結婚式の服装で男性が最も注意するべき7つのポイント☆

結婚式の服装で男性が最も注意するべき7つのポイント☆

男性の皆さん、結婚式の服装マナーのおさらいしてみましょう。フォーマルな服装は、お洒落出来ないと思っていたりしませんか。今日は、結婚式の服装で男性が最も注意するべき7つのポイントを紹介します。あまり、ご自身のお洒落が主張出来る場ではありませんが、小物や色遣いで、あなただけのコーディネートが完成するのが結婚式の服装です。
そうそう参列する事も多くない席ですから、復習がてら、読んでみましょう。

スーツはもちろん、シャツや小物、靴やカバン等の注意点と共に、結婚式のマナーを紹介していきます。マナーに沿った、さり気ないお洒落を取り入れて、好印象の装いに仕上げて下さい。「あの男性、素敵ね!」なんて、声も聞こえてくるかも知れませんよ!ではご覧ください。



 

結婚式の服装で男性が
最も注意するべき7つのポイント☆

 

 

基本のスーツを押さえよう


参列者の場合は、黒のフォーマルスーツ、黒無地のスーツが一般的ですね。結婚式の装いは、立場によって異なります。新郎新婦のご両親の場合、正礼服の着用をして下さい。

例えば、モーニングコートやディレクターズスーツ、タキシード等があります。ご自身の体型や年齢に合う装いにすると良いでしょう。

次に、親族・上司の場合です。この場合は、準礼服に当たる黒のフォーマルスーツが相応しいでしょう。特に参列者全員の前でスピーチする方は、準礼服の着用を心がけて下さい。きちんとした印象を与える装いが最適です。

同僚・友人として参列する場合は、黒のスーツ、黒に近いダークスーツでも構いません。若い方なら、無地のダークスーツが素敵でしょう。派手でなければ、柄物もOKですが、一目見ただけで柄物と分かるものは避けた方が無難です。

結婚式はフォーマルな場ですから、無地のスーツが一番相応しい服装になります。

 

シャツは白がキホンです


結婚式の会場や参加する立場にもよりますが、無地の白シャツが基本です。

格式高いホテルや会場で披露宴が行われる場合、また親族や上司と言った立場の場合は、無地の白シャツで参列された方が良いでしょう。同僚や友人の立場であれば、一見すると無地にしか見えない柄の白シャツでも大丈夫です。

若い方や少しでもお洒落した方であれば、着用してもよろしいですが、会場に合わせて臨機応変に対応する事が必要になります。カジュアルな披露宴であれば、白限定と言う事もありません。

どうしても白はイヤと言う方は、新郎新婦に確認の上、パステルカラー等の薄い色合いのシャツで参列しましょう。襟は、レギュラーカラーがフォーマル仕様になります。

何よりも大切なのは、アイロンがきちんとかけられている事、また襟元や袖口が汚れていない事です。
清潔で気持ちの良い身だしなみを心がけて下さい。

 

ネクタイはどれを選べばよい?


こちらも基本は、無地です。シルクなど、上品な光沢がある素材の物を選んで下さいね。黒色は柄物であっても、完全NGですので注意しましょう。

ご年配の方、参列される立場が上の方は、白ネクタイが相応しいです。上品で素敵な装いに仕上がります。ご友人や同僚の立場でしたら、シルバーやライトグレー、パステルカラーのネクタイもお勧めです。きちんとした装いの中に、華やかさが感じられる結婚式らしい仕上がりになるでしょう。

年齢や立場にもよりますが、きちんとした装いにしたいなら、白ネクタイ。少しお洒落を楽しみたいなら、シルバーやライトグレーのネクタイ。華やかにしたいなら、パステルカラーのネクタイと覚えて下さい。

また白っぽい色味、派手でない物でしたら、柄物のネクタイでも大丈夫です。剣幅は、標準幅(9.5cm)±1cm迄の物を着用しましょう。

 

ポケットチーフ・タイピン・カフスのマナー


結婚式の場合、ポケットチーフは白無地がマナーです。

ネクタイの色と合わせるスタイルもありますが、フォーマルシーンでは、ポケットチーフのカラーはNGとされていますので注意して下さい。特に、40代以降の参列者の場合、周囲とのバランスもありますから、気を付けておきましょう。

素材は、シルク・コットン・麻など、ご自身が好きな素材で構いません。原則なルールはありませんから、上品な質感の物を選んで下さいね。折り方は、スリーピークスと言う折り方が、フォーマルな場に相応しい正式スタイルになります。

