告別式の挨拶。準備前に知りたい基本の構成とポイント

告別式の挨拶。準備前に知りたい基本の構成とポイント
告別式の挨拶をすることになるケースは、そう頻繁にあるわけではありませんよね。告別式の挨拶は、一般的に喪主がすることが多いです。

喪主は、故人の配偶者か子供、親、兄弟など、故人に最も近い親族がするのが通常ですから、大家族の家庭でもない限り、人生で何度もするという事は稀。

しかし、不慣れだからとか、気が進まないからと言って、告別式の挨拶を省略したり、簡略化することはできません。告別式における挨拶というのは、故人に代わって、また、親族を代表して、葬儀に足を運んでくださった参列者にお礼を言うことは大切。

冠婚葬祭の中でも、突然訪れるのが仏事の葬儀。参列者は故人を供養するために、わざわざ来てくださるのですから、失礼のない告別式の挨拶をしたいですよね。そこで、挨拶文の基本構成とポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事での香典マナー。時期や形式によって違う包み方

法事での香典マナー。時期や形式によって違う包み方
法事の香典を包む時は、表書きは薄墨で書くべきなのか、また、通夜や告別式の時の表書きと同じで良いのか、香典を包むということはわかっていても、厳密な包み方まで正確には覚えていないですよね。

宗教やその宗教ごとの宗派によって、法事の香典マナーは異なりますから、どんな場合でも対応できる人は少ないもの。法事に香典を持参する本来の目的は、故人を供養するためと言われています。

ですから、供養しますという気持ちを香典を込めて包まなくてはいけませんし、それを表す包み方のマナーを守らなくてはいけません。日本では、日頃から特定の宗教にこだわっている人とそうでない人がいますから、相手の宗教への配慮も必要になります。

法事の香典マナーは、学校では中々習わないことですから、自ら学び、常識として頭に入れておくと、突然の時にも安心ですよね。そこで今回は、時期や形式によって異なる、法事での香典マナーについて6つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お悔み電報のマナーとは。押さえる基本の言葉遣いと例文

お悔み電報のマナーとは。押さえる基本の言葉遣いと例文
お悔やみ電報は、葬儀に参列できない時、お悔やみの言葉を直接伝えられない代わりに送ることが出来るため、助かりますよね。

ただ、葬儀には参列のマナーがあるように、お悔やみの言葉を伝える時にもマナーがあります。とくにお悔やみ電報で言葉を送る時には、失礼がないように細心の注意を払わなければいけません。

口から言葉で発すると相手にニュアンスまで伝えることができても、書面で活字にするとそっけなくなってしまったり、自分が意図したニュアンスが十分に伝わらないこともあるはず。

ですから、お悔やみ電報では、意図しない誤解を与えないために、言葉遣いと言い回しには気を付けなくてはいけないのです。

しかし、お悔やみ電報を一度も送ったことがない人は、どう気を付けなければいけないかがわからないですよね。そこで今回は、お悔やみ電報のマナーで抑えるべき、言葉遣いと例文のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

家族葬とは☆一般葬との違いと、終活で選ばれる理由

家族葬とは☆一般葬との違いと、終活で選ばれる理由
家族葬とはどのような葬儀の形態なのか、何となくイメージがあっても具体的な内容については分からない人が多いですよね。生きているうちは自分がいつ死ぬかなんて誰もわかりませんから、死んだ後のことまで考えていないという人が多いのは、当然。

しかし、年齢を重ねると自分の遺産をどうするか、子供に迷惑をかけないために死んだあと事を、自分である程度準備しておこう、と考える人が増えてきます。それが終活。今この終活で支持が高まっているのが、家族葬という葬儀の形態なのです。

家族葬とは家族だけでやる葬儀というイメージで、なんだか寂しいと考える人もいるかもしれません。そこで今回は、なぜ家族葬が高い支持を受けているのか、その理由について、一般葬と比較してメリットをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

葬儀の喪主挨拶で外せない5つの「言葉」と「ポイント」

葬儀の喪主挨拶で外せない5つの「言葉」と「ポイント」
葬儀での挨拶というのは想像しただけでも気が重いものですが、もし自分が喪主になり挨拶の必要がある場合どのようにすればよいのか気になりますよね。葬儀は何の前触れもなく突然やってくる場合もあれば、すでに心の準備が整っている場合もあるでしょう。

喪主としての役割をふまえ、心を込めて述べる葬儀での挨拶はご参列いただいている方々へのお礼と故人への感謝の言葉としたいものです。

葬儀の挨拶は悲しみの中で行われ、計り知れない不安と緊張があることでしょう。その緊張の中でも喪主として葬儀の挨拶をしなければなりません。将来、喪主になることも予想されます。葬儀で挨拶をするというのはとても大変なことですが故人の供養のためにも心を強く持ち乗り越えたいものですね。そこで今回は葬儀の喪主挨拶で外せない5つの「言葉」と「ポイント」をお伝えします。

[ 続きを読む… ]