪主が行う当日の事柄を、7つのポイントに絞ってお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは
お悔やみの言葉をメールで送るのはありかなしか、悩むことってありますよね。親しい友人や同僚、親戚であればなおさら、すぐにでも気遣って連絡を取りたいという気持ちなりますから、そんな時にメールはとても便利なツールです。

しかし、お悔やみの言葉は、昔から本来直接出向いて伝えたり、お悔やみ状や弔電で贈るものとされていました。そのため、お悔やみの言葉をメールで贈るのは失礼に当たります。

ところが、直接相手の家に行けない、葬儀にも行けないという場合には、いったんメールで連絡を取るのは有効な手段とも思えますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉をメールで伝える時に注意すべきことや、マナーを実践する上で重要となる心得を、7つのポイントに分けて解説します。

[ →続きを読む… ]

葬儀マナーをチェック!事前に知りたいお葬式の基礎知識

葬儀マナーをチェック!事前に知りたいお葬式の基礎知識
葬儀でのマナーは事前に調べておいたことで、意外に助けられた経験がある方々は多いですよね。

当然ですが葬儀はお祝い事ではありませんから、たくさんの人が集まりますが、会場はとても静かです。葬儀での流れがわからないからといって、一緒に行った人に聞いたり、あたふたしていると目立ってしまうのです。

また、服装や持ち物など目に見える部分で葬儀におけるマナーが守られていないと、他の参列者から「マナーを知らない無礼な人」だと思われますし、遺族にも不快な思いをさせてしまいます。せっかく故人の死を悼み、供養をしに行ったのに失礼だと思われたくはないですよね。

しかし、その一方で葬儀マナーは「難しそうで、覚えきれなさそう…。」というイメージが定着しています。そこで今回は、事前に確認しておくべき最低限の葬儀マナーについて、7つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント
弔辞を頼まれたら、「自分では、十分に役目を全うできないのではないか…。」と、恐縮してしまうことも、よくありますよね。

確かに故人の数ある友人や会社の同僚、上司の方を差し置いて弔辞を読むという大役をするのは、気が引けるものですが、喪主や遺族の方から依頼された場合には、よほどやむを得ない事情がない限り承諾するのがマナーです。

むしろご遺族の方が信頼して、自分に弔辞を依頼してきた意図を汲み取ってあげるべき。

きっと、家族には見せない顔を知っていた数少ない近しい人と思われているのですから、味気ない定型通りの弔辞を求めているのではなく、自分ならではの弔辞を求められている、と考えてください。

しかし、弔辞を初めて読むという人や不慣れな人にとっては、基本的なマナーや構造すらわからないですよね。そこで今回は、弔辞を頼まれた時の準備の参考になる、基本的な構成とそのポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]

密葬を執り行う。喪主が進める7つの基礎知識

密葬を執り行う。喪主が進める7つの基礎知識
密葬と聞くと暗いとかネガティブなイメージを思い浮かべてしまいますよね。確かに、密葬は周囲の人には通知することなく、近親者のみでひっそりと行う葬儀の形態ですので、あまりいい亡くなり方をしなかった場合に行われることもあります。

しかし、最近では本人の意志で葬儀に費用を無駄にかけないで欲しいとか、本当にお悔やみの気持ちを持ってくれる人だけで葬儀をして欲しいという思いから、故人本人の希望で密葬にするというケースが増えてきています。

かつてのように葬儀に高い費用をかける経済的余裕がないというのも実情です。とはいえ、密葬にいいイメージを持たない人もいるため、密葬をする際は喪主はあらゆることに気配りをしながら進めて、滞りなく葬儀を進行できたら、ホッとしますよね。

そこで今回は、密葬を執り行う際に知っておくべき基礎知識を7つお伝えします。

[ →続きを読む… ]