スーツで結婚式に参加するときお洒落に見せる7つの方法

スーツで結婚式に参加するときお洒落に見せる7つの方法
友人の結婚式にお呼ばれした際、どんな格好をすればいいのか悩む人は多いのではないでしょうか。せっかくなら他の人よりもお洒落にしていきたいと思うのは私だけでしょうか。

結婚式のフォーマルな服装は礼服ですが、年齢が若い人や独身の方はスーツを着ていくのが今では一般的になっているようです。

マナーを守ることだけを考えれば、黒スーツに白シャツ、白ネクタイという格好になります。でも、それではどうも面白みがないというかなんというか。

皆がスーツだからこそ、式に参加するのに失礼がない範囲で、さり気なくお洒落を楽しみたいですよね。

それでは、どんな着こなし方をすればお洒落に見せることができるのか。結婚式に呼ばれて服装に悩んでいる皆さん、一緒に見て行きましょう。



 

スーツで結婚式に参加するとき
お洒落に見せる7つの方法

 

安っぽい黒スーツは避けましょう


結婚式のスーツ=黒というのは間違っていません。紺色や茶色のスーツもありますが、分かりやすすぎるお洒落というのはお洒落に見えないものです。

また、若者ならまだしもある程度の年齢の方や既婚者の方は黒以外は違和感があります。ただ、ここで気をつけたいのが黒の色です。

結婚式のようなフォーマルな場では皆さんそれなりのものを着ていますので、安い黒のスーツだと、その黒の色味の違いで安いスーツだとすぐバレてしまいます。

浅い黒色は安っく見えますので、同じ黒を購入するときにもできるだけ深い黒色を選ぶようにしましょう。

 

ストライプのスーツは避けましょう


ストライプのスーツはそれだけでお洒落に見せてくれるアイテムなので使いたくなるのですが、結婚式では辞めて置きましょう。

理由は2つあります。一つは、ストライプスーツは被ると居心地が悪くなるからです。これが新郎と被ってしまったならもう居ても立ってもいられない状態になってしまいます。

もう一つは、ストライプスーツが似合う人と似合わない人がいるからです。ストライプスーツを着るとチャラチャラした人に見えてしまったり、ホストに見えてしまう人がいます。

または組長に見えてしまったり。お洒落に自信がある方でないなら辞めて置くのが無難と言えるでしょう。

 

カラーシャツより織り柄入り


シャツは白色がフォーマルな格好ですが、淡い青色や淡いピンク色など明るいパステルカラーを選んで着ている人が多くなってきました。もちろんそれでもいいのですが、お洒落に見せるなら白いシャツで織り柄が入っているものを選びましょう。

遠くから見ると分かりませんが、そばで見ると柄があることに気づくというさりげなさがお洒落を演出します。表に出たお洒落よりも隠れたお洒落は自分でもちょっといいなとほくそ笑むことができます。

また、ボタンホールがカラー糸で飾られているようなものや、ボタンとそのボタンの付き方が少し普通のと違うものというのも、気づいた人はあなたをとてもお洒落だと思うに違い有りません。

 

ネクタイはシルバーグレーやシャンパンゴールドで


ネクタイの色は白が基本ですが、最近では色々な色のネクタイをしている方が多いです。親族の場合は白やシルバーが多いですが、親族以外で白を着用する人はずいぶんと少なくなってきています。

ネクタイを選ぶ上で一番簡単なのは、カラーシャツの色にネクタイも合わせるというコーディネイトの仕方です。パステルピンクのシャツならピピンクや赤系のネクタイを選ぶのです。

もちろん、こういった選び方で十分なのですが、より一層お洒落に見せるにはシルバグレーやシャンパンゴールドを選んでみてはいかがでしょうか。普通のネクタイより光沢があり上品に見えます。派手すぎることもありません。

そしてもうひとポイント、ネクタイは「ディンプル」というシワを作る結び方にするとより華やかに見え、結婚式という華やかな場にとてもよく似合います。

 

ポケットチーフで上品な演出をしよう


胸元のお洒落を演出してくれるのがポケットチーフです。最近では普段でもポケットチーフを使う人が増えてきているようですが、それでもまだまだお洒落に取り入れている人が少ないのが現状です。

それだけに、ポケットチーフを取り入れているだけでお洒落に見せることができます。ポケットチーフはシャツの色に合わせるのが基本です。

ネクタイと合わせるコーディネイトは本場外国では田舎者と笑われるそうですが、お店に行くとネクタイとポケットチーフを合わせたコーディネイトをよく見かけるので悩むところですが、ここはやはりシャツと合わせましょう。

ネクタイと合わせるとキメキメな感じがしてしまうからです。お洒落はさり気なくするのがポイントです。

 

カフスはシルバー系で話題になるものを


胸元のお洒落を演出してくれるのがポケットチーフなら、袖口のお洒落を彩るのがカフスです。ぜひともシルバーのカフスを身に着けて行きましょう。結婚式のカフスの色昼間の式では白蝶貝、夜の式なら黒蝶貝か黒オニキスというルールがあるのですが、最近はそれもそこまであまり意識されなくなってきました。

シルバーならどんなスーツにも合いますし、シルバーなら時間帯関係なくOKにもなっていますので、マナー知らずと言われることもありません。

2次会などは、もっと砕けたカフスを付けるのもいいですね。ギターが得意ならギターのカフスなど「あれ?かわいいカフスですね。ギター弾かれるんですか。」と話題になるようなものなら新しい出逢いも期待できるかもしれません。

 

お洒落は足元から


最後に全体の印象を決めるのが靴です。ここまでしっかりとお洒落に気を使っていても、靴がくたびれていては全てが台無しです。

ビジネス用の靴でも構わないのですが、履きつぶしたような靴は避け、光沢のあるしっかりした靴を履きましょう。できれば、冠婚葬祭用かお洒落して出掛けるときのために光沢のある靴を一足用意しておきましょう。

ヒモ靴、プレーントゥ、スクエアトゥなどがおすすめです。動物の皮をイメージさせる靴はイミテーションでも冠婚葬祭では縁起が悪いので辞めた方が良いです。

 

いかがでしたでしょうか。

結婚式に参加をするときのお洒落なスーツの着方参考になりましたでしょうか。結婚式はフォーマルな場ですので、マナーが問われます。

ただ、昔からそうだからといって、今もそうだと思い込むとその次代に合わずに逆に浮いてしまうこともあります。

また、少しカジュアルになってきたとは言え、スピーチを頼まれている等の役を引き受けた場合は正装に近い装いをする必要があることは忘れないで下さい。

結婚式というフォーマルな場所で、マナーを守りつつお洒落を楽しむことは、その結婚式事態を華やかにします。また、普段とは違うお洒落をすることは新郎新婦へ心からのお祝いの気持ちを示すものでもあります。

気取り過ぎず、野暮ったくならずお洒落に見える着こなしをして結婚式を盛り上げましょう。

 

まとめ

スーツで結婚式に参加するときお洒落に見せる7つの方法

・安っぽい黒スーツは避けましょう
・ストライプのスーツは避けましょう
・カラーシャツより織り柄入り
・ネクタイはシルバーグレーやシャンパンゴールドで
・ポケットチーフで上品な演出をしよう
・カフスはシルバー系で話題になるものを
・お洒落は足元から