結婚式で喜ばれるメッセージビデオの作り方

結婚式で喜ばれるメッセージビデオの作り方
大切な人の結婚式には心のこもったメッセージを送りたいですよね。それにはメッセージビデオが最適なのですが、自分で作るとなるとどこから手をつければいいか…と悩んでしまうものです。

近年の結婚式では新郎新婦のプロフィール紹介だけではなく、様々な映像作品が式中に登場する事が多くなってきました。開宴前のオープニングムービーに始まり、当日撮影されたエンドロールなんて感動的です。

中でもゲストからのサプライズメッセージビデオなどは、新郎新婦を涙させる事も多い素敵な演出と言えます

しかし結婚式のメッセージビデオと一口に言っても、近年では手の込んだ演出や、「自分たちならでは」のひとひねり加えた作品に仕上げる事が一般的になりつつあります。

どうせ作るなら新郎新婦をはじめ結婚式会場の全員の記憶に残るようなメッセージビデオに仕上げたいもの。そこで今回は結婚式で喜ばれるメッセージビデオの作り方についてご説明いたします。



 

結婚式で喜ばれる
メッセージビデオの作り方

 

イメージ、目的を明確に


漠然と作り始めるよりは、まずはここをきちんと定めましょう結婚式の主役である新郎新婦にメッセージビデオで何を感じてもらいたいのか。笑わせたいのか泣かせたいのかといった部分です。

ここがきちんと決まれば、必要な素材、内容の雰囲気やコンセプト、流れなども見えてきます。結婚式でメッセージを受け取る2人のキャラクターなども含めた上で、感動系にするのかコメディタッチにするのか、または「感謝」や「絆」などおおまかなテーマなどを決めるのも良いでしょう。

 

誰に出演してもらうか


イメージが固まれば実際に内容の構成に移るのですが、誰に出演してもらうのかという点は結婚式のメッセージビデオを作る上での要になる部分です。

特に結婚式会場の人数制限やシフト調整などの諸事情で、どうしても招待することができなかった職場スタッフや地元の友人、恩師などから内緒でメッセージを集められたら非常に感動的な作品に仕上がります

また、当日も結婚式に参加する仲の良い友達グループからのメッセージであれば、撮影日程をしっかりと組んで日頃の感謝やちょっとした暴露を元に、プロモーションビデオやCMをパロディしたものなど凝った内容のものを作る事も可能です。

その際ご家族の方やご両親も巻き込むと面白さの中に感動のスパイスが入り、内容に厚みのある素晴らしい仕上がりになる事でしょう。その際に注意して頂きたいのが下ネタ、脱ぎネタなどの下品なもの、一部のゲストにしかわからないような身内ネタです。

友達グループからの結婚式のお祝いメッセージの場合には特に注意が必要で、新郎新婦の親族や会社の方なども出席している場であることをきちんと意識して作成しましょう。結婚式という幸せな場で、二人の株をメッセージビデオのせいで下げるような事があってはなりません

また壊れる・離れる・割れる・別れるといったワードを連想させるような内容もNGです。

 

おすすめの例・スケッチブックリレー


結婚式のメッセージビデオとしては相当数の人数の参加が可能で、なおかつ出演者一人一人の負担が軽く、その割にはかなり感動的な作品に仕上げる事ができます。また作成者が比較的初心者であっても作成しやすいスタイルです。

静止画、動画どちらでも作成する事が出来ますが、動画で作成する場合は、出演者が左手側からスケッチブックを受け取り自分のメッセージのページを開き、また閉じて今度は右手側へ差し出す…。

という風にして撮影した動画を繰り返し繋げていけば、時間も場所も違う所にいる大切な人達が、一つのスケッチブックに二人の結婚式を祝うメッセージをのせて、手から手へ繋げていくというとても素敵なメッセージビデオに仕上がります。

しばらく会っていなかった幼馴染や学校の先生、はたまた県外や海外に住んでいる友達が登場したりすれば、思わず涙してしまいますよね。結婚式当日のメッセージビデオ上映後に、二人にそのスケッチブックをプレゼントするなんて演出があれば会場の全員が感動に包まれる事でしょう。

 

BGMなどをつけて編集する


あとは最初に決めたイメージをもとに、動画編集ソフトでBGMや画面の切り替え方などの効果を加える事で、いくらでも感動・コメディの調節が可能になります

身近な友人からコメディタッチにノリ良く始まって、学校の先生や幼馴染など懐かしい人たち、最後にはご家族やご両親などで感動的に…といった流れで行くと、笑いのあとに感動が押し寄せてきて、結婚式のメッセージビデオとしてはより心に響くメリハリの効いた仕上がりになります。

 

いかがでしたか。結婚式は一生に一度、新しい人生を歩み始める二人の始まりの日です。そんなメモリアルな日に自分が作ったメッセージビデオで花を添えられたらどんなに素敵な事でしょう。

ましてやそれを見た新郎新婦が涙を流してくれたりしたら…制作の苦労の何倍もの喜びを受け取る事ができますよね。

今ではスマートフォンでも動画編集が可能ですし、パソコンの編集ソフトもクリックひとつでプロさながらの様々な効果・演出を自由に加える事が可能です。

ただここで注意してほしいのが『編集ソフトの特殊効果にたよりすぎない』という事です。画面の色味が変わったりフレームをつけたりすると、劇的にクオリティーが上がった感じがしてついたくさん使いたくなるのですが、特殊な効果は本当に使うべきところ、メインとなるポイントでのみ使うものだと思った方が良いでしょう。

結婚式でのメッセージビデオの鉄則はお祝いの気持ちを『伝える』という事です。

あまりに凝り過ぎてしまうと、「目が散る」状態になり、結局何を伝えたかったのかわからない状態になってしまいます。技術を見せる場ではなく、あくまでメッセージビデオの主役は『二人の結婚式を祝うメッセージ』です。

それを意識して、結婚式会場の全員の心の入っていくようなシンプルかつ温かいメッセージビデオに仕上げて、新郎新婦に喜んでもらいましょう。

 

まとめ

結婚式で喜ばれるメッセージビデオを作るには

・まずはイメージ・目的を明確に
・誰に出てもらうのかを決めましょう
・結婚式という場に相応しくない内容ではないか、しっかり確認
・とても感動的で出演者、製作者の負担も軽い『スケッチブックリレー』がおすすめ!
・BGMなどをつけてイメージ通りに編集
・編集技術に凝り過ぎない。あくまで気持ちを『伝える』事が目的