弔電

弔電マナーについて

お悔やみの手紙の書き方。遺族を思いやる5つの心遣いとは

通夜にも葬儀にも参列できず、お悔やみの手紙を出そうと考え、文面やマナーに困ってしまったこと、ありますよね。だからといって香典だけを何も書かずに送るのも失礼なので困ってしまいます。そこで今回はお悔やみの手紙の書き方について、遺族を思いやるポイントを押さえながらお伝えします。
弔電マナーについて

お悔やみ電報を送る際に気を付けたい5つのマナー

お悔やみの電報を送る機会は、それ程多くありません。でも、社会人になると訃報に接することが多くなりますし、お悔やみ電報を送る場面も出てきます。そこで今回は、お悔やみ電報を贈る際に気をつけたいマナーをお伝えします。
弔電マナーについて

弔電を送るなら、葬儀屋さんが教える7つの知識

弔電は真心を込め配慮し、お悔やみの気持ちをしっかりと遺族に送りたいもの。お葬式に列席できない時、やむを得ず送る電報が、弔電。そこで本記事では、故人を偲び気持ちのこもった弔電を贈るために、経験の多い葬儀屋さんが教えるポイントを、お伝えします。
弔電マナーについて

弔電の体験談、心に響いた例文からみるポイントとは

弔電とは、葬儀を欠席する場合にお悔やみを伝える電報です。葬儀の場だけに文面で悩む人は多いです。とは言え突然の訃報に悩む時間的な余裕はありません。そこで今回は、慌てず対応できるよう弔電で押さえてたいポイント、知っておきたい例文をお伝えします。
ビジネスマナー

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

やむを得ない理由で葬儀に参列出来ない場合に送られるのが弔電です。故人への想い、ご遺族への弔意を表す為に送ります。そんな弔電を頂いた場合に必要となるのが「御礼状」です。今日は、そんな場合に備えて「弔電のお礼状の書き方と例文」をご紹介。
弔電マナーについて

弔電のお礼を伝える時の7つのマナーと心得

弔電は、葬儀に来ることができなかった人から届くお悔やみの気持ちです。お礼も丁寧にお伝えするのが礼儀。弔電のお礼を伝える際に守っていただきたいマナーと心得に説明しています。弔電をお送りいただいた方にきちんと感謝の気持ちを伝えてくださいね!
ビジネスマナー

葬式の日程、どうしても都合がつかない時に取るべき対応

急な訃報、すぐにでも駆けつけたい。しかし、どうしてもお葬式の日程のスケジュールの調整がつかない。「葬式の日程、どうしても都合がつかない時に取るべき対応」と題し、参列は叶わなくとも、それ以上に弔意を示せる対応方法をご紹介致しましょう。
弔電マナーについて

通夜・告別式に参列できないときに行うべき7つの行動

お通夜・告別式の連絡が来たら、ご縁があった相手ほど、お通夜・告別式に参列してご冥福を祈りたいものです。とはいえ、どうしても参列できない場合があります。そこで、今回、通夜・告別式に参列できないときに行うべき7つの行動を御紹介いたしましょう。
弔電マナーについて

お悔やみの手紙を送る時に知っておきたい7つの一般常識

訃報の知らせを受けたとき、やむを得ない事情で、どうしても駆けつけることができない・・・そんな場合に、遺族にお送りするお手紙が、お悔やみ状です。お悔やみ状、手紙の書き方の一般常識とは、どんなものかをご説明しましょう。
弔電マナーについて

心労でいっぱいの時にも、弔電へのお礼で最低限必須の7つのこと

家族との別れは誰にとっても辛いものです。しかし、ただただ、悲しみに暮れているわけにもいかないのも事実。葬儀を終えてもやるべきことはあります。そう、弔電のお礼です。最低限必須の事を7つにまとめましたのでご参考になさってください。
弔電マナーについて

突然の訃報・・労りの気持ちとお悔やみをメールで伝える7つの方法

突然の訃報を受けたが、駆け付けられない場合。メールでのお悔やみは親しい間柄の人にとってはすぐに思いを伝える事が出来、相手の心に寄り添える欠かせないツールとなっています。ここではお悔やみをメールで伝えるときのポイントをお伝えします。
弔電マナーについて

弔電を頂いた方へのお礼をする時に知っておくべき7つのマナー

お葬式があるのに、どうしても行けない・・という時に、頂く弔電。弔電をわざわざ送っていただいた方にもちゃんとお礼をしないといけません。では、その時どのようなことに気をつければよいのでしょうか?
弔電マナーについて

お悔やみのメールを送る際に注意すべきこと7つ

親しい知人やその家族の訃報を受けた際、事情により弔問に行けない場合に出す手紙の事を「お悔やみ状」と言いますが、近年ITの発達によりお悔み情をメールで送るケースも増えています。そこで今日はお悔やみのメールを送る際のポイントを7つお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました