結婚式の招待状☆切手の金額は?種類は?5つのマナー

結婚式の招待状☆切手の金額は?種類は?5つのマナー
結婚式の招待状に貼る切手にもマナーがあると聞いて、びっくりされた方も多いですよね。人生最大の慶事ですので、小さな切手にも心を配ることが大切です。受け取る方は気心知れた友人以外にもマナーに厳しい年配の方もいらっしゃいます。結婚式の招待状の切手の貼り方くらいと窮屈に思わずに、新しい人生のスタートに準備万端で臨むことが、今後のお付き合いもスムーズに築くことができるでしょう。

結婚式の招待状に貼る切手にも様々な種類があり、最近はお祝い事用のデザインも増えてきました。貼る位置や消印の日付なども考慮すると、礼儀正しく気遣いのある人と思っていただけます。そこで今回は結婚式の招待状に貼る切手のマナーについてお伝えします。

切手の金額

結婚式の招待状が完成したら貼る切手の金額はいくらなのか気になりますよね。通常の封書では重さが25グラムまでなら82円でよいのですが、招待状はやや重さがあり25グラムから50グラムまでの92円切手を貼ると安心です。特に招待状にデコレーションしたりスピーチを依頼するカードを添えたりすれば重量が増え82円切手では足りない場合もあります。

結婚式の招待状に貼った切手が万が一料金不足で相手に不足分を払わせたり舞い戻って来ては心苦しいものです。また返信用のハガキにも切手を貼り忘れないようにしましょう忙しくてついうっかり貼らなかったではマナー違反です。葉書の切手の金額は2017年に62円に改定されていますので注意が必要です。

 

切手の種類

結婚式の招待状に切手を貼る際には通常の切手より慶事用を選ぶことが大切です。受け取った人は切手を見てすぐにおめでたい便りだと気づき封書を開けるのもときめくことでしょう。郵便局では慶事用の切手として62円・82円・92円の3種類が販売されています。お祝い用らしく共に扇柄が施され扇の中の絵柄は松竹梅と値段によってデザインの違いがあります。

最近は華やかなデザイン切手も豊富なところから、親しい友人にはキャラクター切手や花シリーズの切手、あるいは地域色の濃い切手などを考える人もいます。しかし、その親しい人が実はマナーに厳しい人だったら眉をひそめるかもしれません。結婚式の招待状に貼る切手は慶事用を用意するのがマナーと心得ておきましょう

 

切手を貼る位置

結婚式の招待状に切手をいざ貼ろうとするとき、位置はどこがよいのか不安に思う方もいらっしゃることでしょう。結婚という人生の晴れ舞台への招待状ですので、気遣いは大切ですね。一般的に切手は左上に貼りがちですが、実は招待状が縦書きなのか横書きなのかで切手の位置が変わります縦書きの場合は左上で横書きの場合は右上です。

これは郵便局の消印を押す自動処理の都合ではありますが、横書きの場合に左上に貼ると、切手と消印の場所が違ったり重なったりと見苦しくなったり、また機械が認識するまでに時間がかかる場合があります。結婚式の招待状に貼る切手の位置を軽んじて発送が遅れては大変です。正しい位置に貼り、気持ちよく発送できるよう事前にチェックしましょう。

 

切手は曲がらないように

結婚式の招待状に切手を貼る作業は数も多く集中力が要りますね。よそ見をしたりなにかをしながらの作業ではせっかく貼った切手が曲がってしまうこともあり大変です。結婚式の招待状や返信用はがきに貼る切手が曲がっていると、受け取った方は何やらあわただしい招待状だと失笑されかねません正しい位置にまっすぐ貼る切手は、大げさに聞こえるかもしれませんが、結婚式に寄せる二人の姿勢の表れにもなります

たかが小さな切手ではありますが、お忙しい中で時間を作って出席してくださるであろうゲストに誠意をもって用意しましょう。結婚式の招待状の切手の角がめくれることのないよう、作業時は水を湿らせたスポンジを用意するなど丁寧に行うとよいです。

 

望ましい発送日

結婚式の招待状にきちんと選んだ切手を正しい場所に貼り、いよいよ発送!胸が高まりますね。早くお知らせしたいと投函を急ぐ気持ちはわかりますが、ここで気をつけることがあります。若い世代にはなじみが薄いかもしれませんが、六曜を意識する方は多いもので、投函日の消印に配慮をすることが大切です。結婚式の招待状に切手を貼り投函する日付は「大安」「友引」がよいとされています。

消印まで気にする人は少ないかもしれませんが、佳き日を選んで佳き日を迎える気持ちはマナーを知る年配の方々にはきちんと届くことでしょう。またどんな都合があるにせよ、返信期日ギリギリの発送は大変失礼になります。結婚式の招待状は切手への心遣いに加えて2~3カ月前に投函出来るよう準備しましょう。

 

以上、結婚式の招待状に貼る切手の金額や種類などの基礎知識をお伝えしました。結婚式日程が決まると、幸せいっぱいの中にも何かと忙しいものです。ご招待する方に失礼があってはなりませんので、気疲れもあることでしょう。しかし、ここは幸せパワーで乗り切りましょう結婚式の招待状に切手を貼って投函するのは、新たな人生の始まりをお知らせする大切な瞬間です。切手を選び丁寧に発送するのは人柄の表れにもなります

忙しいからと、小さな切手までに気が回らないでは残念ですね。結婚式の招待状の小さな切手が運んでくれる思いやりやマナーもあることを意識しましょう。好印象を与える招待状は受け取った人をも幸せ気分にしてくれることでしょう。

まとめ

結婚式の招待状に貼る切手のマナーとは

・切手は92円のものを用意すると安心
・慶事用の切手を選ぶのがマナー
・切手を貼る位置は縦書きの場合は左上で横書きの場合は右上にする
・切手は正しい位置に曲がらないように貼る
・投函の日付は大安か友引がよいとされている


連記事