結婚式のお礼をメッセージカードで☆感謝が伝わる7つの基本例文

結婚式のお礼をメッセージカードで☆感謝が伝わる7つの基本例文
結婚式は、新郎・新婦にとって一生の思い出となる素晴らしき日です。もちろん、新郎・新婦が主役なのは間違いありませんが、この素晴らしき日を迎えられたのは二人の愛のパワーだけではありません。

今まで育てて下さったご両親、支えてくれた沢山の友人やお世話になった方々、その全ての皆様の存在があって良き日を迎えられたという事を忘れないようにしてくださいね。

もちろんお二人も、感謝の気持ちを持って式に臨まれていると思います。ですが・・・結婚式当日って自分達の事でてんてこ舞いですよね?

そこで、後日改めて感謝の気持ちをゲストの方に「メッセージカード」としてお送りしてはいかがでしょうか?

事前に準備しておいて当日渡しても構いません。そこで今回は、「結婚式のお礼をメッセージカードで☆感謝が伝わる7つの基本例文」と題しまして、今すぐ使える感謝の例文をご紹介していこうと思います。



 

結婚式のお礼をメッセージカードで☆
感謝が伝わる7つの基本例文

 

結婚式当日に!テーブルに添えるメッセージカード


メッセージカードは、後日送るタイプだけではありません。事前に準備しておいて、当日見て頂くのはいかがでしょうか?

「本日はお忙しい中お越しくださりまして、本当にありがとうございます。このカードを皆さまがご覧になっている時、私達はきっとドキドキしています。

でも、皆さまに祝っていただける幸せを一秒一秒噛みしめながら待っている時間も幸せです。この日は、皆さまなしでは迎えられませんでした。だから、今日は私達の精一杯の感謝の気持ち受け取ってくださいね。」

 

お見送りの時にお渡しするメッセージカード


「今日は素敵な時間をありがとうございました。皆さまに私達の新たなスタートを祝福して頂き、本当に嬉しくてたまりません。きっと長い人生落ち込んでしまう時も出てくるでしょう。

でも、今日という素晴らしい日があったのだから、これから何でも乗り越えていけるって思います。だから、本日ご出席して頂いた皆さまには心から感謝しております。

今日という素晴らしい日をプレゼントして頂き、ありがとうございました。」このメッセージは、あくまでも出席者の方が新郎・新婦に素敵な時間を下さったというスタンスを崩さないで作られています。

こんなメッセージを受け取ったら、何だか出席して良かったなぁとしみじみ感じてしまいますよね~。

 

受付をしてくれた友人へのメッセージカード>


受付のお仕事って結構大変です。協力してくれた方にはメッセージカードを添えて、お礼の粗品をお渡ししてはいかがでしょうか?

「今日は、本当に朝早くから協力してくれてありがとう。披露宴の会場に入る時に、いつも○○が私に見せてくれるような最高の笑顔で出席者の方々を迎えてくれていたのだと思うと、本当に嬉しくなります。

いつも私も○○の笑顔に支えられて、元気をもらってきました。だから、今までの感謝の気持ちを込めて、今日は私が最高の笑顔で○○にパワーを贈ります!」

 

代表スピーチをしてくれた友人へのメッセージカード


結婚式の最中に、代表のスピーチをしてくれた友人にも、きちんと感謝の気持ちは伝えるべきです。友人の場合、直接口で言うのが照れくさい場合はメッセージカードが役に立ちますよ。

「○○、今日は結婚式のスピーチを引き受けてくれてありがとう。緊張したかな?友人からのスピーチを貰うなら、絶対に○○しかいないって決めてました。それくらい、俺にとって○○は大事な友達なんだよね。

何だか照れくさいけど、お前がいたからこそ俺は学生時代本当に楽しく過ごせてきたんだと思う。お前の結婚式の時には俺がスピーチするからな!」

 

後日、仲の良い友人に送るメッセージカード


これまでは、当日にメッセージカードを渡した場合でお話ししてきましたが、ここからは後日改めて渡すという設定でお話ししてまいります。

「この前は、私達の結婚式に出席してくれて本当にありがとう。○○のおかげで、私にとって一生思い出に残る日になりました。緊張していた時に、○○の顔が見えて本当にほっとして安心した気持ちになれたの。

たくさんの出席者の皆さんがいても、すぐにわかったよ。ありがとう、私結婚式の日まで○○の笑顔に助けて貰っちゃったね!これからもよろ敷くお願いします。そして改めて、結婚式に出席してくださりありがとうございました。」

メッセージカードは、あまり硬くならずに、普段の自分の気持ちを伝えて良いと思いますよ。結婚式に絡めて日頃の感謝の思いを伝えるのも良いでしょう。

 

後日、親戚の皆様へ送るメッセージカード


きちんと、親戚の皆さまにも内祝いを贈る際にメッセージカードを添えることをオススメします。その際は、友人に贈るメッセージよりも丁重にする必要があります。

「この度は、私共の結婚式にご出席下さりまして本当にありがとうございます。幼いころから、御親戚の皆様には本当に育てて頂いて成長することが出来ましたので、っ結婚式当日は皆様に晴れの姿を見て頂くことが出来てとても嬉しかったです。

自分一人でここまで育ったのではないという事を、改めて感じることが出来ました。心から感謝しております。」

 

後日、両親へ送るメッセージカード


ご両親と一緒に離れて住んでいる方にオススメの感謝の言葉を伝えるメッセージです。結婚式当日はバタバタしていますから、改めて感謝の気持ちを贈るのも良いかもしれませんね。

「お父さん、お母さん。この前は、遠い中結婚式に出席してくれてありがとう。大丈夫?身体は疲れていないですか?結婚式の時、たくさんの人に祝福して貰っている時にふと思ったの。

お父さんとお母さんのお陰でここまで育てたんだなぁって。だから、結婚式の最中にも感謝の気持ちがどんどん溢れてきたんだよ。本当にありがとう。これからもよろしくね。」

 

いかがでしたでしょうか。

以上、結婚式のお礼をメッセージカードで☆感謝が伝わる7つの基本例文をお送りしました。メッセージカードって、贈る人によってメッセージの内容も変えたほうが、より感謝の気持ちが伝わるかと思います。

メッセージカードは、手紙よりも口語体の文章で気軽に書いても良いでしょう。内祝いのお返しなどに、メッセージカードを添えればきっとあなたの感謝の気持ちも相手に伝えある事でしょう。

やはり感謝の気持ちは、伝えなければ伝わりません。皆さんも、結婚式での感謝の気持ちを伝えてみてはいかがですか?

 

まとめ

結婚式のお礼をメッセージカードで☆感謝が伝わる7つの基本例文

・結婚式当日に!テーブルに添えるメッセージカード
・お見送りの時にお渡しするメッセージカード
・受付をしてくれた友人へのメッセージカード
・代表スピーチをしてくれた友人へのメッセージカード
・後日、仲の良い友人に送るメッセージカード
・後日、親戚の皆様へ送るメッセージカード
・後日、両親へ送るメッセージカード