ご祝儀の書き方で人が分かる☆押さえるべきマナーとは

ご祝儀の書き方で人が分かる☆押さえるべきマナーとは
ご祝儀の書き方は、結婚式で渡す時になって、意外と毎回悩んでしまう事柄ですよね。分かっているつもりなのですが、いざ書き始めると「これで良かったのかな…。」「失礼になっていないかな…。」と心配になってくるものです。

当然ながら、昔からご祝儀の書き方のついてはしきたりがあるのですが、時代や流行に合わせて変わってきているものもあったりします。ですので、変わったところと、昔から受け継がれているしきたりとを、バランスよく取り入れたものにできるとベスト!

結婚式にかかわる人の年齢層も、こだわりもいろいろですから、全員に良く思われるのは難しいかもしれませんが、失礼にはならないように配慮はしたいもの…。

こういう細かいところでどうするかは、相手が自分の人となりを判断することに影響します。常識をわきまえない人だと判断されてしまわないよう、気を配りたいですよね。

そこで今回は、ご祝儀の書き方として、押さえるべきマナーをいくつかお伝えします。

[ 続きを読む… ]

ご祝儀の書き方、基本のマナー☆丁寧に贈る基礎知識

ご祝儀の書き方、基本のマナー☆丁寧に贈る基礎知識
ご祝儀の書き方は、意外とあまり考えないまま、イメージで書き進める方も多いですよね。けれども日本人にとってお祝いをスマートに渡す作法は、その人の品度を表す重要なもの。ご祝儀の書き方ひとつで、人となりを判断されることにもなり兼ねません。

ご祝儀と言えば結婚式を第一に思い浮かべますが、その他にも出産祝いや入学祝いなど、お祝い事はたくさん!そんな時、今では祝儀袋にも規定のない自由なものが増え、よりカジュアルに贈るケースも増えてきました。

とは言え、相手によってTPOを分けられるのが大人の所作。スマートに対応したいですよね。そこで今回は、日ごろから知っておきたい、ご祝儀の書き方マナーをいくつかお伝えします。

本記事を参考にしながら、同僚や友人へはカジュアルに、上司や親族にはよりフォーマルに…、と上手に使い分けてみてください。

[ 続きを読む… ]

ご祝儀の書き方をおさらい☆「常識」を押さえる7つの基本

ご祝儀の書き方をおさらい☆「常識」を押さえる7つの基本
ご祝儀の書き方は、各箇所が少ないため改めて書き方を学ばなくても大丈夫だと思ってしまいますよね。しかし、ご祝儀袋は正式な冠婚葬祭の慶事の時に使うものですから、いい加減に書いて間違ってしまうと、相手に対して大変失礼にあたります。

また、逆に一言でご祝儀袋と言ってもたくさんの種類があるため、「ご祝儀の書き方を、それぞれ覚えるのは大変そうだ…。」と、最初から諦めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、大人のたしなみとして、ご祝儀の書き方くらいは知っておくべきです。

ご祝儀袋には格式の高い豪華なものから、水引やのしなどがすべて印刷されているシンプルなものまであります。これは中に入れる金額によって相応しいものを選ぶべきなのですが、基本的に書き方は共通しています。

ならば基本を押さえれば、覚えやすそうですよね。そこで今回は、ご祝儀の書き方について常識的に知っておくべき基本を7つ解説します。

[ 続きを読む… ]

出産祝いの書き方は?知らないと恥ずかしい7つのマナー

出産祝いの書き方は?知らないと恥ずかしい7つのマナー

出産祝いの書き方には、マナーがあります。そもそも、出産祝いは現金と品物がありますが、現金では祝儀袋に、品物の時はのし紙をかけたものを贈るのが、正式なマナーです。

最近ではカジュアルなラッピングのものも多いですが、正式なものを知っておくと、相手に応じてあらゆるシーンでスマートに対応できます。

例えば、品物を購入した時、店員さんに「のし紙はどうされますか??」と質問されて「友人の出産のお祝いで、仲間で贈るので…。」など、説明しながら店員さんにゆだねるよりも、スマートに答えられるといいですよね。

祝儀袋の時、のし紙の時、それぞれ個人で贈る場合や団体、連名で贈る場合など、出産祝いの書き方も様々なパターンに合わせて、準備をしなければなりません。

出産祝いの書き方は中包みがある種類でも、キチンと対応したいものですよね。今回は基本知識として押さえたい、出産祝いの書き方マナーを、いくつかのパターンに沿って説明します。

[ 続きを読む… ]

香典袋の書き方、包む金額は?最低限の知識を知っておこう

香典袋の書き方、包む金額は?最低限の知識を知っておこう

皆さんは香典袋の正しい書き方をご存知でしょうか。訃報の知らせは突然なので、正しい表書きの書き方や金額の目安などを知っておくと便利です。またこういうことは、なかなか人に聞きづらいことでもあります。

社会人として香典袋の選び方や正しい表書きの書き方を知っておくのは大事ですね。また、香典袋は宗教によっても違いますし、地域によって違う場合もあります。地域での違いは近所の方に聞いて確かめてみるのも良いことだと思います。

転勤で新しい土地へ引っ越した時などは、親しくなった近所の方に香典袋の表書きや金額について聞いてみるといいですね。香典は本来、故人へ捧げるお香をお求め下さいといういたわりの気持ちを込めて包むお金のことです。4と9に関わる数字は避けてお金を包んで下さい。

また個人との関係やお付き合いの深さによって香典の金額も変わってきます。1人で香典を包む場合がほとんどですが、連名で包む時の表書きの書き方もマナーがあります。正しい香典袋の書き方や包む金額を覚えて、万が一に備えて覚えておきましょう。

[ 続きを読む… ]