結婚式で一際オシャレに見える!素敵なストールの巻き方

結婚式で一際オシャレに見える!素敵なストールの巻き方
結婚式でおしゃれなストールの巻き方をした人を見て、わぁ素敵!華やか!と思ったことってありますよね。結婚式でよく見かけるストールですが、巻き方ひとつで印象ががらりと変わってきます。結婚式・披露宴はフォーマルな場であり肌の露出は避けるのがマナーです。そんな時に役に立つのがストールで、最近は素材やデザインも豊富で光沢のあるものも魅力です。

ところが、ドレスに合わせてストールを用意したけれど巻き方がイマイチわからない。どんなアレンジなら垢抜けた印象になるのか、難しそうだなと思う方も多いことでしょう。結婚式でのストールは巻き方に工夫してさらに華やかさを演出したいものです。そこで今回は、結婚式でおしゃれに決めるストールの巻き方についてお伝えします。

 

結婚式で一際オシャレに見える!
素敵なストールの巻き方

 

前で結ぶ方法

結婚式で羽織るストールの巻き方で見た目の印象が大きく変わってきます。結婚式でストールを巻く基本になるのが体の前で結ぶ方法です。上半身をふんわり優しく包み込むような結び方は新郎新婦の幸せに重なるようでとても人気です。ストールのサイズや素材も選ばないので初心者でも上手に結べます

1.ストールの長さが左右均等になるよう肩にかけ、ストールの左右の端を持ち、前でひと結びします。

2.結ぶ目の位置はみぞおちあたりが落ち着いて見えます。ストールの幅が広い場合、肘まで覆うと動きづらいのでストール上部を寄せるとよいでしょう。

素材がつるつる滑りやすいものならばすぐにほどけないよう蝶々結ぶにすれば安心です。

 

リボン仕立ての巻き方

結婚式ではストールの巻き方もフォーマルシーンであることを意識して誰が見ても納得するアレンジにこだわりたいものです。前で結ぶ基本をアレンジしてリボン仕立てになる巻き方もあります。リズム感があり可愛らしさも演出出来ます。若い女性にはぴったりの巻き方です。

1.ストールの長さが左右均等になるよう肩にかけ、ストールの左右の端を持ちお団子にして輪ゴムで留めます。

2.お団子の部分を横に広げるとリボンになります。

 

後ろで結ぶ

結婚式で映えるストールの巻き方で後ろ結びも人気です。ボレロ風に見えて全体がすっきりとした印象になります。結び目が体の前にないので、ドレスの表情の邪魔になりません。

1.ストールの中心を均等に肩にかけ、ストールの裾を脇から通し背中に巻いて結びます。

2.あまりきつく結ぶと手が動きにくくなるので、ほどよいゆるさで結ぶとよいでしょう。

背中の面積が広くストールの柄が華やかな場合、ドレスより主役になってしまう場合があります。ドレスを目立たせたい場合は、ストールデザインは控えめでシンプルなのものが引き立ちます

 

ストールクリップを使って

結婚式でのストールの巻き方は「結ぶ」というのが基本ですが、ストールクリップを使うと手間もかからず見た目も華やかさが増した印象になります。

4枚の花を作るアレンジは簡単でありながらドレスアップにもなります。

1.ストールを半分に折ります。

2.ストールの開いている方を内側にして肩から羽織ります。

3.左側の肩の少し下あたりの位置でストールを合わせてストールクリップのリングの中に通します。

4.通した部分を花びらのように一枚一枚丁寧に引き出し形を整えると完成です。

結婚式でストールの巻き方に悩むことも多いのですが、アクセサリーにもなるクリップは強い味方になりそうです。またクリップを使うとずり落ちる心配も少なく安心感があります。ストールクリップはデザインも豊富なラインナップですが、フォーマルシーンにふさわしいものを選びましょう。特にこの花びらを思わせる巻き方は、クリップが花弁の表情になるようなものをチョイスするとよいでしょう。

 

コサージュを使って

結婚式でストールの巻き方を上手にアレンジすると、同じドレスでも全く印象が違ってきます。特にパーティラッシュの時期はストールをうまく活用したいものです。

ストールクリップのほかにコサージュを使うとさらに表情が変わります。大ぶりのコサージュなら華やかさが増します。巻き方も一工夫してみましょう。人の視線が上にくるようポイントを首元に持ってくる巻き方があります。

1.ストールの長さ三分の二あたりをやや緩めにひと結びしこぶを作ります。

2.こぶの上にコサージュを留めます。ストールを首にかけコサージュを留めたこぶを首近くに置きます。

3.こぶの上側から反対側のストールの端を結び目に差し込みストールを下に引きます。コサージュの位置が前に来るようチェックして完成です。

コサージュはドレスとストールのデザインや色柄とマッチするように選ぶとよいでしょう。巻き方はシンプルですが、視線が上にくるところからスッキリとスマートに見えます。

 

いかがでしたか。結婚式でおしゃれに見えるストールの巻き方についてお伝えしました。ストールはドレスの表情を変える優秀アイテム。品よく巻いてお祝いの席を華やかに盛り上げたいものです。ストールは素材によって巻きやすいものもあれば滑りやすいものもあります。結び方も素材に合わせるとよいでしょう。

巻き方の基本は前で結ぶか後ろで結ぶかになりますが、結び目の位置で印象が変わってきます。事前に練習して全体のバランスはもちろん、実際に動いてみて滑りはないかのチェックもしておくとよいでしょう。結婚式でストールを上手に巻いたスタイルを二次会では違う巻き方やあえて垂らすスタイルにすればさらに様子が変わって気分もアップすることでしょう。

まとめ

結婚式でおしゃれに見えるストールの巻き方とは

・基本の前結びは全体を優しく包む印象になる。
・リボン結びは愛らしいスタイルになる。
・後ろ結びはボレロ風になりスッキリ見える。
・結び目にストールクリップやコサージュをあしらうとさらに華やかになる。


連記事