胸元を華やかに彩るアイテムですから、身につけて、フォーマル感&男性の魅力もグッとアップさせる装いに仕上げましょう。気になる小物、タイピンやカフスですが、付けても付けなくても、どちらでも良いです。

上着を脱ぐタイミングがある方は、付けた方が宜しいでしょう。但し、派手すぎない物、目立たない物がルールです。さり気ないお洒落が感じられるコーディネートにして下さいね。

 

靴下・靴・ベルトのマナー


ご存じの方も多いでしょうが、靴下は黒無地が鉄板ルールです。

脚を組んだ時に、裾から肌が見えない長さのミドル丈を着用して下さい。黒一色であれば、多少織り柄が入っていても大丈夫です。

次に、靴とベルトです。社会人の一般常識と同様、同色で揃えるのが基本になります。まず靴ですが、正装は黒色と覚えておきましょう。

ご年配の方や上司の立場で参列される場合は、デザインのない黒のストレートチップ、紐靴での参列を心がけて下さい。またベルトも同様、黒色で統一しましょう。

ご友人や同僚の立場の方は、ブラウンのビジネスシューズでも構いません。装飾のないシンプルなデザインの物がお勧めです。ベルトも靴の色に近い茶色の物を着用して下さいね。

ここで注意したいのが、ベルトのバックルです。大き目のバックルや派手な装飾のベルトは不適な印象を与えますから、シンプルな物を選びましょう。靴は、綺麗に磨いて参列して下さいね。

 

鞄は革製がオススメ


意外と忘れがちで、かつ悩むのがバッグですね。

当然持ち物もあり、それを収納する為の鞄も必要ですから、注意しながら選んで下さい。まず素材は、革製の物がお勧めです。フォーマルな場面でもしっかりとした印象を与え、スーツにも良く似合います。どんな場面でも使用出来る素材ですから、1つ持っておくと便利でしょう。

次に色ですが、トータルバランスで相性の良い色にするのがお勧めです。黒色や、ダークブラウン、ダークブルーなど、黒に近い色合いの物が相応しいバッグになります。全身を鏡でチェックして、鞄のみ主張するような色の物は避けて下さいね。当然ながら、柄物はNGです。

最後に、デザインですが、主流はクラッチバッグで、サイズも大きい物から小さい物まで色々あります。
ご自身の持ち物を考えながら、サイズを選ぶと良いでしょう。もしも、冠婚葬祭どちらの場合でも使用出来る物が良いとお考えであれば、黒色の小さ目のサイズのバッグをお勧めします。

 

ご自身の身だしなみはOK?


服装に自分も?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、洋服を着るのはご自身ですから、総まとめとして、ご自身の容姿もしっかり注意して下さい。まず髪型、清潔な印象が一番大切です。結婚式の為に散髪に行った方が良いとまでは言いませんが、きちんとセットして行きましょう。

長髪の方は、纏める。派手な髪色の方は、出来る限り大人しい印象の髪色にするのが礼儀です。せっかく服装をしっかり準備したのに、顔周りだけで印象が台無し!とならないよう、注意しておきましょう。

次にヒゲですが、お洒落として伸ばしている方は、整えて行くのがマナーになります。無精ヒゲや、伸ばしかけの方は、剃って参列された方が好印象に繋がるでしょう。

男性の服装や身だしなみは、意外とチェックされているものです。新郎新婦、相手の参列者の方にも、良い印象を与える素敵なご自身に仕上げて下さいね!

 

いかがでしょう、結婚式に参列するのが待ち遠しくなりますよね。華やかな場、そしてフォーマルな場と言う事を忘れず、きちんとした身だしなみで参列して下さい。あくまでも脇役ですから、派手な印象の装いは出来る限り控えましょう。

清潔感があり、上品でまとまりのある全身コーディネートが、あなたを素敵に仕上げてくれます。これを機に購入を検討される方は、女性の店員さんにチェックしてもらうのも良いでしょう。

年齢により似合う装いも変わってきますから、その年代年代のお洒落を楽しむ気持ちで参列されて下さい。

 

まとめ

結婚式の服装で男性が注意するのは

・基本のスーツを押さえよう
・シャツは白がキホンです
・ネクタイは基本は無地でシルクなど、上品な光沢がある素材
・ポケットチーフ・タイピン・カフスは参列者の年代により異なる
・靴下・靴・ベルトは黒が基本
・鞄は革製がオススメ
・ヒゲや髪型などご自身の身だしなみにも配慮を