男性必見☆結婚式に着るスーツの5つの選び方

男性必見☆結婚式に着るスーツの5つの選び方
結婚式にお呼ばれした時のスーツ選びのマナーは、誰もが知っている『ブラックフォーマルと白ネクタイ』が定番ですよね。結婚式に参列する場合には、招いてくれた方に対して失礼のないように、また多くのゲストの中で浮いてしまい、恥ずかしい思いをしないようにと考えるものです。

その結果、無難なものとして定番を選ぶのも良いのでしょう。しかし、今回は少し華やかにしてみたい、堅苦しくない感じにしてみたい、そう思うこともあります。

しかし、結婚式のゲストスーツとしてはどこまでが許容範囲なのか、また、そんな遊び心のあるスーツ、結婚式という場に相応しい色やデザインがあるのか知っておきたいものです。

そこで今回は男性必見!!そんな今さら聞けない結婚式に着るスーツの5つの選び方についてお伝えします。



 

男性必見☆結婚式に着る
スーツの5つの選び方

 

準礼装か略礼装


では、基本的なルールからお伝えしましょう。結婚式にゲストとして参列する場合の男性の服装は準礼装・略礼装が基本です。

結婚式でゲストが着用するスーツ『準礼装』といえば『ディレクターズスーツ』です。ディレクターズスーツは少しかしこまったイメージのスーツで、主賓や上司などの立場で出席するならピッタリのスーツです。

『略礼装』は、主に『ブラックススーツ』をさします。ブラックスーツは昼夜問わず着用できる結婚式のゲストのスーツの定番です。

この両者は同じブラックスーツではありますがタイプは全く違う物になり『礼服』か『スーツ』かというカテゴリーになります

結婚式に着ていくスーツとしては、グレー系・レッド系・ブルー系のいずれも基本は『黒』となります。

招いてくれた方との関係性や会場の雰囲気で、まずはその大筋のタイプとブラックカラーの系統を決めることが大事です。

 

ブラック以外でもダークスーツならOK


これも条件がありますが、『昼間の略礼装』として結婚式のスーツを選べるのなら濃紺やチャコールグレーなどのダークスーツも着用可能です。

結婚式のゲストのスーツであればブラックが基本で許容範囲がダーク系NGは白っぽいグレー系や茶系。会場の雰囲気や結婚式の形式などによっては許されることもあるかも知れませんが避けたほうが無難です。

 

無地を選ぶ!柄物はNG


絶対NG!なのが柄物。特にアニマル柄等、命ある物を想像させるものは結婚式などのような、いわゆる『おめでたい』席での着用は嫌われます

その理由はアニマル柄を着るということは『殺生』イメージがあるので、縁起が悪い印象があるのです。どんなに好きでもワンポイントとして小物で使うことも避けるべきです。

細かい事を言えば、ベルトや靴、財布なども同様です。絶対目につかないと言い切ることはできませんから。

最近では、結婚式のタイプによってはストライプやチェックなどの柄があるスーツを着用OKのケースもありますが、これも地色と色柄のコントラストが控えめで目立たなければチョイス可能です。

つまり結婚式のスーツには無地が基本となります。

 

結婚式の雰囲気に合わせる


結婚式のご招待を受けたら、まずはどんな会場なのか、そしてどんな形式の結婚式なのかをリサーチする必要があります

格式のある結婚式や披露宴の席なら、当然のことながらきちんとした結婚式にふさわしいスーツ、いわゆるフォーマルな服装で参列した方が良いのは言うまでもありません。

しかし、カジュアルな結婚式、披露宴やパーティというのであれば、冠婚葬祭の服装のマナーを守りつつ、結婚式のゲストスーツは自分なりのオシャレを楽しんでみても良いですね。

特別の日ですから、最低限のルールは頭に入れつつ、思いっきり楽しむのも大事です。大切な人を祝う、二人の幸せを祈る、そんな気持ちが大事なのです。

 

シンプルスーツ、着こなしで自分らしさと特別感


どんなにフランクな結婚式だからといってもダークスーツなら仕事着である普段使いのスーツでも良いでしょ?というのはNGです。

そこは結婚式に着るスーツですから、特別感をだすのは礼儀です。招いてくれた新郎新婦、そのご親族の方々に失礼のないようにするのは最低限のルールです。

それと結婚式に着用するスーツと同時に大事なのは、ご自身の容姿のチェックです。髪型も着こなしも清潔な印象が一番大切です。

せっかく結婚式のためスーツでばっちりキメたのに、顔周りがだらしない印象だったら台無しです!それは着こなしも同様ですね。

髪型やヒゲ、オシャレとして伸ばしている方は、いつも以上にしっかりと整えていくのが礼儀です。いつもはラフにしているものを特別な『結婚式』のお呼ばれということでピシッとキメてみるとご自身もテンションが上がったりするものですよ。

そして、普段のあなたを知っている方達の驚きの視線も心地良く感じてしまうのではないでしょうか。男性の服装や身だしなみは、気付かない内に意外とチェックされているものです。

結婚式に着るスーツ、シンプルなものでもその着こなしと身だしなみでしっかり特別感が出せる印象になります。新郎新婦や参列者の方にも良い印象を与える素敵な自分を演出しましょう。

 

いかがですか。以上が男性必見☆結婚式に着るスーツの5つの選び方です。折角の晴れの日ですから失敗はしたくないですよね。定番のガチガチフォーマルでは堅苦しくて疲れた。奇をてらって個性派スーツを着ていったら浮いてしまって恥ずかしい思いをした。

どちらも確かにありそうなパターンです。それならその真ん中を取ったらちょうど良いんじゃないか、しかしそれが案外簡単そうで難しいものなのです。

結婚式のゲストとしてのスーツ選びにはマナーやルールを守りながら自分らしさを出すことが大事なのです。

最近では冠婚葬祭の場であっても大分自由な感じになってはきましたが、正しいマナーを知った上で許される範囲の中でのファッションを楽しむことが大人のオシャレですね。

まとめ

結婚式に着るスーツの選び方とは

・準礼装か略礼装
・ブラック以外でもダークスーツならOK
・無地を選ぶ!柄物はNG
・結婚式の雰囲気に合わせる
・シンプルスーツ、着こなしで自分らしさと特別感