卒業式に見栄えする!母親スーツを選ぶ時の5つのコツ

卒業式に見栄えする!母親スーツを選ぶ時の5つのコツ
卒業式は、子どもにとっても親にとっても、大切な人生の節目の行事です。仲良かった友達やお世話になった先生と別れなければならず、悲しい気持ちになりますが、人生の門出であり、喜ばしい日でもあります。

服装は地味すぎず、派手すぎず、清楚なものが良いでしょう。小学校、中学校、高校と子どもの年齢が上がるにつれて、卒業式に参列する母親の服装も、落ち着いたものへと変わっていくのが一般的ですが、そんな中でも「キレイ!」「素敵!」と注目されるお母さんに思われたいですね。

そこで今回は、卒業式にぴったりの装いとはどんな服装なのかをお教えしましょう。



 

卒業式に見栄えする!
母親スーツを選ぶ時の5つのコツ

 

その1.スーツの色について


大事な式典に参列するわけですから、色は、黒、白、オフホワイトなど、派手ではない清楚感のあるものが一般的です。ただ、黒一色だけでコーディネートするのは、お葬式を連想させますので、控えたほうが良いと思います。

黒のスーツを着こなす場合は、胸元には豪華なコサージュをつけたり、ストッキングは肌色にするなどの工夫をしましょう。

ただし、あなたのお住まいの地域や学校によって、色の傾向が若干違う場合がありますので、事前に、お母さん同士で話し合い、卒業式にはどんな格好で出席する予定なのか情報収集をしておくことをお勧めします。

 

その2.ジャケット&ワンピーススタイル


一番多く見られるのがこのスタイルです。ジャケットは、きちっとした雰囲気を醸し出す「テーラードジャケット」も、女性らしい優しい印象の「ノーカラージャケット」も、上品で卒業式にはぴったりでしょう。

中でも、ラメ入りの素材は、高級感があり、卒業式や入学式、パーティなどにも着こなしができて、重宝します。ワンピースも、上に羽織るものを、スカーフやショールなどに変えると、いろいろな着こなしができて、一着持っていると便利ですね。

 

その3.スカートのこだわり


卒業式で、シックなタイトスカートは、上品な雰囲気でいいのですが、体型が出やすいため、「出産後はお腹周りがきつくなって着なくなってしまった。」という人も多いようです。

それよりは、軽やかにゆれるプリーツスカートや、シフォンスカートはいかがでしょう?歩くたびにひらひらと揺れるので、女性らしく、黒でも暗い印象にはなりません。

さらに、ワンピースと違って、いろいろなデザインのブラウスと合わせやすいので、普段のお出かけの際にも活躍しそうです。

 

その4.トップスにもこだわりましょう


せっかくの卒業式なのですから、ジャケットを着ているときだけでなく、脱いだときにも美しいくみせたい。そんなこだわりをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

シフォンのブラウスはふんわりとしたかわいい印象になりますし、胸元にビーズやスパンコール、リボンがついたブラウスは、ネックレスなどのアクセサリーを身につけなくても、十分に華やかです。ブラウスの裾から、上品なレースがのぞくタイプのトップスも、エレガントで卒業式にはぴったりですね。

 

その5.アクセサリーでおしゃれ度アップ


セレモニースタイルにかかせないものが、ネックレスやブローチ、コサージュなどのアクセサリーです。

気品あるパールネックレスは、昔からの定番ですし、華やかなブローチなどをつけるだけでも、着こなしをドレスアップしてくれます。そして、胸元に、エレガントなコサージュをつけると、ひときわ華やかになることでしょう。

また、卒業式では、感動して自然と涙が溢れでてくるものです。フォーマルにふさわしいハンカチを用意しておくとよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

最後になりますが、卒業式の主人公は、あなたではなく、子どもであることを忘れないようにしましょう。ですから、子どもよりも目立たない、清楚な服装が、一番ふさわしく見栄えするのではないでしょうか。5つのコツを使って、服装のフリルや、小物のコサージュを使い、華やかさもプラスしてみてください。見栄えすること間違いなしですよ。

あなたと、あなたのお子様とご家族が思い出に残る素敵な卒業式になることを願っています。

 

まとめ

卒業式に見栄えする!母親スーツを選ぶ時の5つのコツ

その1.スーツの色について
その2.ジャケット&ワンピーススタイル
その3.スカートのこだわり
その4.トップスにもこだわりましょう
その5.アクセサリーでおしゃれ度アップ