法事のお供えどう選ぶ?金額から贈る品まで5つのマナー

法事のお供えどう選ぶ?金額から贈る品まで5つのマナー
一周忌や三回忌などの法事にはお供え物がつきものですが、何を持っていけばよいのか迷いますよね。そもそも、法事のお供え物は無条件で何でもよいものなのかも気になりますし、葬儀と同じように法事も重要な行事なので、失礼なことだけは避けたいものです。

また、お供え物の相場も気になるところで、建前では金額の問題ではなく気持ちが大事なのかもしれませんが、それでもあまりに安いものは持っていきにくいものです。お供えの「物」と「金額」が妥当でも、それ以外に色々とマナーがありますので、法事のお供え物一つでも、かなり神経を使います。失礼な行為や物を選んで非常識な大人と見られないように、マナーをしっかりと押さえておきましょう

そこで今回は、法事のお供え物の金額から贈る品物についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイント

初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイント
大切な方が亡くなった日の、ちょうど1年後の同月同日を一周忌と呼んで、親類縁者を集めた法要を執り行います。一周忌の法要を執り行うときに必要な段取りはたくさんありますが、初めての施主となればどのように準備すればよいかを迷うことも多いですよね。その方が亡くなられて1年目という節目の法要である一周忌は、ご家族が亡くなられた日から、1年間を喪中として過ごしてきたご遺族にとっても、一転喪が明け新たな一歩を踏み出す節目になります。

ですのでその大切な法要を、慌ただしく迎えるのではなく、故人を偲ぶことに重きをおいた穏やかな会にできるよう、施主としてできる限りの準備を整えておけるようにしましょう

そこで今回は、初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイントについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お墓参りの基礎知識。行く時期から作法まで

お墓参りの基礎知識。行く時期から作法まで
墓参りですることは、幼い頃からの習慣でなんとなくは知ってはいますが、正式な時期や作法などを知っているのかと言われると、詳しくはわからないかも…という方が多いですよね。

この墓参りの作法は、各家庭によって違っていたりもします。例えば、お寺に行くと、墓参りにきた人達用に桶と柄杓がおいてありますが、墓に水をかける家庭もあればかけない家庭もあったり…。それぞれの家での作法といってしまえばそうなのかもしれませんが、本当はどちらが正しいのだろうと疑問に思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

お墓の手入れ一つを見ても、水をかけるのかかけないのかという疑問が生じるように、もしかして、幼い頃から何度も行っている墓参りでも、間違ってしまっている作法があるのではないだろうか、と不安になることもあるでしょう。

そこで、今回は知っていそうで知らない墓参りの時期や作法についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

知っておきたい四十九日法要の意味とその流れ

知っておきたい四十九日法要の意味とその流れ
お葬式が終わった後に行われる「四十九日」については、聞いた事ぐらいしかないと言う方もいらっしゃいますよね。言葉自体を知っていても、その意味をちゃんと理解している人は少ないものかもしれません。四十九日が、お葬式などの冠婚葬祭の用語である事を把握している位の方が多いのではないでしょうか。

四十九日は人が亡くなった時に弔うためのものです。大切な方が亡くなった際には、亡くなった方への生前の感謝も含めて、しっかりと死後も見送ってあげたいものですね。そのためには、大切な方が亡くなってから四十九日やお葬式について調べ始めるのでは遅いと言えるでしょう。

そこで今回は、「そもそも、四十九日とは何か?どんな流れなのか?」ということについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事の常識。招かれた際に気を付けたいマナーとは

法事の常識。招かれた際に気を付けたいマナーとは
ある程度大人になると、「法事」という言葉自体は知っている方も多いですよね。では実際、「法事ってなんなの?」と聞かれた時に、正確に答えられるでしょうか。恐らく上手く答えられない方が多いことでしょう。類似した言葉の「法要」との区別はついていない方もいるかもしれません。

法事は、冠婚葬祭の中の1つとして扱われており、大人としては知っておくべき最低限のこと、知らない方が可笑しいと言われてしまうこともある儀式です。なので、なにか常識と違う事をしてしまえば、周りの人にマナー違反と思われてしまうことでしょう。しかし、そんな法事で守るべきマナーは、学校等ではあまり教えてもらえません。

そこで今回は、法事の常識、法事に招かれた際に気を付けたいマナーについてお伝えします

[ 続きを読む… ]