喪服で着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識

喪服で着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識
突然の哀しいお知らせである『お葬式』の際の服装のマナーについては、戸惑う方も少なくないですよね。基本的には葬儀の服装、つまり喪服の装いについては『喪主、家族、友人』などの故人との関係によって装い(格)が異なるものです。

また、通夜、告別式、法事などの場面の違いによってもふさわしい服装というものがあります。最近では喪服というと男女共にブラックフォーマルなどの洋装をイメージしますが、時には和装…と考えてみてもマナー的にはどうなのかわからないから無難な洋装で、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大人なら知っておきたい冠婚葬祭のマナー。そこで今回は、喪服として着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬儀の服装を選ぶなら☆女性が選ぶ7つのアイテム

葬儀の服装を選ぶなら☆女性が選ぶ7つのアイテム
葬儀の服装として社会人になると、「ブラックフォーマル」の服を早めに買い揃える方も多いですよね。葬儀の服装は小物も大切です。喪服に合わせる様々なアイテムには、ひとつひとつ意味があるからです。

社会人になると、誰しも葬儀に参列する機会が増えてきます。例えマナーに沿ったスーツやワンピースを着用していたとしても、目についたアイテム「マナー違反」である場合、葬儀の服装としてはNGとなってしまいますので、十分配慮をしたいものです。

ここでは女性の葬儀の服装として、前もって準備しておきたい、7つのアイテムを解説します。

おめでたい結婚式の服装とアイテムに、厳密なマナーがあるのと同様、悲しみの席にもしかるべきマナーがあるのです。もしそれらがきちんと揃っていれば、いざという時に慌てることもありません

それを念頭に置いてぜひご一読ください。

[ →続きを読む… ]

葬式の服装タブーとは。大人の礼儀をわきまえる豆知識

葬式の服装タブーとは。大人の礼儀をわきまえる豆知識

葬式の服装は「黒い服なら大丈夫」のようでいて、実は細やかな決まり事があります。学生時代はずっと学生服で参列するものですから、社会人になってみて改めて、「あれ、どうすれば良かったんだっけ?」と戸惑うことも多いのです。

ひと昔前はお通夜や告別式と、それぞれに決められた葬式の服装があったため、ややこしいと感じる人々もいたのですが、現代ではお通夜でも「ブラックフォーマル」と言うのが主流になってきています。

これも地域性や、その時々の葬儀のタイミング、規模によって臨機応変な対応が必要ではありますが、まずはこの、「ブラックフォーマル」の基本を細かくおさえていけば安心です。

今回は一般的な参列する場合に着用する、ブラックフォーマルの服装マナーを中心に、大人としての礼儀とタブーを解説します。

[ →続きを読む… ]

喪服を女性が着る時。立場と年齢によって違う礼服マナー

喪服を女性が着る時。立場と年齢によって違う礼服マナー
喪服は女性の場合、男性よりもさらに細やかな部分に配慮が必要ですよね。そもそも喪服は遺族が「喪に服している」ことを表すために着用するもの。参列者にとっては故人の死を悼み、哀悼の意と遺族への敬意を表すための「礼服」です。

つまり、遺族と参列者では意味合いが違い、喪服を女性が着用する際の形式も変わるものなのです。

また喪服の女性に限らず、服装は知らず知らずに個人の中身を人に知らしめます。例えば葬儀会場に、いくら黒い服装とはいえマイクロスカートノースリーブの女性が現れたら、誰もがギョッとしてしまいますよね。

喪服を女性が着る時はただ「黒い服を着ればよい」のではなく、できるだけスマートに、似合うものをマナーに沿って美しく着こなす喪服女性の礼儀が、故人への敬意にもなります。

そこで今日は、立場や年齢によって変化する「喪服女性のマナー」についてお伝えします。ではご覧ください。

[ →続きを読む… ]

喪服女性の基礎知識。社会人なら揃えたい7つの礼儀

喪服女性の基礎知識。社会人なら揃えたい7つの礼儀

喪服は社会人になったら、早い段階で揃えておきたいもののひとつです。社会人にもなると、参列する事が多くなるのが法事法要。職場から参列する機会も多くなり、しっかりとしたマナーに則った喪服スタイルが不可欠になります。

さらにこの法事法要、社会人としてのマナーが試される場でもあります。とは言っても、初めてお葬式に参列する方や初めて法要に参加する方は、「何を揃えたら良いのか分からない。」と言う声が多いのです。

そこで今回は、喪服と共に揃えたい、法事法要の必須アイテムを7つ解説します。社会人になって、喪服を購入しようと考えていた方必見です。

どんな物を選べば礼儀に適っているか、またどんな物を選べば長く愛用できるか、1つ1つポイントを絞ってお伝えします。

[ →続きを読む… ]