お悔やみ電報を送る際に気を付けたい5つのマナー

お悔やみ電報を送る際に気を付けたい5つのマナー
お悔やみの電報(弔電)を送る機会は、そんなに多くありません。特に若い人だと送った経験のない人の方がほとんどでしょう。でも、社会人になると訃報に接することが多くなりますし、お悔やみ電報を送る場面も出てきます。だからこそ知識として身につけておきたいですよね。

お悔やみの電報は、お葬式に参列できない場合にご遺族に対して弔慰を表すために送りますが、宛先や差出人、内容など、どのようにしたら良いのかは、訃報という突然の事なので戸惑ってしまうことも多いでしょう。

お悔やみの電報は、なるべく素直な気持ちをストレートに伝えたいものです。しかし、マナーを守らないと遺族が悲しい思いをしてしまうことにもなります。

そこで今回は、お悔やみ電報を慌てずに送れるように気をつけたいマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔電を送るなら、葬儀屋さんが教える7つの知識

弔電を送るなら、葬儀屋さんが教える7つの知識

弔電は多くの電報のなかでも、特にマナーに配慮したいもの。誰かの訃報は、まさか!という思いがけないタイミングで、耳に入ります。通夜や告別式の日程も、もちろん土日に合わせるという訳ではなく、日柄に合わせて決めていきます。そうなると、どうしても参列できないタイミングも生まれます。

日程的には列席できても、遠方であったり、どうしても都合が合わなかったりと、列席できない人も多いです。そんな事情がある場合、お悔やみの気持ちを込めて弔電を送るのがマナー。

弔電は、葬儀の最中に読まれることもあります。そのため気持ちを込めた弔電は、式の中で読み上げられます。より気持ちを強く伝えてくれるのです。そこで本記事では、故人を偲び気持ちのこもった弔電を送るために、経験の多い葬儀屋さんが教えるポイントを、お伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔電の体験談、心に響いた例文からみるポイントとは

弔電の体験談、心に響いた例文からみるポイントとは

訃報は突然届くもの。葬儀の知らせを受けても、どうしても都合がつかずにお通夜や葬儀に参加出来ない時もありますよね。そんな時に必要となってくるのが弔電です。

弔電とは、どうしてもやむを得ない事情で葬儀に参列出来ない場合、喪主に対してお悔やみの気持ちを伝えるために打つ電報のことをいいます。葬儀の前は何かとバタバタしてしまいますので、少なくとも葬儀が始まる3時間前までには弔電が届くように手配するのが大人のマナー。

お悔やみという場面において、相手の顔を見ずに自分の気持ちを上手に弔電で伝えるためにはどのような文面にしたら良いのか悩んでしまいますよね。とはいうものの、時間までに弔電を届けるためには、心に響く文面を考える時間的な余裕はありません

そこで今回はいざという時に慌てず、スマートに対応出来るよう、弔電を送る上で押さえておきたいポイントや知っておきたい例文をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

やむを得ない理由で葬儀に参列出来ない場合に送られるのが弔電です。故人への想い、ご遺族への弔意を表す為に送ります。そんな弔電を頂いた場合に必要となるのが「御礼状」ですね。

接する機会のない弔電のお礼状ですから、どんな文章を記載すれば良いか分からないと言う方も多いでしょう。今日は、そんな場合に備えて「弔電のお礼状の書き方と例文」を紹介します。

亡くなった方の立場に合わせて様々な例文を記載しますから、ご自身に合わせてご使用下さい。聞き慣れない言葉、見慣れない言葉の解説も添えて紹介します。

マナーに沿った内容で、送って頂いた相手に失礼とならないよう配慮していきましょう。故人、またご自身の感謝の気持ちが伝わるお礼状にして下さいね。

[ 続きを読む… ]

弔電のお礼を伝える時の7つのマナーと心得

弔電のお礼を伝える時の7つのマナーと心得

弔電は、葬儀に来ることができなかった人から届くお悔やみの気持ちです。故人や遺族のことを気遣い、弔電という形で丁寧に弔意を伝えてくださるということはとても有難いこと。

喪主は一連の葬儀の準備に追われ、精神的にも大変な状態ではありますが、弔電をお送りくださった方々にお礼の気持ちをお伝えしなければいけません。

とはいえ、ただ「ありがとうございます」とお伝えすればいいわけではありません。弔電というきちんとした形式で弔意を受け取ったからには、そのお礼も丁寧にお伝えするのが礼儀。つまり、マナーをしっかり守ってお礼をしなければならないのです。

本記事では、弔電のお礼を伝える際に守っていただきたい7つのマナーと心得についてご説明しています。本記事を参考に、弔電をお送りいただいた方にきちんと感謝の気持ちを伝えてくださいね!

[ 続きを読む… ]