メールの結びで差をつける☆就活で際立つ、7つの常識

メールの結びで差をつける☆就活で際立つ、7つの常識
メールの結びは自分が思う以上に印象に残ります。就活中、企業の担当者にメールを送る機会がありますが、内容がいくら良くてもメールの結びが中途半端だと、全体の印象自体が悪くなってしまうこともあるのです。

対面した場合も、「挨拶で始まり、挨拶で終わる」ことが常識。それと同じで、就活中のメールも挨拶で始まり、メールの結びや締めの言葉をきちんと書かなければなりません。

自分が相手に何を伝えたかったのか、相手が理解できるように好印象となるメールの結びが必要不可欠。相手に中途半端な、愛想のないメールだと思われたくはないはず。

とは言っても「印象の良いメールの結びって、どう書けばいいの?」と悩みますよね。そこで今回は、就活中のメールで役立つこと間違いなし!の7つの好印象ポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

就活面接マナーの基本は常識!まわりと差がつく「応用編」

就活面接マナーの基本は常識!まわりと差がつく「応用編」
就活面接マナーは、ものすごくドキドキしているため、しっかり身に付けておきたいですよね。何度も何度も面接の練習をしたから大丈夫!と思っていても、意外に何も対策していない所が大切だったり…。

就活の面接は、面接が始まった所がスタートではありません。実際は、家を出た所からもう面接は始まっている!といっても言い過ぎではないかもしれません。

しっかりと就活の面接マナーを押さえておかないと、練習していないイレギュラーな部分で慌ててしまったり、パニックを起こしてしまったりすることもあるからです。

朝起きてから面接を受けて帰るまでを、しっかりとシミュレーションしておけば、当日起こったハプニングに慌てふためくことも最小限に防げるはず!様々な出来事を想定して、できるだけ事前に対策できることはしたいですよね。

そこで今回は、しっかりと対応できるよう、就活の面接マナーと対策をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

就活スーツをバッチリ揃える☆好印象7つのポイント

就活スーツをバッチリ揃える☆好印象7つのポイント
就活スーツ、当たり前ですが欠かせませんよね。最初の印象は大切ですから、就活スーツをばっちり揃えたいものです。

もちろん、就活スーツで内定が取れるわけではありません。大切なのは、自分を雇うことのメリットを、面接官にしっかりと伝えることです。ですが、当然のことながら面接官は話すよりも前に、目であなたを見ます。そしてほんのわずかな時間に、あなたについて自分なりの印象を持つようになるのです。

そこで、まずは良い印象を与え、話を聞きたいと思ってもらうために、就活スーツは重要なポイントとなってきます。さらに、こちらサイドとしても第一印象でどうみられるか、不安を抱えて緊張感を増すよりも、無難に落ち着いて面接に臨めるならその方がいいですよね。

そこで今回は、これから就活スーツを揃える時に、安心して選べるポイントを7つ、取り上げます。

[ →続きを読む… ]

面接は退室まで気を引き締めて!印象アップのポイントとは

面接は退室まで気を引き締めて!印象アップのポイントとは
面接の退室マナーは一度理解すると、簡単ではありますが、一連の面接の流れでは、緊張するなかで終りが見えてくる場面でもあり、気が抜けがちな落とし穴があります。長い面接にもなると、ついつい、「以上で面接は終了です。」のひと言で、ホッとしてしまうのかもしれません。

けれどもいざビジネスマンとなった時、商談の最後で気を抜く訳にはいきませんよね。もちろん面接官も、面接の退室時の所作まで、しっかりとチェックしています。さらには最後のイメージは、最も印象的な余韻として、面接官に残るもの。

できることなら最後までスマートな面接の退室マナーで終えて、良い印象を余韻として残したいですよね。そこで今回は、最後にバッチリと決まる、面接の退室時の一連の流れとマナーを、順を追ってお伝えします。

[ →続きを読む… ]

面接は入り方が全て!第一印象で決める7つのポイント

面接は入り方が全て!第一印象で決める7つのポイント
面接は入り方が特に大切!とは言っても、とても緊張する場面ですよね。面接は入り方で、ほぼ結果が決まってしまうことまであるのが、緊張するところ!

もし、面接の入り方でつまづくと、その後いくら挽回しようと頑張っても、最初の印象を上回るほどのインパクトは、なかなか与えられるものではありません。しかも面接官が入り方で、やる気をなくしてしまったりしたら…。もう何をしても無駄になってしまいます。そんな事態は何としても避けたいものです。

何事も、はじめ良ければ終わり良し、と言います。面接の入り方も同じ!事前に落ち着いて準備して、最高の第一印象をゲットしたいですね。そこで今回は、これから取り上げる7つのポイントを押さえて準備すればもうバッチリ!の、面接の入り方をお伝えします。

[ →続きを読む… ]