結婚式の服装チェック☆ゲストのストッキング選び5つの掟

結婚式の服装チェック☆ゲストのストッキング選び5つの掟
結婚式で履くストッキングにもマナーがあると聞いてドキッとした方も多いことでしょう。心弾む結婚式のお呼ばれの席では何かと気を遣うものですよね。ストッキングまで?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式ほどマナーを重んじる場はそうありません。年配の方も出席されるお祝いの席では、フォーマルであることを意識して立居振舞はもちろん服装にも十分に配慮したいものです。

自分の好みだけで着飾ると、知らないところで顰蹙をかう可能性があります。女性の足元は意外と見られています。ストッキングひとつにも心を配り、お祝いの席をあたたかく見守るゲストでありたいものです。そこで今回は結婚式の服装チェックとしてゲストのストッキング選びについてお伝えします。



 

結婚式の服装チェック☆
ゲストのストッキング選び5つの掟

 

結婚式で着用するストッキングは肌色のものを用意する


結婚式ではストッキング着用が大原則です。どんなに美脚自慢でも真夏のお呼ばれでもストッキングは絶対必需品で生足はマナー違反です。お呼ばれコーデの仕上げとしてストッキングはちゃんと用意しましょう。

そこで気になるのが色使い。ストッキングにも様々な色があり、ドレスとの組み合わせも気になるところですが、結婚式の席では肌色ストッキングを着用するのがフォーマルです。

黒は不祝儀と重なりますので、特に年配ゲストからは常識のない人と思われがちです。結婚式でのカラーストッキングも遊び感覚のファッションとして受け取られます。結婚式は新郎新婦の門出でとても格のある集まりです。結婚式のストッキングの色は自分の肌の色に近いものを用意しましょう。

 

結婚式で着用するストッキングは柄のないものを


結婚式でストッキングに柄のあるものを着用しているゲストを見て、あれ?おや?何か変だなと思ったことはありませんか。ストッキングにも様々な種類があり、中には刺繍が施されてドレッシーなものやボーダー柄の明るいストッキングもあります。フォーマルな結婚式では凝った柄のストッキングはどんなにドレッシーでも避けましょう。女性の足元は何気なく見る人も多く、そこに違和感を与えては妙に目立ってしまいます。

主役は新郎新婦ですので、際立った派手なストッキングで注目を浴びるのは避けたいところです。柄物は視線の邪魔になる可能性もあります。結婚式で着用するストッキングは誰が見ても清楚で安心できる無地のストッキングを用意しましょう。

 

結婚式で着用するストッキングにラメ入り


結婚式で着用するストッキングは自分の肌の色に近いナチュラルな色で無地のものがお勧めです。ここで気になるのがラメ入りのストッキング。おしゃれでフォーマル感もありそうな感じがしますよね。確かにラメ入りのストッキングはキラキラして華やかです。最近は程良い光沢のあるものは良しとされています

店頭にはラメの入り具合が大小様々なストッキングが並んでいます。あまりにも光沢が強すぎるものは派手になり、行き過ぎたファッションだと受け取られかねませんので微細なラメ入りを用意しましょう。「よく見ると光沢がある」と感じるくらいがよいでしょう。年配の方が見ても奇抜な印象にならないよう、さり気ない華やかさを演出するのもお祝いになります。

 

結婚式ではタイツ着用はNG


結婚式ではストッキング着用がマナーですが、秋冬の寒い季節のお呼ばれにはタイツを用意したくなりますよね。薄いストッキングでは会場までの移動時や、チャペル挙式の際のガーデンセレモニーでは震えてしまうこともあります。しかし、厚手のタイツはフォーマルな結婚式には不向きです。結婚式のストッキングは薄手のものが格も高くフォーマルですので、ここは我慢のしどころです。

結婚式会場は空調も整っていますので安心です。そもそもストッキングとタイツの違いは生地の厚さにあります。デニールと呼ばれますがデニールが高くなるほど、つまり生地が厚くなるほどカジュアルになります。結婚式ではタイツではなくストッキングを着用するのがマナーです。

 

足の傷やタトゥーをどうする


結婚式で着用するストッキングは肌色で生地は薄目を用意するのがマナーですが、足に見せたくない傷や痣がある・タトゥーを隠したいという方は本当に悩ましく辛いことでしょう。せっかくのお呼ばれの席で余計な気遣いをいただいたり、あるいはマナーを知らないと思われるのも気が引けるものです。そのような場合は、様子にもよりますがコンシーラーを塗り、目立たないようにしてみましょう

タトゥーは特に年配の方にはどんなにオシャレな柄でも不人気です。品がないと思われる傾向が強いのでフォーマルな席であることを意識しなるだけ隠すのがマナーです。傷や痣を隠す時と同じようにコンシーラーを塗りストッキングの中でもやや厚めのものを着用するとよいでしょう。

 

いかがでしたか。結婚式の服装チェックとして、ゲストのストッキング選びについてお伝えしました。結婚式で着用するストッキングにもマナーがあります。お招きいただいた新郎新婦へのお祝いの気持ちを込めストッキング選びにも心を尽くしたいものです。ストッキングはラインナップも豊富で悩みますが、色や厚みも考慮して決めるとよいでしょう。

結婚式で着用するストッキングは服装の中でも小物として扱われがちですので、なおさらマナーをわきまえておくと誰からも好印象として映ります。結婚式は新郎新婦をお祝いする晴れの場であり、招待されたのは親しい間柄であることの証拠です。服装に気後れすることなく明るく臨むと場はさらに華やぐことでしょう。

まとめ

結婚式で着用するストッキング選びのポイントとは

・色は肌色がベター
・柄のないものがフォーマル
・肌色のストッキングに微細なラメならOK
・タイツは肌色でもNG
・隠したい傷や痣がある場合はやや厚めのストッキングでもOK


連記事