入学式のバッグ選び、デキるママが重要視する5つのポイント

入学式のバッグ選び、デキるママが重要視する5つのポイント
お子さまの入学式おめでとうございます!と同時にお母さま方も色々と準備に忙しのではないでしょうか?スーツにバックにアクセサリーなど何にしようか迷っている方もいらっしゃるかと思います。

自分の好みだけではなく、周りのおかあさんの目も気になりますもんね。そこで、今回は「入学式のバック」に焦点を当ててご紹介していこうと思います。

テーマはズバリ「入学式のバッグ選び、デキるママが重要視する5つのポイント」です。いったいどんなポイントがあるのでしょうか?早速、ご紹介していきましょう!



 

入学式のバッグ選び、
デキるママが重要視する5つのポイント

 

その1.あからさまなブランド品は避ける


入学式はお子さまにとって新たな一歩ですが、お母さんにとっても新たな一歩ですよね?なぜなら、ママ友との関係もスタートするからです!そのため、最初からあまり目立ちすぎないようにした方が良いと思いますよ~。

そこで、気を付け頂きたいのが「ブランド品」に扱い方です。ブランド品と言っても、前面にブランドロゴが出ているものとブランド品だとわからないようなものまでさまざまです。

入学式用のバックは、もちろんブランド品が前面に押しでていないものが良いと思います。入学式用のバックで一番気を付けたいのは、マナーの面ですよね。

「私は、ブランド物を持っているのよ!」と前面に押し出すのではなくて、例えノーブランドでもスーツに合っていて、さりげなくオシャレな方がずっと良いと思います。

地域によっては、ブランド物を前面に押し出しても違和感のない地域もありますが、やはり一般的にはさりげないオシャレなバックであればノーブランドでも良いと思います。

スーツとチグハグになったり、バックだけが浮いてしまうなんてことがないように気を付けましょう。

 

その2.フォーマルバックとは何かを理解しておく


よくママ向けの雑誌には、「フォーマルバックを準備しましょう」と書いてありますよね。そもそもフォーマルバックって何なのでしょうか?フォーマルバックとは、一言で言いますと布や革製の無地のバックとなります。

形はどんなものでもいいと思いますが、とりあえず無地にしておきましょう。最近は、柄物の可愛らしバックが流行っていますよね。

花柄、アニマル柄、千鳥、チェックなどなど・・・確かに可愛いです!けど、入学式はフォーマルな場ですので柄物は避けましょう。

 

その3.バックの大きさ


バックの大きさはどうすればいいの?っていう声を良く聞きます。携帯電話や財布しか入らない大きさのバックは、結婚式やパーティーで使うようなイメージがあると思います。もちろん入学式は、そのサイズでは小さすぎます。

かといって、大きすぎるバックも問題です。保護者は、入学式の最中も教室に入ってからもたくさんの人と肩を並べて過ごすと思います。

その中で、やはり大きすぎるバックは場所を取りますので周りの人の迷惑になってしまう恐れもあります。一番ちょうどいいのは、A4サイズのバックだと思います。

書類もたくさん配られますし、A4サイズであればはみ出すことなく十分に収納できると思います。多くの方が、このサイズのバックをお持ちです。

 

その4.バックの色


バックの色も迷うところですね~。まず、バック単体で考えるのではなくて、バックとスーツの組み合わせを考えましょう。バックだけ浮いてしまうことのないようにきちんとバランスを取ってあげることが大事です。

無難な色でいくと、黒・ベージュあたりが主流ですよね。でも、淡いピンクのスーツや白いスーツを着るって方もいると思います。その時は、黒よりも単色で合わせたほうあいいかもしれませんね。

私がおすすめするのは、ベージュです。どんなスーツでも合いますし、手元が重たくならないのが魅力的です。

 

その5.サブバックも必要


サブバックは絶対に持って行きましょう。ここでデキるママとそうでないママの差がつきます。入学式って本当に持ち物が多いんですよね~。

書類に、プレゼント、上履きなどA4バックに入りきらないほどの荷物が配られることがほとんどです。

よくフォーマルバックがパンパンになるまで荷物を詰め込んだり、入りきらない荷物を手持ちで持っているママがいらっしゃいますが、ちょっとカッコ悪いですよね。そこで、デキるママは「サブバック」を持つのです。

サブバックは、丈夫できれいな紙袋や、大きめの布のバックなど何でも大丈夫です。ただし、ズタズタの袋ではなくて、とにかくきれいなバックを使用しましょう。綺麗で大きめであればいう事ありません。

 

いかがでしたでしょうか。

入学式のバッグ選び、デキるママが重要視する5つのポイントをご紹介しましたがお役に立てたでしょうか。

入学式のバックは、今後何回か使うことになると思います。ですから、価格の安いもので探すというよりも、お手ごろな値段で丈夫なものを探す方がお得かもしれません。

あくまでも主役はお子さまですが、今後お母さんたちの円滑な関係のためにも、あくまでも最初は控えめに控えめ・・・。ちょっと私にしては地味かしら?位でもちょうど良いかもしれませんね。では最後に、ご入学おめでとうございます!

 

まとめ

入学式のバッグ選び、デキるママが重要視する5つのポイント

その1.あからさまなブランド品は避ける
その2.フォーマルバックとは何かを理解しておく
その3.バックの大きさ
その4.バックの色
その5.サブバックも必要