転職での面接にはコツがある☆工夫したい7つのポイント

転職での面接にはコツがある☆工夫したい7つのポイント
転職時の面接は、新卒の時とはまた違ってきますよね。学生の立場と社会人であるという立場は大きく違います。面接の担当官も、新卒の就活の面接とは違った心構えで臨むに違いありません。

転職組には、会社側から新卒を採用する時以上に即戦力になることが期待されます。つまり、学生気分の残っている人ではなく、社会人としてある程度出来上がっていることが求められるのです。

そのため、同じ「面接」と言っても、新卒の面接と転職での面接とでは戦略を変える必要があるのは確実。事前に転職用の面接対策をしておくと、より納得できる時間になるはず。

転職時の面接では、より具体的に新卒では出せない有利な点をアピールして、スムーズに転職を実現したいですよね。そこで今回は、転職での面接のコツをつかみ、工夫したいポイントを、いくつかお伝えします。

[ 続きを読む… ]

志望の動機を書くなら☆面接者から見た7つのポイント

志望の動機を書くなら☆面接者から見た7つのポイント
志望の動機を履歴書に書く時、けっこう悩みますよね。ハッキリした動機のある人もいれば、これといった大した理由がないので困る人もいるのではないでしょうか。

しかし会社としては、採用に当たって、志望の動機は非常に重要。スキルも大切ですが、やる気を重視するポテンシャル求人も増えてきました。

どうしてこの会社に入りたいと思っているのか、この会社で何をしたいと思っているのかは、採用されるかどうかを左右することは間違いありません。

それだけに面接者から好意的に見てもらうために、志望の動機をどのように書けば良いのか、そのポイントを押さえたいもの。逆に、NGな書き方も知っておけば、より安心!

そこで今回は、志望の動機を書く際にどんなことに気を付ければよいのか、面接者から見たポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

面接官も意外に見てる!?就活カバンで重要な5つのポイント

面接官も意外に見てる!?就活カバンで重要な5つのポイント
今後の人生を左右する面接ではカバンについても注意しなければならないことがあります。就活や転職活動では誰もが志望動機や自己アピールなど事前準備をしっかりとして臨むことでしょう。そこまでには、一生懸命履歴書を書き、書類選考を通過するという道のりもあります。

そしていよいよ面接となった時に、ちょっとしたポイントで面接官にNGと思われてしまうのは絶対に避けたいところですよね。面接官はビジネスマナーがない人を入社させるのを避ける傾向があります。なぜなら、社員は会社の顔ですから、マナーがない人を入社させるのはリスクにつながるからです。そんな面接マナーの1つにはカバンについても気を付けるポイントがいくつかありますのでしっかりと把握をしておきましょう。意識をすればすぐに直せることですので、マナーが理由で落ちるような勿体ないことのないように準備をしたいものです。

そこで今回は、面接でのカバンの持ち方は?どのタイミグでどこに置く?などの素朴な疑問やポイントについてお伝え致します。

[ 続きを読む… ]

フリーターからの就職実現!他とは違う注意点と就活のコツ

フリーターからの就職実現!他とは違う注意点と就活のコツ
フリーターが就職しようと思い立った時、いろいろ不安になりますよね。日本ではまだまだ終身雇用第一の考えが根強く、フリーターの就職というのはあまり歓迎されません。

フリーター側も「就職活動って何をすればいいの?」というところから始めることになり、根気が必要。実際問題、就活に関しては新卒でもなかなか難しいご時世ですから、中途採用はさらに大変!

就活に関する情報もフリーター向けのものは少ないので、不安が増すことが考えられます。つまり、日本においてはフリーターが就職するという環境はまだまだ整っていないということ。

これは、不安要素ではありますが、考え方によってはチャンス!比較的新たな分野ですので、今までの方にはまり過ぎず自由な発想で就活できるということです。

そこで今回は、フリーターからの就職を応援すべく、新卒とは違う就活のコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

面接のお礼状を送るなら☆好印象になるポイントと注意点

面接のお礼状を送るなら☆好印象になるポイントと注意点
面接後にお礼状を書くと、採用に有利なんて言われますよね。ホントなのか気になるところですが、純粋に時間を割いて検討してくれた事への感謝を伝えるなら、「後で後悔するよりは、出来る事はやっておきたい!」気持ちは当然!

もともと不採用と決定していたものが、面接のお礼状によって大逆転!なんて事は、あまりないかもしれませんが、面接官も人間。「ポテンシャル採用」などの名前まであるように、ベンチャー企業などでは「やる気重視」なんて会社も多いのです。

そう考えると、採用か不採用か採用担当者が悩んでいるときには、影響を与える可能性も大きいもの…。特に、担当者が候補者のどちらにしようかを悩んでいるときには、決め手になることも考えられます。

でも、自分がそういう状況にいるかどうかなんて分かりません。可能性の問題です。それでも、可能性があるなら是非精一杯やっておきたいですよね。そこで今回は、面接のお礼状を送るにあたって、好印象になるポイントと注意点をお伝えします。

[ 続きを読む… ]