名刺の渡し方で出会いが決まる!印象が変わる基本作法

名刺の渡し方で出会いが決まる!印象が変わる基本作法
名刺の渡し方にはマナーがあります。新卒で会社に入社してから、新入社員研修で名刺交換のマナーを学んだ経験のある方は多いですよね。

その他にも、初めて先輩の営業に同行する際、先輩から直接指導されたことがある、と言うケースも多いもの。ですから、基本的な名刺交換の作法を知っている方がほとんど。

しかし、名刺交換の作法が何のためにあるのかを知らないまま、名刺の渡し方を、ただのビジネスマナーの1つだと軽く捉えてしまってはもったいない!

と言うのも、名刺の渡し方は相手に与える印象を良く変えることも、反対に悪くしてしまうこともできるのです。ビジネスにおいては重要な要素!そう考えると、改めてキチンとした名刺の渡し方を確認したいですよね。

そこで今回は、相手に与える印象が良い方に変わるような、好感度をアップさせる名刺の渡し方、6つのポイントをお伝えします。



 

名刺の渡し方で出会いが決まる!
印象が変わる基本作法

 

渡す時の、名刺の高さ


名刺の渡し方で基本となるが、どちらの立場が上かを最初にわきまえておくこと。ビジネスにおいてはウィンウィンで対等な関係であることが望ましいとは言われますが、実際の所、サービスや商品を提供する側という立場に分けることができます。

【 名刺の渡し方:高さ 】

★ 名刺交換の時に、どちらの名刺の高さを上にするかは重要。

・ サービスや商品を提供する側、すなわち、お金をもらう側が名刺の位置を低くするよう気を付けなくてはいけません。

 

名刺の受け取り方


名刺の渡し方で注意しなくてはいけないのは、自分の名刺を渡す時の作法ばかりではいけません。相手の名刺を受け取る時にも、気を付けなくてはいけないことがあります。

【 名刺の渡し方:受け取り方 】

★ 相手の名刺上に書かれている会社名や、氏名の部分を指で隠してはいけないのです。

・ 相手の名刺の会社や氏名の上に指を置くと失礼!

印象を悪くしてしまいますから、名刺の端の方を持つよう気を付けることが必要です。

 

名刺の保管方法


名刺の渡し方のマナーでは、どうやって渡すかに焦点が当たることが多いですが、それ以前に相手に渡す名刺が汚れていたら、その時点で相手に与える印象は悪くなります。

【 名刺の渡し方:キレイな名刺を 】

★ きれいな名刺を用意できていない、名刺の扱いが雑ということからだらしないという印象が残ってしまう原因になります。

・ そのため、名刺は名刺入れて持ち歩いて折ったりせず、相手に渡すときにも汚れがないか、再度チェックするのがマナーです。

ポケットやペンケースから名刺を出して、相手に渡すことなどは絶対にNG!注意しなくてはいけません。

 

自分の名前を言う


一度に何人もの人と名刺交換をする時は、もらった名刺の相手の印象が薄くなりがちです。会社に帰ってから名刺を見て、これはどの人だっただろうか…、と、わからなくなる経験をしたことがある人は多いですよね。

【 名刺の渡し方:名前を名乗る 】

★ そこで、相手に自分のことを印象付けるポイントとなるのが、名刺を渡す時に、会社名と氏名をはっきりと言うこと。

・ 名刺の渡し方の作法としては基本の動作ですが、相手に覚えてもらいたいと意識しながら言うのと、機械的に言うのでは全く印象が異なるのです。

 

名刺入れ選び


名刺の渡し方の作法では、名刺入れにも配慮が必要。名刺入れを見ると、その人の趣味嗜好がわかるということがあるためです。

例えば自分より年下の相手が高価な高級ブランドの名刺入れを使っていたら、不快に感じる人もいます。また、業界によっては派手な色の名刺入れも失礼だと思われる可能性があります。

【 名刺の渡し方:名刺入れ 】

★ そのため、自分が商談や打ち合わせをする相手の業界によって、自分の名刺入れがどのような目で見られるか、客観的に判断するのが正解!

・ 金融や保険業界はお堅いですから、地味でブランドではない名刺入れにするなどの配慮が必要なのです。

 

簡単な自己紹介


同業社が集まる展示会やエキスポ会場などで名刺交換をする場合には、相手に覚えておいてもらうことが鍵。そんな時は、名刺の渡し方に工夫を加えます。

【 名刺の渡し方:渡す時の工夫 】

★ 例えば、名刺を渡す時に会社名と氏名のほかに、何の業務をしているのかの自己紹介をします。

・ 「主に製品の企画から携わっています」など、補足説明を加えることで、他の人と差をつけることができるのです!

印象に残りやすくなりますし、その自己紹介が会話のきっかけになる可能性もあります。

 

いかがでしたでしょうか、名刺の渡し方は「会社で教育されたので知っているよ!」、と商談や取引先との打ち合わせの前に、わざわざ調べたりしない人は多いもの。

しかし、相手に良い印象を与えられるか、悪い印象を与えていないか、また、相手に強い印象を残すことができるかという点では、名刺の渡し方にはこだわるべきなのです!

今回解説した名刺の渡し方は、完璧でかつスマートにこなせれば、相手が受ける印象はぐんと上がるものばかり…。

取引先の相手は、普段一緒に仕事をすることがないですから、商談中の言動を見て相手の印象を決定づけますし、さらに、名刺の渡し方は第一印象を決める大きな要素となるのです。

名刺の渡し方、何も考えずに交換していたという人は、ちょっとした工夫を加えることで、その後の相手の接し方が変わってくるかもしれません。

まとめ

良い印象を与える名刺の渡し方とは

・名刺交換ではお金を受け取る方が下にするのが基本
・名刺を受け取る時は相手の会社や名前を隠さない
・渡す名刺は汚れたり折れていないようにする
・名詞を渡すときには会社名と氏名をはっきり言う
・名刺交換時に持つ名刺入れは業界によって適切な物を
・人数が少ない場合には簡単な自己紹介を交えて