面接の入室マナーをおさらい!面接官のチェックポイント

面接の入室マナーをおさらい!面接官のチェックポイント
面接の入室では、緊張すぎてマナーがボロボロに…。それを、引きずって面接官の前で自分の力も発揮できず、アピールも中途半端に終わる…。実は、そんな先輩達の経験談が多くあります。

こうなってしまっては、後悔の嵐。けれども実は、面接官がどこをチェックしているかを意識すれば、ポイントが押さえられ落ち着くことが多いのです。本当に働きたい会社であれば、尚、重要な「コツ」でもあります。

面接の入室のマナーをスマートにこなし、自分の力を存分に発揮して、きちんとアピールできるようにしておきたいものですよね。

そこで今回は、堂々と挑めるよう面接官のチェックポイントも交えながら、面接の入室のマナーを解説します。本記事を参考に自身の行動を照らし合わせ、堂々と面接へ向かってください!

[ →続きを読む… ]

面接後のお礼状☆社会人として評価される7つのポイント

面接後のお礼状☆社会人として評価される7つのポイント
面接のお礼状は、必ず出さなければいけないものではありません。あると丁寧ですが、形式的なお礼状であれば出さない方がむしろ良い場合もあります。人事担当者はたくさんの面接をこなしていますから、全員からお礼状をもらえばかえって迷惑になります。

一方で、面接のお礼状の内容によっては、担当者に評価をされるケースもまれにあります。面接官も人ですから、相手の強い気持ちが伝われば、悪い気持ちはしませんよね。

そのため、面接や履歴書などの評価がまったく同じレベルの人が複数人いた場合などにお礼状があると多少有利になることがあるのです。

しかし、面接のお礼状は内容のポイントを抑えないと、かえって評価を下げてしまうリスクもあるだけに、注意して準備をしたいですよね。そこで今回は、面接後のお礼状で評価をあげる、7つのポイントについて解説します。

[ →続きを読む… ]

就活面接のマナー徹底解説!基本は常識!7つの「応用」

就活面接のマナー徹底解説!基本は常識!7つの「応用」
就活面接のマナーは、就活をする学生なら誰もが事前に調べていることですから、できて当然です。せっかく就活面接のマナーを勉強してきたのに、人と差がつかなくて損したと感じることは多くありますよね。

しかし、マナーは基本のさらに上の上級編を極めることで周囲と差をつけることもできます。

人気のある企業であればあるほど、採用面接に訪れる学生の人数は多くなります。当然、優秀な学生も比例して多くなりますから、普通のことをしていても採用される確率は低いものです。周囲に差をつけられる就活面接のマナーをマスターすることが成功のカギとなるのです。

そこで今回は、本や就活セミナーではあまり教わることができない就活面接のマナーについて7つのポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]

就活メールの返信で好印象☆デキル人に共通するマナーとは

就活メールの返信で好印象☆デキル人に共通するマナーとは
就活でメールを返信する時には、どのような書式で送るのが正解なのか迷うことってありますよね。学生が就活をする場合、社会人としてメールのやり取りをしたことがありませんから、メールのルールやマナーは知らなくても当然です。

学生時代には、友達や家族とメールをすることはあっても、ビジネスメールをする機会というものはほとんどありません。就活のメールを返信する時に初めてビジネスメールを経験するという人は多いのです。しかし、だからこそ、マナーが守れる人とそうでない人では差が開きます。

企業の人事担当者は、同じくらい優秀な学生がいれば人柄や素行、印象なども判断基準にすることがありますから、メールの送り方が重要なのです。就活メールの返信まで意識して、他の人と一歩差を付けたいですよね。

そこで今回は、就活メールで返信をする際に、できる人が共通して実践しているマナーについて6つのポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]

メールの結びが印象を決める!社会人の常識テクニック

メールの結びが印象を決める!社会人の常識テクニック
メールの結びの言葉は、時にどのように締めようか、迷う事がありますよね。日頃から「LINE」や「Facebookメッセンジャー」などを使い慣れていると、仕様上どうしてもメールマナーから遠ざかりがち。

しかしビジネスメールではそのようにはいきません。いくら本文がきちんとしていても、メールの結びがうまく表現できていなければ、あなたの印象も悪くなってしまうという危険があります。

特に目上の方や取引先の方には失礼のないよう、常識をわきまえたメールの結びで締められるようにしたいものですよね。そこで今回は、メールの結びの言葉で失礼のない、ビジネスマナーの基本をお伝えします。

さらに印象を良くする言葉遣いもお伝えしますので、ぜひとも活用してください。

[ →続きを読む… ]