法事のお布施っていくら?宗派、地域別の相場まとめ

法事のお布施っていくら?宗派、地域別の相場まとめ

正直、面と向かって聞きづらい、法事のお金問題…。

友人や知人と話す話題でもないし、ましてや遠方の親族に相談するのも難しい…。お葬式や一周忌、三回忌などの法事時に、どうしても付き纏うのがお金の悩みですね。お布施以外にもかかる費用もありますし、どうしたら良いか頭を抱える方も多いでしょう。

そこで今日は「法事のお布施、宗派や地域別の相場」を纏めて紹介します。故人の為とは言え、遺されたご家族の負担になってはいけませんから、一度目を通して参考にされて下さい。

謝礼とは言っても、やはり気になるお布施の相場。周りの皆さんが、どれくらいお包みしているのか、また宗派によって、どれくらいの違いがあるのか、チェックしておきましょう!



 

法事のお布施っていくら?
宗派、地域別の相場まとめ

 

浄土系宗派、戒名の相場を知っておこう。


まずは、葬儀時にかかる戒名のお布施について知っていきましょう。

戒名は、お寺にお墓がある場合は、絶対必要になります。民営や公民の墓地に埋葬される場合は、不要な場合もありますから、お寺や親族の方と話し合って決めると良いでしょう。

では、まず浄土宗からです。信士・信女の場合、30~40万円、居士・大姉の場合、50~60万円、院信士・院信女の場合、70万円~となっています。次に浄土真宗です。浄土真宗の場合、戒名とは言わず「法名」と言い、付ける院号も異なります。

釋(しゃく)・釋尼が信士・信女と同等の位で、20万円~、院釋・院釋尼が、居士・大姉と同等の位で50万円~となっています。それ以上の位はありません。

 

真言系・天台系、日蓮系・禅系宗派、戒名の相場をチェックしよう。


次に、真言系・天台系・日蓮系・禅系宗派の戒名のお布施を見て行きましょう。

真言宗・天台宗では、信士・信女の場合、30~50万円、居士・大姉の場合、50~70万円、院信士・院信女の場合、80万円~、院居士・院大姉の場合、100万円~となっています。日蓮宗では、院信士・院信女からの戒名となり、30~50万円、院居士・院大姉は、100万円~がおおよその相場です。

曹洞宗では、信士・信女の場合、30万円~、居士・大姉の場合、50~70万円、院信士・院信女の場合、100万円~、院居士・院大姉の場合、100万円~となっています。

戒名のランクは、お寺と故人との付き合いの深さによって決まるのが一般的です。お寺の檀家として親交が深い場合、戒名のお布施も高くなりますから、注意しておきましょう。

 

北海道・東北地方の相場を知っておこう。


では、地域ごとの相場を見て行きましょう。

こちらの項目は、葬儀時のお布施、読経料・戒名料・御車代・御膳料を含む相場です。北海道の地域では、31万円程が相場になっています。内訳としては、読経料が15万円、御車代が5000円、御膳料が5000~1万円、戒名料が残りの金額15万円程となります。

では、東北地方です。49万円が平均額となっています。内訳は、読経料が15~20万円、御車代が5000~1万円、御膳料が5000~1万円、残りの20~25万円程度が戒名料です。

多少の前後はありますが、この地方に居住されている方は、こちらを目安にすると良いでしょう。

 

関東・中部地方の相場をチェックしよう。


まずは関東A(千葉・群馬・茨木・栃木)を見ていきましょう。

平均額は、52万円程。読経料が15~20万円、御車代が5000円~1万円、御膳料が5000円~2万円、戒名料が20~30万円程度になっています。

次に関東B(東京・神奈川・埼玉)、相場は55万円程です。内訳は、関東A地域と変わりありません。では、中部A(新潟・富山・石川・福井)です。

平均額は、41万円前後。読経料が15~20万円、御車代が5000円、御膳料が5000~1万円、戒名料が20万円程度になっています。最後に中部B(愛知・静岡・岐阜・長野・山梨)を見てみましょう。

相場は60万円程。読経料が15~30万円、御車代が5000~1万円、御膳料が5000~2万円、戒名料が20~30万円程度です。戒名のランクを高く付ける方も多く、少し高めの相場になっています。

 

近畿・中国地方の相場を確認しよう。


では西日本に移ります。

近畿地方の相場は、48万円程度です。内訳としては、読経料が15~20万円、御車代が5000~1万円、御膳料が5000~2万円、戒名料が20~30万円弱と言った所です。

中国地方では、33万円が平均額となっています。読経料が15万円、御車代が5000円、御膳料が5000~1万円、戒名料が15万円程度です。御膳料は、僧侶や住職の方が精進落としや会食を辞退された場合にのみ、お渡し下さいね。

あくまでも平均額ですから、目安程度にされると良いでしょう。

 

四国・九州地方の相場を把握しよう。


最後に四国・九州地方をチェックしてみましょう。

四国では、32万円程が平均となっています。読経料が15万円、御車代が5000円、御膳料が5000~1万円、戒名料が15万円程です。九州の相場は、34万円程度。内訳は、四国地方と大差ありません。

全国の平均を見てみると、結構な差がありますね。地域性や宗派、様々な点を考慮して、ご自身またご家族と相談して金額を決めて下さい。

また、お心付けを渡す宗派や地域もありますから、一度周りの方に相談・確認しておくと良いでしょう。

 

法事時のお布施の相場を知っておこう。


最後に、葬儀以外の法事時のお布施の相場を知っておきましょう。

こちらは、地域や宗派に関係なく、3~5万円程度が相場となっています。

こちらに御車代や御膳料をプラスする場合もありますし、全てを纏めて5万円とお渡しする場合もあるようです。故人を偲ぶ会、お寺にも失礼に当たらないよう、またご自身の負担にもならないよう、妥当と思える謝礼をお渡し下さいね。

ここで1つ注意です。お寺と長く親交があるご家族の場合、「決まった金額を渡す」と言う暗黙のルールもありますから、一度ご両親に確認しておくことをお勧めします。

 

いかがでしたか。

宗派によって、また地域によってもお布施の相場が異なりましたね。こちらはあくまでも、相場、平均額です。お寺と関係性や地域を考慮しながら、お包みする金額を決めると宜しいでしょう。

どうしても気になる場合は、一度お寺や檀家さんに相談するのも良い手です。直接話し合う事で、分かりあえる事もありますし、間に入って貰う事で、解決策が見つかる事もあります。

何事も「備えあれば憂いなし」。ご家族と話し合う機会を持つ事が大切ですね。故人のための会が、双方にとって良いものになりますよう、前もって準備して下さい。

 

まとめ

法事のお布施っていくら?宗派、地域別の相場まとめ

・浄土系宗派、戒名の相場を知っておこう。
・真言系・天台系、日蓮系・禅系宗派、戒名の相場をチェックしよう。
・北海道・東北地方の相場を知っておこう。
・関東・中部地方の相場をチェックしよう。
・近畿・中国地方の相場を確認しよう。
・四国・九州地方の相場を把握しよう。
・法事時のお布施の相場を知っておこう。