結婚式と二次会は服装が違う?男性が押さえるべき心得とは

結婚式と二次会は服装が違う?男性が押さえるべき心得とは

男性の結婚式の服装は、「礼服」が基本です。普段着ではない特別なスーツが必要ですね。しかし気になるのは、その後の二次会です。結婚式からそのまま二次会に行く方は、礼服のままでもちろん大丈夫ですが、困ってしまうのが二次会のみ出席という場合。

一般的に二次会の招待状には、「平服でお越しください」と記載されていることが多いです。これは、礼服でなくても大丈夫ですよという意味ですね。とはいうものの、やはり結婚式の後の二次会はおめでたいもの。カジュアルすぎる服装は禁物です。

そこで本記事では、二次会の服装を考える上での男性が押さえるべき心得をお伝えします。この心得さえ押さえておけば、二次会で浮いてしまうことはありません。TPOをしっかりわきまえたい、でもオシャレもしたい!という方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。



 

結婚式と二次会は服装が違う?
男性が押さえるべき心得とは

 

基本は「セミフォーマル」。少し崩してオシャレに仕上げる!


二次会の服装の基本は「セミフォーマル」です。ジャケットは必ず着用しましょう。会場にもよりますが、大体はオシャレなレストランやゲストハウスといった場所が一般的ですね。そのため、キレイ目なスタイルで挑みましょう。

ジャケットの色は、黒もしくは濃紺が一番好ましいです。更に少し光沢があるものや、薄くストライプが入ったものだと一層華やかで素敵です。また、居酒屋などカジュアルな会場の場合は、ちょっと崩してコットンジャケットやサファリジャケットなどでもオシャレですよ。

 

シャツはカラーでもOK!ジャケットとの色合いを意識して


シャツは基本的に手持ちの白でも問題はありません。わざわざ買うのも…と思う方は、ビジネス用のものを着用してもOKです。しかしせっかくのお祝いの場、カラーシャツを合わせるのもとってもオシャレですよ。チェックやストライプなど柄が入っているものでも大丈夫です。

その際、シャツだけ浮いてしまわないように、ジャケットやパンツなど全体を意識してシャツの色は決めましょう。二次会はゲームなどがつきもの。ジャケットを脱ぐ可能性もあるので、シャツはオシャレに決めたいですね。

 

なるべく避けようデニム素材!パンツはカラーをチョイスして華やかに


平服でとはいわれても、デニムは基本NGです。新郎新婦が良いと言っていてもなるべくは避けましょう。パンツの素材は、ウールやコットンなどが一般的です。チノパンを合わせても問題ありません。お手持ちの物で活用できそうですね。

またパンツの色は、必ずしも黒やグレーである必要はありません。あえてピンクなどカラーものを合わせてもオシャレでしょう。しかし、シャツもカラーが入っているものを選ぶときは、派手すぎにならないようバランスに注意して色を選んでくださいね。

 

ネクタイピンでさりげないオシャレを


ちょっと遊び心をプラスしたいという方には、ネクタイピンがおススメです。スーツからチラっと見えてとってもオシャレ。しかも、機能性もしっかりあるのでおススメです。

またスーツを脱いだときも、他の方と少し差をつけることができますね。普段使用しているものでも大丈夫ですし、スワロフスキーなどビジューのついたものでもとっても華やかです。

ネクタイピンは、ネクタイにつけるだけでなく、ジャケットの襟につけるという方法もあります。ジャケットがダーク系カラーの場合は、ネクタイピンをプラスすることでパーティー感を出すだすことができるので、二次会にはおススメですよ。

 

ネクタイは白やシルバーでなくてもOK!


二次会で迷うのがネクタイです。基本的に、必ず着用しなければいけないという決まりはありません。しかし、会社の上司や目上の方がたくさん集まる場合は、ネクタイを着用するのが無難でしょう。もし会場に着いて必要なければ外せば良いことです。

色は、披露宴のときのような白やシルバーでなくても大丈夫です。カラーが入ったもので、シャツやジャケットに合うものを選びましょう。いつもとは少し違った雰囲気で周りに差を付けたい方は、蝶ネクタイなんていう選択もありますよ。

 

ちょっと小粋に靴はローファーのダークカラー系を


結婚式の場合は、フォーマルなシューズが基本です。しかし二次会のときは、ちょっと崩しても大丈夫。仕事などで使用しているビジネスシューズでも問題はないでしょう。
また、ジャケットに合っていれば、ローファーでもOKです。上がカッチリしているならば、ローファーを合わせてちょっと外すのもオシャレですね。

しかしあまりカジュアルになりすぎないよう、カラーはダークカラー系にしましょう。普段使用しているものを履いていくのであれば、汚れは厳禁。しっかりと磨いてピカピカな状態にしておくことをおススメします。なお、二次会でもスニーカーやブーツはNGです。これらのシューズは避けるようにしましょう。

 

オシャレに仕上げるならポケットチーフで差をつけて


二次会でちょっと周りに差をつけたいなら、ポケットチーフがおススメです。ポケットチーフとは、ジャケットの胸ポケットから少し顔を出しているチーフのことですね。ポケットチーフを加えるだけで一気にオシャレ度はアップします。

ジャケットやシャツがダーク系なのであれば、ポケットチーフで明るい色を指し色として入れてみましょう。チェックやドットなど、柄が入ったものでも大丈夫ですよ。また、ポケットチーフをシャツやネクタイの色と合わすと、統一感が出て素敵です。シルクやコットンなど素材はお好きなもので問題ありません。

 

以上が、二次会の服装を考える上での男性が押さえるべき心得です。二次会といえども、その場所によってはフォーマルな装いが適している場合もあります。招待状や会場の様子などで、それぞれ判断してください。

もし、ご自身で決められた服装で大丈夫かなと不安を感じられたときは、一緒に行く友人の方に聞いてみると良いでしょう。もしくは、新郎新婦に会場の雰囲気などをあらかじめ聞いておいても良いですね。最近では親族と友人・知人関係の披露宴や二次会を分けて行うケースも増えてきました。詳細を聞くことで、注意点も見えてくるでしょう。

二次会の服装は、会社に行くときよりも、少しオシャレ心と華やかさをプラスする、これが基本です。本記事を参考に素敵な服をチョイスして、新郎新婦の新たな門出をお祝いしてあげてくださいね。

 

まとめ

結婚式と二次会は服装が違う?男性が押さえるべき心得とは

・基本は「セミフォーマル」。少し崩してオシャレに仕上げる!
・シャツはカラーでもOK!ジャケットとの色合いを意識して
・なるべく避けようデニム素材!パンツはカラーをチョイスして華やかに
・ネクタイは白やシルバーでなくてもOK!
・ちょっと小粋に靴はローファーのダークカラー系を
・オシャレに仕上げるならポケットチーフで差をつけて
・ネクタイピンでさりげないオシャレを