礼服と喪服は同じ?ブラックフォーマルの選び方

礼服と喪服は同じ?ブラックフォーマルの選び方
歳を重ねるごとに冠婚葬祭の場で、礼服を着る機会が増えていきます。結婚式などの慶事は、前もって礼服の準備がしやすいですが、突然訪れる弔事は前もって礼服の準備しておくことが難しいですよね。そんなとき、ブラックフォーマルが手元に一着でもあると安心です。前もって礼服の準備をしておくことで、急な出来事があっても慌てずに礼服を着こなすことができます。

しかし、ブラックフォーマルといっても、弔事用と慶事用の違いはあるのでしょうか。また礼服と喪服は同じなのかも気になるところでしょう。着る機会の少ない冠婚葬祭での礼服だからこそ、自分にあったブラックフォーマルを選びたいものです。

そこで今回は、礼服と喪服は同じ?ブラックフォーマルの選び方をお伝えします。



 

礼服と喪服は同じ?
ブラックフォーマルの選び方

 

礼服の中に弔事で使われる喪服がある


礼服という大きな分類の中に弔事で使われる喪服があります。また、ブラックフォーマルとは、冠婚葬祭で使われる黒い礼服のことを言います。

黒い色は弔事でも慶事でも使われる色ですが、弔事用と慶事用で違いがあります。弔事用のブラックフォーマルは、漆黒色・深い黒色が使われます。どの角度から見ても光りが出ない黒です。

つまり、葬式などの弔事用で普通の黒のブラックフォーマルはNGで、結婚式などの慶事用で漆黒色のブラックフォーマルはNGとなります。

 

弔事用でも慶事用でも使えるブラックフォーマル


それでは、弔事用と慶事用の礼服を分けて、それぞれ一着ずつ手元に必要なのでしょうか。

ブラックフォーマルである礼服には、弔事用でも慶事用でも使えるものがあります。深い黒色でも軽い素材の礼服もそのひとつです。また、弔事用と慶事用のそれぞれのマナーを守ることで、弔事用でも慶事用でも使うことができます。

男性の場合は、礼服のネクタイを弔事用は黒、慶事用は白に変えること、女性の場合は、あわせる小物などを工夫することで、ブラックフォーマルを弔事用にも慶事用にも使うことができます

しかし注意したい点もいくつかあります。喪服として購入したような深い黒のしっかりした生地の礼服は、慶事用として使わないようにすること。また、女性の場合は、スカートの丈が膝より上になるものも弔事用として使わないようにしましょう

 

年齢に合わせたブラックフォーマルを選びましょう


着る機会の少ない礼服だからこそ、10年、20年と少しでも長く着たいですよね。ブラックフォーマルを長く着るためには、シンプルなものを選ぶことが一番良いですが、年齢に合わせた礼服を選ぶことも大切です。

20代は、さりげなくリボンがついている礼服やボタンにデザインがあるものもでも良いでしょう。形は、少し丸みのあるものや、着丈が短めのボレロタイプもスマートに着こなすことができます。

しかし、30代や40代になると飾りやデザイン性の少ない、シンプルな礼服がおすすめです。形はテーラードタイプで、体系の変化を考慮したゆったりとしたサイズがおすすめです。20代で一度購入した喪服を30代、40代で見直して買い換えることもおすすめです。

 

ブラックフォーマルは試着して選びましょう


通信販売などで礼服を見かけることもありますが、なるべく試着して購入すると良いでしょう。サイズは合っているものの、イメージと違う着こなしになってしまうことがあります。

お店に直接出向き、お店の人と一対一で会話をすることで、弔事用にも慶事用にも使いたいことや、少しでも長く着たいことを伝えることもできます

自分のスタイルに合わせた仕立て直しをしてもらえるお店もありますので、ぜひ一度試着してみることをおすすめします。試着してブラックフォーマルを選ぶことも大切なポイントのひとつです。

 

素材はオールシーズンに対応したものがおすすめです


少しでも長く着たい礼服ですが、暑い夏でも、寒い冬でも使うことのできる、オールシーズンに対応した礼服が良いでしょう。素材では、ポリエステル素材が、オールシーズンで使いやすい素材です。

男性の場合は、中に着るシャツやインナーを工夫しやすいですが、女性の場合は、ワンピースにボレロやテーラードジャケットなどの上着がついた礼服にすることで、暑い時と寒い時の温度調節がしやすいです。ワンピースの袖も長袖ではなく、5分丈や7分丈のものがおすすめです。

 

いかがでしたか。喪服は礼服のひとつだということが分かりました。弔事は悲しみの気持ちを表すもの、慶事はおめでとうの気持ちを表すものです。ブラックフォーマルの選び方は、弔事用の礼服と、慶事用の礼服のマナーの違いを理解することが一番大切なポイントと言えるでしょう。

ブラックフォーマルの着こなしと同時に、小物にも注意したいものです。弔事用のネックレスはお悔やみことを繰り返さないように1連のパールネックレスにすることや、慶事用は胸元に明るい色のコサージュをつけることなどで、それぞれの気持ちをあらわすことができます。

ブラックフォーマルを選ぶ時には、弔事用なのか慶事用なのかといったシーンに合わせた着こなしをするだけでなく、自分にあったスマートな着こなしができると良いですね。

まとめ

礼服や喪服の基礎知識

・ 礼服という大きな分類の中に弔事で使われる喪服があります
・ 弔事用でも慶事用でも使えるブラックフォーマルがあります
・ 年齢に合わせたブラックフォーマルを選びましょう
・ ブラックフォーマルは試着して選びましょう
・ 素材はオールシーズンに対応したものがおすすめです