喪服選び5つのポイント。女性が気をつけるべき点とは?

喪服選び5つのポイント。女性が気をつけるべき点とは?
喪服選び、特に女性の喪服は購入に困ることがありますよね。何か気をつけなくてはならないことはあるの?と思う方も多いのではないでしょうか。急なお通夜やお葬式に備えて、喪服は一つ揃えておくと安心です。

喪服の黒は、ビジネススーツの黒とは違い、シックで光沢感がないのが特徴です。弔事だけでなく、冠婚葬祭に着回せる物が一着あると便利でしょう。喪服のマナーを知っていれば、女性でも選ぶ際に迷わなくてすむはずです。

そこで今回は、初めて喪服を買うときや、いつのまにか着られなくなって買い換えるときに喪服選びで女性が困らないための、喪服の色や正喪服、準喪服、略式喪服の違い、ブラックフォーマルの選び方、そして20代30代、40代50代と年代別で選ぶ場合に知っておくと役に立つ、喪服選びで気をつけたいことをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選び

喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選び
法事の服装と言えば、まず思い浮かぶのは『フォーマル』、いわゆる喪服と呼ばれるものですが、それは絶対ルールなのだろうかと迷う所ですよね。確かに葬儀なら喪服というのが一般常識ですが、お通夜や1周忌、3回忌…などについては必ずしもそうではないケースもあるように感じます。

しかし、冠婚葬祭にはマナーというものが存在しますから、なかなか自己判断だけで動く訳にはいかない場合も多いものです。

法事の際には故人を偲ぶ気持ちさえあれば良いと思いがちですが、いざ、その場になって恥をかかないために正しいマナーを知っておくことはとても大切です。

そこで、今回は喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選びについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

礼服と喪服は同じ?ブラックフォーマルの選び方

礼服と喪服は同じ?ブラックフォーマルの選び方
歳を重ねるごとに冠婚葬祭の場で、礼服を着る機会が増えていきます。結婚式などの慶事は、前もって礼服の準備がしやすいですが、突然訪れる弔事は前もって礼服の準備しておくことが難しいですよね。そんなとき、ブラックフォーマルが手元に一着でもあると安心です。前もって礼服の準備をしておくことで、急な出来事があっても慌てずに礼服を着こなすことができます。

しかし、ブラックフォーマルといっても、弔事用と慶事用の違いはあるのでしょうか。また礼服と喪服は同じなのかも気になるところでしょう。着る機会の少ない冠婚葬祭での礼服だからこそ、自分にあったブラックフォーマルを選びたいものです。

そこで今回は、礼服と喪服は同じ?ブラックフォーマルの選び方をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

喪服で着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識

喪服で着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識
突然の哀しいお知らせである『お葬式』の際の服装のマナーについては、戸惑う方も少なくないですよね。基本的には葬儀の服装、つまり喪服の装いについては『喪主、家族、友人』などの故人との関係によって装い(格)が異なるものです。

また、通夜、告別式、法事などの場面の違いによってもふさわしい服装というものがあります。最近では喪服というと男女共にブラックフォーマルなどの洋装をイメージしますが、時には和装…と考えてみてもマナー的にはどうなのかわからないから無難な洋装で、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大人なら知っておきたい冠婚葬祭のマナー。そこで今回は、喪服として着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

葬儀の服装を選ぶなら☆女性が選ぶ7つのアイテム

葬儀の服装を選ぶなら☆女性が選ぶ7つのアイテム
葬儀の服装として社会人になると、「ブラックフォーマル」の服を早めに買い揃える方も多いですよね。葬儀の服装は小物も大切です。喪服に合わせる様々なアイテムには、ひとつひとつ意味があるからです。

社会人になると、誰しも葬儀に参列する機会が増えてきます。例えマナーに沿ったスーツやワンピースを着用していたとしても、目についたアイテム「マナー違反」である場合、葬儀の服装としてはNGとなってしまいますので、十分配慮をしたいものです。

ここでは女性の葬儀の服装として、前もって準備しておきたい、7つのアイテムを解説します。

おめでたい結婚式の服装とアイテムに、厳密なマナーがあるのと同様、悲しみの席にもしかるべきマナーがあるのです。もしそれらがきちんと揃っていれば、いざという時に慌てることもありません

それを念頭に置いてぜひご一読ください。

[ 続きを読む… ]