結婚式、二次会の服装☆マナーとおしゃれコーデの選び方

結婚式、二次会の服装☆マナーとおしゃれコーデの選び方

友人や親戚から嬉しいお知らせ、すなわち結婚式や二次会の招待状が届いたら、まず悩むのが服装ですよね。結婚式の場所やスタイルによって、また二次会に出るかどうかでも服装は変わってきます。

年齢はもちろん男性か女性か、既婚か未婚か、新郎新婦との関係などによって、招待客にはそれぞれの服装のマナーがあります。華やかな席ではありますが、主役はあくまでも新郎新婦なので、あまりに華美になったり目立ちすぎることがないよう、配慮も必要です。更に、結婚式や二次会がが昼間なのか夜なのかでも、服装は違ってきます。

ここでは、結婚式や二次会に呼ばれた時にふさわしい服装と、簡単にできておしゃれに見えるコーディネートのコツをまとめましたのでお伝えします。



 

結婚式、二次会の服装☆
マナーとおしゃれコーデの選び方

 

女性のドレス・小物の選び方


女性の場合は、結婚式や二次会の服装は基本的に「パーティードレス」か「着物」です。着物でしたら、既婚者は色留袖か訪問着、未婚者は色留袖か中振袖です。ドレスの場合は、例えばピアノの発表会で着るような派手なロングドレスや、水商売的な品のないドレスは避けましょう。

ドレスにはパールのアクセサリー、小ぶりのパーティーバッグ、ヒールが5cm以上あるパンプスを合わせるのが基本です。タイツや素足ではなく、ベージュのストッキングを履きましょう。

 

ドレスの色と形


結婚式や二次会の服装で、一番やってはいけないのが、白いドレスを着ていくことです。白は花嫁の色なので、絶対に着るのはやめましょう。オフホワイトやシルバーなども、合わせる小物によっては全身が白っぽく見えるので、濃い色のバッグや靴を合わせるようにしましょう。

黒いドレスも喪服をイメージさせるので、さけたほうがいいのですが、明るい色の小物や靴を合わせたり、光沢のある素材を使って華やかにできればOKです。結婚式や二次会の服装で人気の色は、紺やピンク、鮮やかなブルーなどです。

また、結婚式や昼間の披露宴、二次会では露出の多い服装はNGです。スカート丈は膝くらいで、胸元が大きく開いていないタイプを選びましょう。肩も出してはいけませんので、ノースリーブドレスの場合は、ショールやボレロなどの羽織るものが必要です。ただし、カジュアルなパーティーや夜の披露宴では、肩を出しても大丈夫です。

 

男性はブラックスーツが基本


男性の場合は、立場によって微妙に服装のマナーが違います。新郎新婦の上司として、例えば、社長や部長といった要職にあって、主賓として出席するならきちんとした正装で行く必要があります。直属の上司でスピーチを頼まれた時などはブラックスーツ、それ以外ならチャコールグレーや濃紺などのダークスーツでも十分です。

また、友人・知人として出席する時はブラックスーツにシルバータイが定番です。ただ、これだとみんな同じようで味気ないですよね。結婚式の後二次会もあるなら服装も少し変化をつけて、ダークスーツにカラーのドレスシャツや、色物のネクタイをプラスしてもOKです。夫婦で出席する時は、できるだけ格を合わせましょう。奥様のドレスと旦那様のポケットチーフの色や柄をおそろいにしたりすると素敵です。

 

ネクタイや小物の取り入れ方


シルバータイ以外のネクタイをする場合は、黒はたとえ柄物でも縁起が悪いのでNGです。スーツやシャツに合っていれば、ピンクやライトブルーなどが好ましいです。なるべく柄がないか、控えめな柄にします。ネクタイピンやカフスボタン、チーフなどを、さりげなく取り入れてみるのもいいですね。いずれにしても、新郎より目立たない程度にしましょう。

 

二次会の服装


結婚式の後の二次会には、どんな服装で行くべきでしょうか。二次会は、結婚式に出席した後参加するケースと、二次会のみ出席をするケースがあります。結婚式の後二次会に出る場合はそのままの服装で大丈夫ですが、和服の方はそのままでは動きにくいですし、主役の新郎新婦より目立ってしまうこともあるので、着替えた方が無難です。

結婚式には出席せず二次会だけという時の服装ですが、基本的には結婚式同様、最低限のマナーは守りましょう。よく招待状に「平服で出席してください」などと書いてあったりしますが、だからといってカジュアルすぎてはだめです。

インターネットなどで会場の雰囲気を確認し、それにあったセミフォーマルな服装で行けば間違いないでしょう。女性ならワンピース、男性ならシャツやジャケットなどが良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

結婚式や二次会の服装は、新郎新婦はもちろんですが、ご両親や親戚、会社関係の方など、出席しているいろいろな年代や立場の方に対して、失礼のないようにするのが基本です。せっかくの華やかな席なので張り切るのはいいのですが、いくら素敵なドレスでも、昼間なのに肩を出していたり、タイツを履いてしまっては台無しです。特に結婚式や二次会で挨拶をする立場なら、服装にはより一層気を使ってください。

男性の場合は最低限、ブラックスーツとシルバータイがあれば対応できますが、女性はドレスにパンプス、パーティバッグ、アクセサリー、ショールといろいろ必要ですし、毎回同じドレスで出席するのも辛いものがありますね。手頃な価格の時に買っておいたり、レンタルドレスを活用するなどして乗り切る方法もあります。結婚式も二次会も大切な人を祝福する場ですから、ふさわしい服装で自信を持って出席してくださいね。

 

まとめ

結婚式、二次会の服装☆マナーとおしゃれコーデの選び方

・着物は未既婚で変わる ドレスは肌の露出が控えめな上品なタイプを
・白いドレスはNG 黒なら小物で華やかに ショールがあるとノースリーブでも昼夜使える
・男性はブラックスーツが基本 友人や会社の同僚ならダークスーツやカラーシャツでもOK
・黒いネクタイはNG 目立ちすぎない程度の小物使いがおしゃれ
・二次会だけ出る時はカジュアルすぎずフォーマルすぎずを心がけよう